スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

桜の句を詠みました

    今年の春も桜が美しく咲きました。 今年は武漢肺炎の猛威の中で、残念ながら近隣を散歩しながらの花見にとどまりましたが、それでも心が満たされます。 武漢コロナ 寂しき春と なりにけり 人の出がまばらで、花見を楽しむ家族ずれはわずかでした。 そんな中で朝ランニングしていると、走っている人の姿が増えているのに気づきます。 外出自粛要請を受けて、だれもが運動不足になるなか、走ることで解消したい人が少しずつ増えているのだと感じます。 桜花 散りて空気を 春に染め 桜花 風に溶けゆき 春の色 今は 4 月中旬。 桜がどんどん散り始めていますが、散っていく桜の薄いピンクが樹木から消えるぶん、周りの空気が薄いピンク色にそまっていくような感覚を実感しています。 周りの空気が薄い桜色になり、桜が春の空気になっていく。 そんな静かな感動が湧いてきます。 思えばまだ肌寒いころに早咲きの桜が咲きはじめ、満開になる頃にはずっと温かくなり、花散る頃は春爛漫です。 一つの時代が大きく変わり、新しい時代が開けるのも、同じかもしれないと思います。 まず梅の花が咲き、寒さが終わるのもちかいことを知らせます。 やがて桜が咲くと春の到来を告げます。 桜が散る頃にはあちこちが桜の花吹雪で、空気全体が桜花の色に染まっていきます。まるで桜が溶けだして春の空気に変わっていくようです。 私も人生の終盤を過ごしていますが、私の仕事が春の到来を告げる一輪の桜でありたいと願っています。 もしこれも地球の春の到来を告げる活動の一つであれば、やがては桜花があちらにもこちらにも咲きほころようになり、散る頃にはほかの花々が一斉に咲きだして地球の新時代を飾っていくに違いありません。 そんなささやかな願いを持ちつつ、今日も小さな成長を重ねていきたいと思います。
最近の投稿

成長を願う思いは実現する

私は不思議だなと感じる体験があります。 自分の心の成長を心の底から願っていた時、それにぴったりの環境が与えられるという経験をしたのです。 40代のころのことです。中年の危機の真っただ中でした。 私は二つの心の成長につながる願いを持っていました。 一つは、責任感のある人間になること。 私には子供がいなかったこともあり、ここ一番のところで責任感が希薄になる瞬間があると感じることがあり、それを変えたいと思いました。 二つ目は財務の目を持つこと。財務や資金繰りはしたことがなく、すごく劣等感がありました。経営の視点を持つために、その方面で磨きたいと思っていました。 しかし、簿記3級をやっと取ったばかりの人間に、そんな機会があるとは考えられませんでした。 ところが心の成長に関わる願いはかなうものだと、しみじみと感じる出来事が起きました。 不良債権を多く抱え、取引銀行が退いていく中で、いつ倒産してもおかしくないような状況下でかろうじて持ちこたえていた企業から、財務の責任者の誘いがあったのです。 なぜ素人の私に財部部門を任されたかというと、銀行から来ていた財部部長が、見切りをつけてやめてしまったからです。他になり手がなく、個人的な信頼関係だけで社長が私をそのポストに据えたのです。 私も仕事を求めて苦闘してた時であり、飛び込みました。 資金繰りがメインの仕事であったので、銀行交渉のため、休みが取れない緊迫した仕事でした。病欠も許されなかったので、私は病気にならないと決めました。すると風邪をひかなくなりました。 朝は早朝に出てよりは遅くまで仕事をしました。陽の昇る前にタクシーで会社に来て、タクシー代は自腹という日もありました。会社の実情を知っているので、経費を請求するにもなれませんでした。 資金繰りが厳しく、もうだめかと毎月思いました。 荒海に出って漁をする漁師が、船の床板の一枚下は地獄と感じていたといいますが、その感覚がひしひしと分かった気がしました。 それでも責任を投げだせません。多くの人が生活の基盤を失うからです。 この経験で、私は自分が欠如しているた責任感を、いやおうなく鍛えられました。 覚悟を鍛えられたと思います。 結果的には、優秀な専門家や部下の方の力を借りながらも、3年間で奇跡的な財務再建の経験をしました

