スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

感情の重要性と隠ぺい⑤…丹田の意思に気づく

私たちは、思っていること、分かっていること、つまり意識できていることが自分のすべてであると思いがちです。しかし現実には、分かっていることと分からないことの両方をひっくるめて自分です。
これは顕在意識と潜在意識の両方をひっくるめて自分だという意味です。
私はあの裁判で知人から陳述書を頼まれたとき、もし怒りをもったまま裁判と関わってしまっていたら、関われば関わるほど昔の自分に引き戻されていたと思います。 昔の自分というのは、怒りをもって自分の裁判を戦った時です。この時も顕在意識では冷静に、愛の気持ちでという自戒を己に課していましたが、抑圧していた怒りに気づいてはいませんでした。
私の丹田(本当の自分)は、昔の自分に引き戻されることを嫌がっていました。怒りで昔に引き戻されていくのを嫌がっていたのです。 だから、今回の裁判は、関わり方を昔と同じにしてはいけないというブレーキがかかりました。
丹田の意思は、自分が直接受け取れることもあれば、それができない時、誰かの口を通して意思を伝えてくれることもあります。その時、直観的にこれがそうであると気づけるかどうかが勝敗の分かれ目です。ゆえに心を開いてあらゆる可能性を検討する柔らかい姿勢と謙虚さが常に必要になると思います。
話を戻します。
ブレーキがかかったのに気づいた私は、自分は今試されているのだと気を引き締めました。何を書くかも重要ですが、それだけでなく、それを書くときの自分の心境こそが問われていると感じたからです。
さて、こうした経験は、私の丹田を大きくしてくれたと思います。丹田は経験して大きくなっていきます。
私には小さい時から本に淫するという癖がありました。本にかじりついて、体験を軽んじる傾向があったのです。
もちろん本を読んでもそれをもとに体験をしていけば問題はないのですが、体験することに臆病になったり、おっくうに思って、本ばかりを次々読んで、行動しなくなって満足する傾向があったのです。読めば読むほど知らないことを自覚することが増え、もっと読まなくてはと心が急(せ)き立てられるようでした。そして引きこもっていきました。
しかし知識はいくら重ねても、丹田(つまりは魂)を大きくしてくれません。丹田は、単なる知識は忘れていくようです。転生を越えて何時までも忘れないのは、体験したことだけのようです。
丹田が大きくなるというのは、言い換えると自分の心が成長…
最近の投稿

感情の重要性と隠ぺい④…隠す別の理由

感情を隠す理由として、「感情の重要性と隠ぺい①」で自我の防衛機制という話をしました。 その具体的な実例として、正義を旗印にすることで怒りの感情を隠した私の体験を②で紹介しました。この時には怒りの奥に恐怖心があり、怖いから無意識に感情を隠してしまったという経験を書きました。
実はこのほかにも注意を払うべき要因があります。
その一つは憑依、別の言葉でいうと「のりうつり」です。
憑依してきたエネルギーは自らの存在を知られないようにしようとする傾向があります。そこで、自分が知られるきっかけとなる感情を隠そうとするのです。 ですから、感情が見えない時、憑依を疑う必要があります。憑依には死者のエネルギーもありますが、生きている人のエネルギーが来ていることも少なくありません。これは生霊と呼ばれることがありますが、よくあることです。
たとえば誰かが気になって仕方がない時、その人のエネルギーが憑依していることがあります。それはその人が憑依しようとしてするのではなく、その人に頼りたがっていたり、その人をずっと気にしていたら、自分のエネルギーが相手のところにいくのです。これはほとんど無意識の作用です。 一方、憑依された人は、来ている人のエネルギーを感じるので、なんとなくその人のことが気になったりします。または気にしていなくても、発想や思考や行動パターンがその人に似てきます。
こういうケースでは、自分がいつもの自分と違うはずなので、そこで立ち止まって普段と違う自分を自覚して、憑依の存在を検討する必要があります。誰が来ているかを見抜けば、たいていは離れます。その人のエネルギーに対してお引き取りくださいと、心の中でいえばいいのです。
ただし、強く恨まれたりしている場合だと、簡単には外れません。その原因を作った自分の行動を反省し、お詫びをして自分の思考と行動を変える必要があります。自分が変われば波長が合わなくなり、外れていきます。
感情を隠す理由の二つ目は、過去世の個性です。 たとえば自分の過去世の個性が自分を隠したがっている場合、その個性が顕在意識にまで出てきていると自分を隠そうとするので感情が見えにくくなります。 なにかその過去世の個性が心に深い傷を抱えている場合に、そういうことが起きる場合があります。この傷とは、深層潜在意識に存在している心の傷であり、カルマの原因にもなっています。
この場合はカルマとの対決が必要…

