スキップしてメイン コンテンツに移動

個性を生かすために



個性を生かしている状態は、どういう状態で、個性が生きていない状態はどういう自分でしょうか。
これを自己確認しておくことで、自分の個性を発揮できているかどうかのチェックがしやすくなります。

私の経験から、3つ挙げてみたいと思います。

まず第一に取り上げたいのは、人から何を言われようと、何が起きようと、全部受けとめると覚悟を決めたときは、個性が生き生きとします。

人生の岐路である選択をして何かを選び何かを捨てると、さまざまな人の思惑や意見がぶつけられてくることがあります。
しかし、自分がそれを選び決断した以上、その行為の結果として起きることは全て受け止めて逃げないと覚悟を決めると、その覚悟は人に通じます。おそらく天にも通じるのではないでしょうか。そして道が開けます。

すべてを受けとめる覚悟は、自分の心の奥深いところからの決意ですから、個性が輝く瞬間であると感じます。その時は心の奥から発した、偽りのない言葉で人への説得、説明ができるはずです。

もしその時に自分が揺らぐようであれば、やはりまだそこまでの覚悟ではなかったということです。この場合、そこでの課題は一部持ち越してしまうと思います。

言葉を換えると、すべてを受け止める覚悟を持たないうちは個性をいかせていない。そう言ってもよいかもしれません。

2番目に取り上げたいのは、自分に感謝し、自分をいたわるということです。

さまざまな人やことに感謝できたとしても、自分自身には感謝できないという人は多くいます。自分が頑張っている時、ここまでできたのは○○のおかげと周囲に感謝しているのに、頑張った自分への感謝を忘れるのです。そもそも自分への感謝など考えもしていません。
それどころか、「まだまだ自分は駄目だ」と、むしろ自分を否定する傾向が強いのです。それを謙虚さだとはき違えています。

しかし、周囲の環境や人の協力もさることながら、頑張った自分がいたからできたわけです。その自分に「頑張ってくれてありがとう」「よく頑張ったね」と感謝してこそ、すべてに感謝をしたと言えるわけです。
そして自分の肉体にも感謝し、いたわり、頑張った自分の心にも感謝しいたわりねぎらうことが必要です。

こういう記憶を持っている人がいます。
生まれてくるときに、一度堕胎されたのだけれども、どうしても生まれたくて、もう一度母親のおなかに宿ったのです。でもすごく怖くて、産道を通ってくるあいだに恐怖心で気を失いました。だからおギャーという鳴き声を上げないで、気絶して生まれて来たのです。

こういう堕胎された恐怖を潜在意識に持っている人は、少なくないと思われます。この人は、特に自分をいたわる必要があります。
「怖かったけどやり遂げたよ」
「怖かったけど、それを乗り越えてうれしかった」
これは赤ん坊ときの恐怖が思い出されてきたときに、自分で宣言する言葉です。恐怖を乗り越えた自分がいるのですから、それを認め、その喜びを肯定するのです。これも自分へのねぎらいです。また自分への感謝でもあります。よく頑張ってくれたねと、赤ん坊の自分に感謝することです。

自己否定の強い人は、何かにつき自分を否定する言葉を出す癖がついています。否定では個性を生かせません。
だから、自分をねぎらい、いたわり、自分を認め、自分に感謝することを意識的して行うことが必要だと思います。

三番目として、個性を生かすために必要なことは、自分の生活のリズムを整えることです。

自分が潰れている時や固まっている時は、だいたい生活のリズムが狂っています。
規則正しく、バランスの取れた生活ができるリズムというのがあります。運動、食事、娯楽や休憩と仕事、会話と沈黙、それらのバランスが取れて、自分が一番心地よいリズムを覚えておくことは大切です。すると不調な時に気が付きます。
もし自分のリズムが乱れてきたと気づいたら、その心地よいリズムに立ち返る努力を工夫すれば良いのです。

心理カウンセラー・種村修(種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。ご希望の方はご連絡ください。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…