スキップしてメイン コンテンツに移動

掃除の力③・・・汚れを取る意味



部屋でも外壁でもガラスでも、毎日ホコリが溜まり、汚れが付着してゆきます。
これは毎日必ず、そうなります。

汚れはさまざまな想念やストレスを吸い込んでいます。
汚れはたんに汚いというだけではなく、ストレスや想念を吸い込んで、そして発散しているのです。
そこにいる人は、その邪気の影響を毎日受けます。

だから、掃除することが大切なのです。
特にあまり普段掃除していないところ、目立たないところには、必ず埃や汚れが溜まっています。
それを掃除機で吸い取り、雑巾で拭きとると、そこに蓄積されていたマイナスの波動がなくなります。
それは部屋の磁場を浄化し、住む人の気持ちを変化させます。

マンションでは、窓ガラスのサッシや格子、ブラインドは汚れが溜まりやすいところです。
その前を通るたびに、蓄積された邪気の影響を受けてることになります。
冷蔵庫の内側、外側、上部も、汚れが付きやすく溜まりやすいところです。
冷蔵庫を使うたびに、蓄積された邪気の影響を受けています。

邪気が溜っているとこはないかと意識しながら、普段見すごしている汚れをきれいにしましょう。
そういうところを掃除をすると、明らかに気分が変わります。

種村トランスパーソナル研究所
心理カウンセラー・種村修
(連絡先)
℡ 090-8051-8198

📨 tanemura1956@gamail.com

コメント