スキップしてメイン コンテンツに移動

夢の活用



夢は潜在意識のメッセージです。
また心の現在の状態を表わすシグナルでもあります。

潜在意識は伝達の手段として、夢というイメージを送って何かを伝えているようです。
その意味合いを知って活用すると、自分への理解と気付きが深まります。

潜在意識が送り込む夢のイメージは、自分が気づかない本音や自分が忘れていたり抑圧してみないようにしている側面を、はっきりと見せてくれることがよくあります。
またのりうつりの影響や、外部の想念を取り込んで不調になっている状態を示すこともあります。

気になる夢が出てきたとき、数日前にあれっと思った出来事や、どうして自分はこんな失敗をしたのだろうと感じたこととつながっている場合があります。
どうしてそうなったのかの、深い心の原因を夢が指し示している場合があるのです。

気になる夢を見たときに、まずすることは、前日の自分の行動と思いを振り返ることです。
なにか夢の引き金になるような行為や思い、出来事がある可能性があります。
それが心に影響を与えて、気になる夢につながったのかもしれません。

「ああ、この行為が原因で、こういう夢につながったのか」と理解できたら、ひとまずは納得できます。
しかし自分にとって何か重要なことを告げている夢は、それでもやはり気にかかります。
こういう時は、気にかかるという感覚を信じて、探究を続けるほうがいいと思います。

数日前の出来事で、何かつながっていることがないだろうかと振り返ることも意味があります。
過去の強烈な出来事や思いを抑圧している場合、それが象徴的にイメージとして出ている場合もあり、今なおそのことが尾を引いて影響を受けていることを、夢が教えている場合があります。
長く考える必要はありませんが、何度かその夢の意味に思いをはせていくと、ふと気づくのです。
その気づきをもとに自分を振り返ると、さらに大きな気づきにつながります。

夢は心のメッセージであり、心の現在の状態を表わすシグナルなのです。

今、潜在意識も含めた自分の心がどんな状態なのか、なぜこんな夢を見たのかと問いを発し、色々な出来事とつなげながら問いかけを続けると、答えはやってきます。
自分の心を信じて、問いかけ、気づきを得てそれをさらに深めることで、私たちは自己カウンセリングでき、成長することができます。

<連絡先>
種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー・種村修)
℡:090-8051-8198
メール:tanemura1956@gmail.com

コメント