スキップしてメイン コンテンツに移動

個性と行動・・・個性を見出す方法



自分の個性を見出すには、どうしたらいいのでしょうか。
いろいろ考えたり、冥想したらいいのでしょうか。

意外かもしれませんが、個性は瞑想して考えるよりも、行動の中で見いだすことの方が確実であるようです。
いろいろ行動してみて、自分にぴったりくる行動、すっきりする行動を見出すことです。
これが行動で個性を見出すということです。
行動して喜びが湧いてきて、どんどん意欲的になっていくなら、それは個性に近づいている証拠といえると思います。

個性はいろいろな側面を持っていますので、決して単一ではありません。
私が行動の結果ぴったりくると感じるのものは複数あります。少し書き出してみたいと思います。

誰か、もしくは何かを守るためにたたかうことは、私の個性にかなっていると思います。戦いといっても信念を貫き、逃げないで言論で戦うことです。崖が大地を守っているようなイメージがします。

癒しはカウンセリングを行うなかでおのずと実現することですが、癒しは私には合っていると思います。そうでなければ、50代に入ってから一からカウンセリングを学び、図書館や放送大学にも通って猛勉強できなかったと思います。自分がその過程で癒された実感があるので、此の道で癒しは可能だと確信しています。また癒しのためには自分を見つめることが不可欠ですが、それに十年来取り組み続けているのも、やはりそれが個性にかなっているからだと思います。
癒しは、アメリカの大地にしなやかな草が一面に生えていて、大地の中の不浄な要素を吸い上げて、大地を癒しているイメージです。

掃除は私の性分にはあっていると思います。私はある時期、掃除を主な仕事にしたこともあるのですが、掃除そのものに特化するよりも、何かをする過程で発生する掃除を丁寧に仕上げることが、より合っているようです。丁寧に掃除を仕上げて、もともとよりきれいになっていくことが、喜びです。
きれいにすることは、4月下旬のころの雲一つない青く晴れ渡った大空のイメージです。

パンを作ることが、私には合っていると感じ始めています。創造の喜びかもしれないのですが、イースト菌と格闘しながら、いかにすればおいしいパンができるのか、毎週のように取り組んでみては失敗し、失敗してはいろいろ研究しています。いろいろなパン屋にも足を運び、食べて味を比べています。パンが焼きあがり、思ったよりうまくできたときの喜びは格別です。

さまざまな行動を経験することで、自分にぴったり感じるものが出てきます。
それは複数あると思います。
個性にはいろいろな顔があるからです。

以前、中年の危機のさなかに読んだ本で、ワクワクできるものを探せという主張を目にして、心が惹かれたことがあります。その時は、でもワクワクできるものを探せという主張には惹かれつつも、それは生活の糧と一致しないことが多いだろうし、生活のためにはそうでなくてもやらなければならないことが圧倒的じゃないかと考えていました。

しかし、色々な失敗や経験を重ねてみて、結局長く続き成功していけるのは自分にあったものであり、そういうものはワクワクを感じるものだと気が付きました。
ただし、自分のプライドや、自分はこうだという思い込みが邪魔をして、素直な感情を感じ取りにくくなっている可能性があります。これをいったん横にどけないと、本当に自分が素直に喜びを感じていて、しかも自分にぴったりきていることに気づくのが遅くなるきがします。

心の声に素直に耳を傾けて、色々身に着けたこの世的な価値感や、世間の基準や、プライドに関係なく、素直に本心に忠実になることが、一番大切だと思います。
そうすればきっと行動が個性へと導いてくれるはずです。

心理カウンセラー・種村修(種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。ご希望の方はご連絡ください。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…