のりうつりのエネルギーをはがす方法

生霊とか死霊とか、さまざまなエネルギーがのりうつり、つまり憑依する現象があります。 よくよく観察していると、自分であって自分ではない状態というものがあります。 自分はこういうことを普段しないのに、急にしたくなったとか。病院へお見舞いに行ったら、突然病気や死が怖くてしかたがなくなったとか。普段愚痴を言わないはずの人が、誰かと会ったあとでとめどのなく愚痴を言いだしたとか。 これらは誰かのエネルギーの営業を受けて、自分であって自分でない状態が起きているのです。 自分が普段と違う状態になっている時、誰かのエネルギーをかぶっていないかどうかを、まず見ていく必要があります。 憑いているエネルギーというのは、見破られると憑いていられなくなります。ですから、憑いているものはばれたくないので、自分を隠そうとします。 それを見抜くためには、客観的に冷静に自分を見つめることが必要です。 相手のエネルギーがくっついていると、その方の特徴的な言動や思考の癖が、無意識に自分に出ます。それが自分本来のものでないのなら、くっついている可能性が高いです。 こういう時は、「くっついたな」と見破り、「お引き取りください」と心で思えば、普通は離れていきます。 つまりこれは自分とは違うエネルギーだと認識すると、そのエネルギーと自分との間に境目ができて、分離できるのです。 それを認識しないで何でもひとくくりにして自分だと思っていると、憑依しているエネルギーの影響は取れません。 もちろん、自分に出てくる不都合な思いや言葉や行動が、すべて他の影響であるとだけ見るのは、責任転嫁になり甘えにもつながるので、注意は必要です。そういう警戒は必要なのですが、自分以外のエネルギーをまず分離しておかないと、自分の思いが何なのかが見えてきません。自分を変えることもできません。 くっついてきたものを分離した後は、自分自身を点検します。 どういう原因でこの思いや言動が出てきたのかを振り返ります。 原因が見いだせれば、その時の感情をしっかり覚えておきます。同じ感情が出たら、自分のなかでアラームが鳴るようにしておくためです。そうすることで再発を防げます。 くっついた原因が、依存する気持ちである場合もあります。 自分が誰かに依存していると

同じパターン

私たちはよく同じパターンで失敗や停滞を経験しがちです。 もし同じパターンに陥ったと思ったら、 ここからどうすれば成長となるかを考えましょう。 「また同じパターンにはまった。自分はダメなやつだ。」 と自己卑下をするのはやめましょう。 こういう時に感じる不安は、 自分の力のなさを認識することへの恐れから来ます。 「こんなに修行(自己改善の努力努力のこと)したのに力がない」 そう思うと無気力になります。 すると停滞に入ります。 同じパターンに入ったという気づきは、 智慧の働きです。 「ここからどう成長するか」 この問いかけによって梯子を伸ばし、 穴から出ましょう。 種村修   ( 種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー ) お気軽にご意見ご感想をお寄せください。 メールによるカウンセリングも承っております。 メールアドレス: tanemura1956@gmail.com

恐怖心

恐怖心は消せないです。 でも理解すれば、 恐怖する前の気持ちと結びつくので、 恐怖に固まらなくなります。 丹田の声を聴きたくないという思いの原因はなんでしょうか。 丹田の思いを感じ取って、手痛い目にあい、 恐怖に凍りついた記憶、潜在意識下の抑圧です。 丹田を感じ取ることが怖いという思いを感じ取る必要があります。 私というエネルギーは、 もともと何を大切にしていたのでしょうか。 それを永い転生の中で忘れ去って、 恐怖、恐怖とやっているのでしょう。 だから恐怖に固まる前の心とつながる必要があるのです。 根源の自分が、今の自分に何を求めているのか。 覚悟を決めて自分の根源の思いに向き合う。 その覚悟が、自分を変える力となります。 種村修   ( 種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー ) お気軽にご意見ご感想をお寄せください。 メールによるカウンセリングも承っております。 メールアドレス: tanemura1956@gmail.com

