スキップしてメイン コンテンツに移動

心の奥を探る



自分の心を知らなければ、人の心は分かりません。

今から5年前になりますが、私は心の中にあった根源的な寂しさに出会って、人の抱える寂しさについてそれまでよりも深く理解できるようになりました。
また、個人の秘密であり心の闇でもあることを語る時の恐怖心と向き合った時に、人が恐怖心と向き合う時の戦慄を理解できるようになりました。

自分の気持ちは書物には書いてありません。
この星の中で、自分の心を見つめ、自分の持つさまざまな感情に触れて初めて、自分がわかり人が理解できます。
知識を通してでなく、実際に心を見つめる経験を通して初めてわかることです。

自分が「今」の感情を見つめ、掘り下げていって初めて、そのさらに奥にあるものが出てきます。
その繰り返しの中で、自分の根源へとさかのぼれます。
自分の根源でもある本当の自分を知るということは、自分の秘めた可能性を知ることであり、自分の個性がいかなるエネルギーであるかを知ることです。
実際に経験してつかんだとき、そのエネルギーを発揮することができます。

そうした自分の根源を知る方法の一つに瞑想があります。
深い瞑想で心が感じ取ったことは、確かな経験となり、刻まれます。自分が肉体に制限された存在ではなく、もっと広がりをもった存在であることを思い出させてくれます。

私の探究の途中で体験したある日の瞑想体験を書いてみたいと思います。

温かさが背中から、腕、そして全身へと広がりました。
温かさに包まれて、とても心地よく感じています。
ハスの花を思い浮かべます。
巨大なハスの花のつぼみです。
ポンと銀河宇宙へと飛び出してみています。
心地よい暖かさに包まれています。
宇宙を包み込む大きな優しさを感じて、孤独の思いが取れてゆきます。

ハスのつぼみが花開きます。
ポンと開く。
何の不安もありません。どんな不幸もありません。
つぼみのままでいる必要がありません。
美しく花開きます。

さらに宇宙空間へと行きました。
一人でも恐怖心はありません。
心地よさに包まれています。
言葉にはならない「愛しているよ」という愛の思いを感じて癒されています。

心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
連絡先:℡ 09080518198
📨 tanemura1956@gmail.com

コメント