スキップしてメイン コンテンツに移動

不安を見つめる(投稿)



私は数年前に、ある病にかかりました。それは生命の危機というものではないのですが、生活に影響を及ぼす治療法のない不治の病です。
大病院の先生が、年に一人か二人程度と言われた、そんな珍しい病気でもあります。
発病当時は、目の前が真っ暗になり、将来に怯え、その結果として不安神経症に陥りました。
不安は突然に押し寄せてきて、仕事をしている時や買い物に出かけた時など、状況にはお構いなしに不安が押し寄せてきて、立っていることさえ難しいような、そんな状態に陥りました。

このままではいけないと思い、種村様の指導の元で不安神経症を克服し、さらに自分を内側から見つめ直すべく自分なりに頑張ってきたつもりです。
それは、自分の病気は自分の歪んだ心の影響であり、その歪んだ心を直すことが出来れば病気も治る可能性があるのではという、色心不二の思いもありました。

そんな最近の出来事ですが、休み明けの日に、急に朝から不安に襲われました。
ふとしたきっかけで、病気に対する不安が次から次へと押し寄せて来ました。
比較的生活も落ち着いて、自分なりの趣味も初めており、最近は、発病当時のような急激な不安に襲われることがなかったので、私自身驚きました。
確かにその不安は、病名を知って不安神経症になった時とよく似ている感情だなと思いました。
ならばと、その不安を見つめて味わってみることにしました。

この言いようのない不安は、何がきっかけで出てきたのだろうかと感じてみると――、
休みの日に何もしないで遊んでいたこと、生活が落ち着いたので病気のことを忘れて日々の対処療法を怠っていたことが原因ではないか、
このままでは、今は落ち着いている病気も進行して、やがて生命に影響を及ぼすのではないか、
――そんな気持ちから出ているのだろうなと感じました。

そういうことを考えながら会社に到着して、会社で他の人を見ていると――、
ふと「不安が来るのは幸せなのかもしれないな」と考えてしました。
仕事でも不安があるから立ち止まって安全確認をします。大丈夫だろうかと心配だから考え直したり、再度確認したりします。
だから不安とは、「大丈夫なのか? もう少し考えてみたらどうだ?」 そんな立ち止まって現状を見つめ直す機会ではないかと考えたのです。

ならば、「不安に感謝しないといけないな」と思いました。
土日にやるべきことをやってないだろうと不安が教えてくれたのならば、改める努力をしないといけないと思います。
どの日の夕方には不安は消えていました。

今後は不安が来たら、その都度、「立ち止まって自分を見つめ直す機会なんだ」と自分に言い聞かせたいと思います。

匿名希望

 (解説)
不安神経症とか不安障害と呼ばれているものは、そのままにするとパニックを引き起こしたり、うつの引き金になったりすることがあります。しかし、「不安は何かをおしえてくれるサイン」ととらえ、不安感情を冷静に見つめ、その意味に気づけば、不安が収まります。
不安とは、「大丈夫なのか? もう少し考えてみたらどうだ?」 そんな立ち止まって現状を見つめ直す機会ではないか>と、そうとらえることで、不安に飲み込まれることなく、冷静に不安を克服できることを、この方は教えてくれています。

心理カウンセラー種村修(種村トランスパーソナル研究所)>

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…