スキップしてメイン コンテンツに移動

明治神宮での気づき



最近はパワースポットを求めて、若い人や外国の方が神社にお参りされる姿を目にするようになりました。伊勢神宮に参拝したおりは、神宮内の御神木に手を当てたり身をよせたりして、「気」を感じている人の嬉しそうな姿が印象に残りました。

東京の最大のパワースポットである明治神宮にも、本当に多くの人がお参りされています。明治神宮は、鳥居を一歩入った雰囲気のすばらしさは格別です。さらにここでの参拝の楽しみは、お神籤で天皇皇后両陛下の御製や御歌が指針を与えてくださることです。

今年の2月末、明治神宮を参拝したおりも、お神籤をひかせていただきました。
昭憲皇后陛下の御歌
おこたりて 磨かざりせば 光ある 玉も瓦に ひとしからまし

自分の心の磨きについての教えでした。珠玉の個性を宿した心は磨かなければ、瓦ののように光がないものとなるので、常に怠らずに磨き続けよというおさとしでした。

この日の明神神宮参拝では、「私がいつも本を読み、本から離れることができないのは本への依存である」というインスピレーションがありました。
本は誰かが書いたものであり、内容が著者の直接体験したことであっても、読み手にとっては知識でしかありません。

自らの五感と心で直接体験して究めることを大切にしなければならない。

そういう思いが強く湧き上がりました。

「本の虫になるのが怖い」と感じたのは中学生の時でしたが、それ以来私は、活字に依存するあまり、五感と心を使って直接体験してつかむという努力が非常に希薄だったと思います。

本の中での知識では、他人の体験や枠から一歩も出れません。若い時に基礎をつくる上では読書も大事だったかもしれませんが、自分の心を知る探究をし始めると、自分の心や個性について書いた本はありませんので、読書は役に立ちません。

本を閉じて心を見つめる。
いろいろ経験してその時に自分が感じたことを注視する。
自分を見つめることを通して、宇宙へとつながっている自分自身を発見する。

そのためには、まず本を閉じることが必要で、「本を読むことは努力ではなく怠けである、逃避である」という気持ちがすごく強くなっていました。

本を閉じて自分に向き合う。それは依存心を断ち切ることである。
そう思いました。
現在は、ほとんどの本を処分して、もっぱら自分自身の五感と心で感じたことで自己を探究する日々を過ごしています。

心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…