スキップしてメイン コンテンツに移動

答えは一つではない



答えは一つではないというのは、受験勉強で訓練されてきた私にとっては、なかなかなじめない考えでした。

私には、人生の問題にしても、病気にしても、一つの問題に対しては一つの結論があり、一つの解答があるという思考が根強くありました。問題と解答のパターンを公式として覚え込み、さまざまな悩みの相談に適用したいという考えをもっていました。
そのほうが、楽だからです。一度確立した考えを何度でも応用できると、一つ一つの問題ごとに様々な面から考える手間が省けます。

しかし、私がカウンセリングをしたり自分を見つめていく過程でぶち当たったのは、この考えを捨てねばならないということでした。
権威ある考えを絶対視して、それを無条件に従おうとする思考は間違いなのです。よく似た問題でも同じ解決策が適応できるとは限りません。

心と肉体の相関関係にしても、医学的に権威ある常識が、ケースバイケースでは全く当てはまらないことを知りました。実際に経験して確認しました。

一例をあげます。
私は血糖値が正常値よりすこし高く、糖尿病には常に注意を払ってきました。50代の間は体重と血糖値が確かに連動していました。だから体重を10キロ以上減らすことで、血糖値を下げたてコントロールしてきました。
しかし、60代に入って体重が下がったのに、血糖値がやや上がり出しました。それは実に深刻な問題でした。
そこでもう一度体の声を聴く努力をして、いろいろ調べ直してもみて、体重を減らすより膵臓が元気になる努力をする方向へ方針転換しました。

そのために膵臓が元気になるように、ニラとレバーを週一度は食べ、他にも肉料理を増やしてタンパク質を補強しました。白米では糖の吸収が速すぎるので、玄米にしました。夜食にはりんご酢を飲むことで、夜中の糖吸収を穏やかにしました。また飲料水も南アルプスの天然水に替え、それ以外の飲み物は一日コップ3杯以内に制限しました。また体内の血液循環をよくするために、入浴はシャワーで済まさずきちんと湯船に湯をためてはいるようにしました。

その結果、体重は半年で5キロ増えましたが、血糖値は下がり続けています。先日病院で検査して、血糖値の低下を確認できました。

これでわかったことは、私の場合は膵臓の機能が弱っている結果、血糖値が高くなっていたので、体重の制限だけではもっと膵臓を弱めてしまいかねなかったということです。膵臓が元気になる食事をすることで、体重が半年間に5キロも増えたのに血糖値は下がってきたのです。

これでハッキリわかったことは、ケースごとに解答は全部違う可能性があるということです(もちろん同じという可能性もあります)。つまり一つの解答をパターン化してはいけないということです。そのケースごとに、その都度、解答は異なっている可能性があることを教えられました。

心理カウンセラー・種村修(種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。ご希望の方はご連絡ください。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…