スキップしてメイン コンテンツに移動

存在する意味



私はある方の深層潜在意識(過去世の個性)の発する叫びを聴いていました。
それは魂から絞り出す切実な言葉でした。

こういう状態で存在する意味があったのよ。
なのに、どうして過去すべてが幸せだと、あなたは言えないの?
この私も存在してよかった、幸せだったと、そう言えないの?

私はこの言葉を聴いて、自分を振り返りました。
そして自分に問いかけました。

<自分の過去に対して、これがあったので自分は不幸だと思っている気持ちはないだろうか。>

<その時の自分が存在する意味を認めてあげず、その時の自分を否定して、いつまでも悔やんでいることはないだろうか。>

ほとんどの過去については、自己否定をやめて肯定へと転じたつもりなのですが、ひとつだけ引っかかっているかもしれないところが残っていました。

それは現役で京都大学農学部に入ったのに、4年間在学し、1年間休学したのちに退学し、自分の意志を貫いて東京に出て、政治的な改革を志して編集関連の仕事についたことでした。京大で左翼学生運動との思想的な対立を経験してから、悩んだすえのことでした。3回生のころから学部の勉強はほとんどせず、左翼が否定する日本のすばらしさを掘り出したいという動機のもとに、京大を卒業することを断念して畑違いの職業を選択したのです。

親との葛藤も深刻に経験しました。また興味関心を失ったとはいえ、大学の学部の試験で納得できる点数がまったく取れなくなってしまったことには強い劣等感を持ちました。それまで試験において劣等生だった経験がほとんどなかったからです。

でも心に傷は残りましたが、意志は固かったと思います。
自分は何をするために生まれて来たのか、何を志して生きるべきなのかをずっと考えたすえの結論だったからです。また自分がこれをなさずして誰がやるのかという気負いにも似た思いも、進路を決めた中にはありました。

結果として、この世的な安定や世間の評価する道を捨てるという決断をしたのは、潔さでもあったと思います。昔の仏教の出家者が世俗への執着をきっぱり捨てたような、人生の退路を自ら断つ気分もあった気がします。

しかし、その後の人生で志が途中で閉ざされ、また私自身の内的な変化から、さらに別の針路をとり、さまざまな職業を経験しました。その折々で、大学中退を引け目のように感じてしまっている自分を感じました。

そういう思いが残っている状態で、この言葉を聴いたのです。

こういう状態で存在する意味があったのよ。
なにに、どうして過去すべてが幸せだと、あなたは言えないの?
この私も存在してよかった、幸せだったと、そう言えないの?

私の学生時代の煩悶と決断は、志を第一義として、この世的に安定や生きやすさをもとめる気持ちと決別したいという気持ちの表れでした。この世的な価値にしがみついて、生きながら死んでいるような人生にはなるまいと決意したのです。

この決断の経験があったので、人生の岐路で選択を迫られたときに、この世的な生きやすさを捨て心の声に従って生きることに比較的躊躇がなかったと思います。そういう私があって、その後の私があり、今の私があります。

学生時代の自分をしっかり受け入れて、これがあったから私は幸せだと言える自分になろうと思います。

現時点で人生を振り返ってみると、この学生時代の私が存在する意味は、この世的な価値でしばられて魂を失わない人生にするためではなかったかと思います。

心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
※メールカウンセリングや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…