感情の重要性と隠ぺい③…サインとしての怒り

前回、怒りをエネルギーにして働くと、やっている最中は燃えていて生き生きしているように錯覚するが、あとで疲れが出て燃え尽きるという話をしました。
怒りの最中は燃えているので、そこに内包している自己否定については何も気づけません。一歩引いてサインと見たときに、怒りは気づきに変わります。
怒りはサインです。 怒りは「裁いている心」のあることを告げています。 怒りの奥には、自分を裁きたがっている心があるのです。 要するに、「自分の中に自分を裁いている部分があるからそれに気づけ」というサインなのです。
ちなみに、怒りで燃え尽きるということは自己処罰の結果とも言えます。また怒りで相手に食ってかかると、お互いに燃え尽きます。大変な消耗ですが、これも自分を裁いた姿でもあるでしょう。
話を私の体験に戻します。
知り合いの裁判に、私に関するうわさ話がジャーナリストA氏の陳述書で出されており、それへの反論に対するA氏の再反論の陳述書も読みました。そこには「社会的な立場の高い人が言っていた。だからこの話は真実であり信ぴょう性が極めて高いと判断した」という趣旨の言い訳が書かれていました。
その噂話は事実無根で、しかも私に一切裏付けの取材をせず、思い込みだけで書いていることに本当に腹が立ったのです。A氏は自分が取材した人物が高い社会的な立場にあるというだけで、それを鵜呑みにして、裏どりもせず書いたのです。こういうことができる神経が信じられませんでした。
しかし、本当の問題はそこにはありません。 それに対して激しい怒りを私が持ったのはなぜかという点こそが、問題の核心でした。 怒りが「自分を裁いている心があることを知らせるサイン」なら、自分の何に対してその裁きが向けられていたのでしょうか。
これを調べる時に役立つのが、心理学で使う「投影」という概念です。
「投影」とは「自分」が無意識裡に<自分>に対して抱いている感情を、よく似たものを持っている<他者>に投げかけて、その人に対する感情として感じることです。
もっとわかりやすく言うと、誰かを激しく怒った時、非難している相手と同じものを自分が持っているということです。自分のなかにある「過ち」や「嫌な部分」に気が付かないか、見ないことにしていると、それと同じ「過ち」をしているように見える人や同じような嫌なものを持っている人にたいして、激しい怒りを覚えるのです。

感情の重要性と隠ぺい②…怒りと正義

私自身にも感情を隠す癖があることを、自覚させられることがありました。 その時に発見したのは、
<「これが正義だ」と思った段階で、すでに元の感情を自分から隠している。 すり替えることで隠している。>
ということです。 「これが正義だ」と思うことで隠した感情とは、怒りです。 怒りの感情が、正義という思いにすり替わることで、自分がもっている強い怒りの感情に気付けなくなります。
きっかけは、昔の知り合いから、彼が関わっている裁判に陳述書を書いてほしいという依頼を受けたことに始まります。 詳細は省かせていただきますが、私が全くあずかり知らぬところで私の名前が勝手につかわれていたことを知り、それに私が怒りを持ったのです。 その裁判では、私が大昔にある資料の隠ぺいに関わった疑いがあるというような事実無根の噂話を、わたしへの裏付け取材も確認のための電話一本もないまま、唐突に裁判所に陳述書として出されていたのです。
「ジャーナリストを名乗る人間が、裏付けをとらないままずさんな内容を書き散らしているとは許せない。義の為には黙っているわけにはいかない。」 と思いました。
その時に大きく激しい怒りの炎が自分の心の中に燃え上がっていたことには、気が付きませんでした。
実は私は以前、自分の名前を許可なく勝手に使われて、心を傷つけられ、すごくいやな思いを経験したことがあるのです。その際に激しい憤りを感じました。
かつてのその記憶と感情が、この時につながってしまい、そのためによけいに激しい怒りとなったのです。
過去と現在がつながった結果、当時の私は過去の怒りを持った自分の心の状態に戻っていました。つまり、昔の心の状態が、そこに出てきたのです。そして阿修羅のエネルギーとなっているので、敵を求めて荒れていたのです。 このエネルギーの状態のままで、その時頼まれた陳述書を書くと、いたずらに敵を増やし、あらたに争いをまねいてしまう可能性がありました。
怒りのエネルギーが燃えているだけであっても、そういう時には何か自分が生き生きしているような錯覚も覚えるものです。私にはしばしば怒りのエネルギーを原動力にして動いたという経験があったので、その状態に戻ったのです。
怒りのエネルギーを原応力にして動くときは、やっている最中は燃えて活き活きしています。しかし後で疲れが出て、燃え尽きます。
自分が「怒っている」とはっきり認識できていれば、怒りのエネルギー…

