スキップしてメイン コンテンツに移動

煩悩と苦しみ



煩悩という言葉は仏教、つまり古代インドからきた言葉です。人に苦しみをもたらす様々な欲望や怒りや愚痴・愚かさの総称を指しています。

ウィキペディアには次のように説明されています。
「煩悩(ぼんのう、サンスクリット語क्लेश, kleśaクレーシャ)とは、仏教の教義の一つで、身心を乱し悩ませ智慧を妨げるの働き(汚れ)を言う。」

苦しみを生みだし本来持っている知恵をくらますものだから、煩悩という言葉には非常に悪いもの、忌まわしいもの、否定するべきエネルギー、否定されるべき精神作用という印象が濃厚に付きまとっています。

しかし、この印象は自己を探究するうえで妨げになります。
なぜなら、煩悩も自分を知るための大事なサインであり、それを否定し抑圧していくと、自分が分からなくなってしまうからです。根源に向かう道を塞ぐのです。

もっと別の古い文明では「煩悩」を、「情」や「感情」などの意味を持つ言葉で表現していたようです。そういうとらえ方をすることで、「煩悩」という言葉にまつわる否定的な印象を拭(ぬぐ)い去る方がいいと思います。

煩悩即菩提という言葉があります。大乗仏教で唱えられた思想だと言われていますが、もっと根は古いのではないかと思われます。この考え方をした古代インドでは、本来煩悩は尊いものとして扱われていたに違いないのです。

なぜなら煩悩があるからこそ、それを足掛かりに自己に辿り着けるのですから。煩悩があるからこそ気づきがあるのです。これが煩悩即菩提です。もともと釈迦仏教が煩悩を見つめる訓練をしていたのは、そこから悟りに行きつけるからではないでしょうか。

仏教の歴史2500年の過程で、煩悩は滅すべき邪悪なエネルギーというイメージが固定化しました。しかし、今風にいうと、煩悩は「サイン」なのです。心の発する「合図」なのです。だからそれに気づけばいいのです。それが自己を知る手掛かりになるのですから。

結局、煩悩も、煩悩から生じた苦しみも、心の合図であり心のサインです。自分から出たサインなのです。

煩悩や苦しみを感じたら、自分の心の声を聴くときだと思ってください。苦しみは「自分を分かってよ」というサインだからです。サインだからこそ、苦しみは、自分が自分のことを分かるまで続きます。

例えば、あることですごく腹が立ち怒りが出たとします。何故そんな怒りが出るのでしょうか。ある一つの事象があっても、それで怒りを発し、それを苦しみとするかどうかは、自分の思いによって変わります。害されると思うから怒るのです。でも害されると思うかどうかは、自分の受け止め方によって変わるのです。

結局、怒るということを通して、自分の奥に潜んでいる恐怖心に気が付いて、それを認めて理解できれば、受け止め方はがらりと変わります。苦しみも消えるでしょう。

すると煩悩である怒りとそこから派生する苦しみは、自分の内にある恐怖心に気づくための手がかりであり、恐怖を持っている自分に気づいてというサインだったのです。サインですから、気づくまでは何度でも同じことが起きてきます。

煩悩や苦しみは本当の自分に気づくためのサインとして捉えるときに、有益な道しるべへと変わります。これが現代的な「煩悩即菩提」の意味だと思います。

関連記事「見たくない気持ち」



心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
※メールカウンセリングや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…

価値観の偏りの修正

私が自分を振り返ったとき、一つの価値観の偏りがあると思いました。 私には「頭で考えすぎる」癖がありました。 それと並行して心を軽視して、さらに行動を軽視していたのです。
頭で考えることと、心がとらえていることに気づくのは大きく違います。 自分の丹田がどうとらえているかを把握することが、本当の意味で心でとらえるということです。それは思考ではなく直感の働きです。
心の働きを強めるには、相手の立場や、さらに上位の方の立場で思いを巡らせるということが必要になります。 後者でいうと日本の場合には、神道の神の立場でどう考えるかという見方があります。
その立場からみれば、この世の成功に目が向きすぎて心の成長に真剣ではないなら、どれほど熱心に仕事をしていても、怠けだと見えると思います。
心の成長に真剣であるとは、一つにはこういうことです。
神様に、あるいは自分の心に問いかける質問として、「成功するにはどうしたらいいか」と問うのでは、心不在です。 「もう一段バージョンアップしたいができないのでどうしたらいいでしょうか」と問い掛けるとしたら、これは心の成長を含めた問いかけになります。
神社で導きをお願いするときには、さらに注意することがあるように感じます。 神道の神様は私たちの覚悟を問われるということです。
ここでは「神様は」、という言い方をしましたが、本当に成長しようとして導きを求めるのなら、どなたであれ覚悟を見られると思います。その覚悟に応じて指導をいただけると思います。その相手が神様なら、より真剣なものが求められると思います。
覚悟は何処で見るのでしょうか。それは行動です。導きを受けた時、それを本気で実行しているか、いい加減にしているかで、覚悟がわかります。行動しない自分に、それ以上の導きは来ないと覚悟するべきだと思います。
この機微を分かりやすく伝えてくれるのが、わらしべ長者の昔話です。わらしべ長者は観音様に祈ったところ、観音様は「最初に手にしたものを大切にせよ」と、声なき声で心に伝えてこられました。それを素直に信じて最初に手にした一本のわらしべでした。これを大切にすることで運命が開けたというのがこのお話です。
さて、私はこう気付いてから、頭で考えて知恵を得ることが尊いという価値観には距離を置き、行動して自分を変えていく努力こそ尊いという価値観に変えようとしてきました。そして、加えて丹田の意思をしっかり感じ…