立場で人を見ない

人を序列や立場で見ると、人の心が見えなくなります。 だから、 人を立場で見始めたら要注意 です。 私はというと、高校生の時、テストの順位が壁に張り出される環境に置かれ、人をテストの成績順でみる見方を身につけてしまいました。 大学に入ると、人を大学や学部で序列化してみるようになりました。 社会に出ると、地位・ポストや業績の優劣で見るようになりました。 このように常に人を序列や立場で見て、自分が相手とくらべて上か下かを意識するような意識でした。ですから人の心は見えなかった・・・。 これが中年を過ぎると勝組か負け組かというような見方も加わってきました。 もっとも自分は後者だ思い、落ち込んで自己卑下をしていたわけですが。 こうした見方をようやく離れて、 個性を平等に見て尊べる ようになったのは、還暦を過ぎて、パン屋で働かせてもらうようになってからのことです。 パン屋の仕事は私に意識変革をもたらしました。 私はパン屋がスタートしたばかりの時に入ったので、誰もが素人の状態で出発して、序列がありませんでした。チームワークで仕事をするので、誰かの仕事のサポートという意識も強く芽生えました。年齢も男女も関係なく、一人一人がなくてはならない存在であり、お互いに助け合っています。 ここでは誰かを支える意識と、各個人の個性を平等に見て尊ぶという意識が芽生え育ちました。 私は常に自戒しています。 もし 人をすこしでも立場や序列で見始めると、たちまち人の心も自分に心も見えなくなる からです。 だからパン屋でつかんだ人の見方を大事にして、常に忘れまいとしています。 立場で見ないということは、店長や社長もパートの人も平等に見ることを意味します。それは立場の違いでも身分の違いでもなく、役割の違いであるとみるのです。そしてその人の 個性や心に意識を向け、その人自身を理解していこうとすると、それが楽しい のです。 種村修   ( 種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー ) お気軽にご意見ご感想をお寄せください。 メールによるカウンセリングも承っております。 メールアドレス: tanemura1956@gmail.com

感情の重要性と隠ぺい⑥…行動と慎重さ

「私の丹田は、私が本にはまり込み、心が成長できない方向に使う時間の長さに恐怖を感じていた」 私は前のブログ(感情の重要性と隠ぺい⑤)でこう書きました。 丹田の意思を感じ取る一つの方法に、腹式呼吸をして息を吐きだすところまで吐き出したうえで肚の意思を見つめるという方法があります。 ある時それに取り組んでいた時に、すさまじい恐怖を感じて、椅子から飛び上がったことがあります。この時に感じた恐怖は、私が三次元的な価値観や知識で固めていく生き方に対して、丹田が感じていた感情でした。私の丹田が私の生き方に恐怖心を持っていたと気づいた時は、さすがにショックでした。 陳述書を巡って感じた私の丹田の恐怖心も、その延長線上にあるものでした。 これを総合すると、私には 丹田を見つめることを避けてしまう傾向がある 。そして、 丹田の思いを、見えたことと考えたことによって曲げたり隠したりする傾向性を持っている。大きすぎる丹田の意思から目を背けようとする。 そういう姿が見えてきました。 これは過去世の何らかの傷によるものと思われます。私は過去世でどんな経験をしたのでしょうか。おそらくは、 私が丹田の意思を感じ取って行動したことで、すごく怖い体験をした過去がある と思います。 丹田の意思に気づいて行動することを怖がっている自分がいる 。それは事実だと思います。 でもこういう丹田を無視する傾向性をそのまま推し進めると、私の個性が死んでいきます。 過去世で、丹田の意思をはっきり感じ取り個性を活かす行動にでた。その勢いがよすぎて痛い目に遭った。その時すごく怖い経験をした。そういうことだろうと思います。 でもこれを克服しないと、自分の個性を今世、本当に輝かすことができないで終わってしまいます。 私はもともと好奇心が非常に強く、安全志向の逆で、ここぞと思うと思い切った行動をする性質があります。 京都大学 2 回生の時に、昭和天皇のご在位五十年の祝賀の主張を学内の圧倒的多数の左翼の暴力にさらされてもやりぬいたのは、その性質の発露であったと思います。また新しい動きに対し、世の中の評価が全く定まらない時期に、自分が正しいと確信するとまっすぐ飛び込むというのも、私の行動にはあります。 またその逆に、すでに大きな存在