スキップしてメイン コンテンツに移動

自己否定の氷を溶かす⑦



「自己否定の氷を溶かす」の連載はここで最終回となります。

今回は、自己否定の氷(トラウマ)を抱えている人の話を聴かせていただくとき、聴き手がもつべき心構えを述べたいと思います。

まず自己否定のきっかけとなった苦くて(にがくて)酸っぱい体験を否定したり拒絶してはいけません。その方が、いやな経験をした時の感情を思い出し味わうことによって、その苦さや酸っぱさは甘さに変わることを知っている必要があります。それを避けては成長はありません。それが向き合い味わうということです。

トラウマ経験を思い出すことは、時には症状が悪化するように見える場合もあります。
しかし、トラウマ体験そのものではなく、その時の自分の感情に焦点を当てて見つめ味わってもらうのです。誰が悪いとかではなく、その時に感じていた気持ちを思い出し味わうのです。
そしてその奥にあるもの(感情や気持ち、もしくは信念)を探るのです。それが成長につながっていきます。

そういうことを理解し聴くことが、まず聴き手にとっては必要です。苦くて酸っぱい体験に同情し、それを表面的に慰めても、それだけではその方の成長にはつながりません。

同時に、自己否定する以前にもっていた純粋な気持ちを思い出し、それを大切にすることが必要です。結果が悪くても、動機が純粋な場合は、その動機まで否定してはいけません。自己否定する前の純粋な気持ちは肯定するべきものです。

二つ目には、その方の過去現在未来のすべてのエネルギーを観て、その方の可能性や成長を信じて、一緒にそこにいる(存在する)ことが必要です。つまり苦しんでいるその人の現在を見るだけではなく、ずっとさかのぼった過去から、永遠の未来のその人のエネルギーに目を向けて、その人が変化し成長し輝く可能性を信じてそこに居るということです。

そこに居るというのは、気持ちが寄り添っているという意味です。

それによって相手の方の「自分を信じる心」にエネルギーを送ることができます。その人の「自分を信じる心」が、その人の成長を促し、氷を溶かします

三番目に、決して焦らないで待つということです。これは非常に難しいことです。

聴き手は、ともすれば時間を区切って結果を出したいと焦るものです。それはその人の為と言い訳しがちですが、実は自分がその状態をいつまでも見ているのがつらいから、早く結果を出したいのかもしれません。あるいは自分が関わることで結果が出ることを楽しみにしていて、結果を焦っているのかもしれません。

その人が変化する時間は、その人の魂が決めることです。どのぐらいの時間とプロセスが必要なのかは、その人の魂にしかわかりません。
それを焦らないで待つということが、寄り添うということです。
その人を信じて待つことで、その方も焦って自分に絶望したりせず、時間を耐えることができます。これは非常に大きな愛情だと思います。

以上のことは私がいつもできることではありません。失敗して、反省することも多々あります。それでも自分もそういう人の存在によって乗り越えられた経験があるので、何が必要かは理解できます。また自分自身がそういう聴き方ができたときは、よき方向に向かうことも体験させていただきました。

この連載を読まれた方が、是非良き聴き手となって、誰かの自己否定の氷を溶かす手伝いをしていただけることを願っております。

<関連記事>
自己否定の氷を溶かす⑥
自己否定と成長


心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
※メールカウンセリングや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…