感情の重要性と隠ぺい①

自分の感情に気が付くということは、非常に大切なことです。 感情は記憶とつながっています。 過去を思い出したときに、事実関係やその時に考えたことは記憶が薄れますが、感情はまざまざと蘇ります。 つまり、感情は思い出すためのキー(鍵)になるのです。
さらに自分の感情に気づくことは、その時の自分の心を知る上で決定的に重要です。 まさにその時の自分がどんな心の状態なのかが、そこに現れてくるからです。
それだけに、その感情が自分にとって不利益をもたらすものであったり、それに気づくことが怖かったり、自分の信念と合わない場合、それを自覚することを拒絶しようとする働きが自動的に起きます。
この働きを、心理学では「自我の防衛機制」という難しい言葉で呼ばれています。
分かりやすく私なりに説明すると、自我とは今意識している自分のことです。 この自我をおびやかすような感情、そして自我にとって非常に不都合な感情は、意識しないようにブロックすることで、自我が自らを守ろうとするのです。
ブロックされた感情は潜在意識に溜まります。顕在意識ではその感情をキャッチできないのですが、潜在意識にはしっかりあるので、無意識の裡(うち)に顕在意識をあやつりはじめます。本当はこの潜在意識に押し込めた感情が原因で行動しているのに、顕在意識ではそれを自覚していません。
自覚していないので、本当に自分にとって適切な行動が取れなくなり、あとから振り返るとどうしてこんな行動をしたのか分からないような、自分を害するようなことをしでかす場合が少なくありません。
潜在意識に蓄積された感情は行動として出てくる以外にも、体調の変化や病気、けがなど出てくることもあります。
これらはサインです。ブロックしているその隠ぺいした感情に気づけというサインなのです。
種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー) お気軽にご意見ご感想をお寄せください。 メールによるカウンセリングも承っております。

個性の発揮という目標

私たちにとって、個性の発揮は、生涯を通じた目標であると思います。
個性とは、大宇宙が分化し、私たちがうまれたときに、私たちがやどしている大宇宙の輝きの一片であると思います。 自分に分け与えられた大宇宙の輝きのかけらである個性を輝かせることが、自分という存在の意味であると思います。 そして、個性を発揮するとことこそ、もっとも全体の役に立ち、調和と発展をもたらすと思います。私たちの個性は、大宇宙が分化したものである以上、個性の発揮は宇宙の成長と調和に寄与するはずです。 私はそういう信念をもっています。
ある方は、「人のために生きないといけない」という衝動があり、心の癖をもっていました。その結果、「誰かのために」といつも忙しく立ち働いてきました。 これは一種の強迫観念でした。 本来は、自分の個性を発揮するのみでいいのです。 それが宇宙における自分の役割であり、本来の在り方であるはずだからです。 個性が発揮されて、自分の本来の姿で生きているとき、一番活き活きと生きることができます。 誰かのためにと力まなくても、結果的に誰かの成長を促していると思います。 これが本来の個性というものではないでしょうか。
私たちにとって、自分を見つめ、自分を知ることが大切なのは、自分の個性を知りそれを発揮することが尊いからであると思います。
本当の意味で個性を発揮している時、私たちは次のような状態にあると思います。 ①生き生きとしている。自分がとり組むことにワクワクして、生き生きと生きている状態です。本当の自分を生きているという心地よい感覚です。 ②自分の問題を外部要因で説明しない。問題があっても責任転嫁をせず、自分がその問題をまねいている側面があることを認めて認識できています。だから自分で対処できるのです。 ③否定発信しない。自分を否定したり、他者や環境を否定する思いや言葉を発しません。すべて肯定します。肯定するとは、一見不都合な嫌なことでも、それには意味があるとみて受け止めることです。そこから成長が始まります。 ④意識が成長し、高まっています。人格のたかまり、視野の広がり、包容力のひろがりなど、さまざまな側面で心が成長しています。
心が成長する秘訣を一つだけ挙げるとすると、恐怖や痛みの体験をしたとき、それを否定し封印するのではなく、それと向き合って受け入れることです。そうすると、そこが次の伸びしろになります。 どんなに過酷でも…

生まれ変わりの場

私たちはこの地球で、何転生も、なん千転生も、生まれ変わっていると思います。
過去世の転生で受けた心の傷は、心の深いところに残っています。
それが今世の人生で再現することで、過去世でつまづいた課題を乗り越えるチャンスが与えられています。
此の地上は、自分を変えることができる場であることに、大きな意味があると思います。
私たちは目に見えない世界(五感を越えた波動の世界)から、目に見えるこの世界(三次元世界)に生まれることで、自分自身の在り方を変えることができます。
変化することによって、私たちは成長ができます。
この地球は私たちが変化し、成長するための場として用意されていると思います。
従って、固まってしまわないで、常に前向きに自分を変えていこう、あらゆる経験を成長の機会として捉えていこうという姿勢を持つことが、人生の根本姿勢だと思います。
種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー) お気軽にご意見ご感想をお寄せください。 メールによるカウンセリングも承っております。 メールアドレス:tanemura1956@gmail.com