スキップしてメイン コンテンツに移動

富の考え方



少し前の話ですが、職場まで1時間半ぐらい移動にかかっていた時期がありました。
仕事は楽しくて好きなので元気な気持ちで終えるのですが、帰りの電車に乗っている間にぐったりとしてきて、帰宅するころにはすっかり疲れきっていました。当時は自宅から歩いて数分のところで仕事をしている人の話を聴くと、とてもうらやましく思えたものです。

それが自分をもう一段変えたくて、そのためにも仕事を変えることを決意して探し出すと、自宅の近くに手ごろな職場を見つけることができました。通勤にかかる時間は7分です。歩いて通う間に、自分の意識のモードを切り替えることができるので、とてもありがたいです。

それに伴って、身体が非常に楽になりました。疲労が軽減し、より健康になったのです。

得られる収入は、前の職場では徐々に時間をかけて得れるようになった水準を、最初から得ることができました。その面でもラッキーです。それに体が楽になったので、とてもありがたく思いました。何より、移動時間が圧倒的に短縮できたので、別の事がいろいろできるようになりました。

富という言葉で私たちは、通常お金のことをイメージします。
しかし、富をお金に限定するべきではないと思います。

収入だけでなく、自由にできる時間も富だと思います。それは大幅に増えました。

また健康も富だと思います。実際問題、過労気味だった時は、疲労回復にお金を書けてもいましたから、健康の増大・疲労の軽減は富の増大です。体力が残るのは富が増えたと言えます。

それ以外にありがたく思ったのは、以前の仕事はほぼ一人で行う仕事であったのが、新しい仕事先は年齢層も男女もいり混じった職場であったので、人との接触が飛躍的に増えたことです。学生さんから定年後の人まで幅広くいます。主婦で子育て中の方から、独身で自立に向けて頑張っている青年まで、さまざまな人と接することは、非常に刺激的です。

若いころはいろいろな人の間で働くのは当然と思っていたのですが、年齢を重ねて一人に任された孤独な仕事も経験した後では、それは大変ありがたい経験だと思えるのです。
人とのつながりや、人との関係での経験は、これも富だと思います。そういう富も増えました。

新しい仕事をする中で、自分の中に眠っていた新しい側面が成長を始めました。新芽を出し、それを育てている感覚があります。ものを創るという側面が成長し始めている気がします。創造は大宇宙の営みそのものですが、それを小さなごく限定した領域ではありますが、自分のできる範囲で創造をなしていることに喜びも感じます。新しい成長、これも富の増大ではないでしょうか。

富の考え方を広げてみると、収入ということでは変わらないように見えても、さまざまな別の形の富が増えてきていることに気づきます。こうして非常に豊かさというものを実感するようになりました。

とりわけ定年を過ぎた人にとって、富は減っていく一方に見えがちですが、富の見方を変えてしまうと、何歳になっても豊かさはどんどん増えていくことが可能であると気づきます。

豊かな気持ちで生きることができる幸せというものもあります。そういう気持ちがさらなる豊かさを引き寄せていくと思います。

心理カウンセラー 種村修
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…