スキップしてメイン コンテンツに移動

命の炎を燃やせ②-心を浄化する(2)



(前回から続く)

3.影の統合

私達は誰でも、「自分はこういうひとだ」という自己概念や、社会的な立場から「私はこういう人間だ」というペルソナ(仮面)と言われるものを持っています。それに合致しない思いは、否定して、なかったことにしてしまおうと無意識的に拒否したり、自分でも受け入れられるような解釈に歪曲してしまいます。

例えば、人を呪詛して呪い殺したいという思いが湧くことがあると、そんな恐ろしい自分を認めたくないので、それは私ではないと意識が否定するのが普通です。でも、殺したいほど人を憎んだことがないかと言われれば、そういえばあの時にそういう思いを出した自分があったと、気が付く場合があります。この場合、人を呪詛する心があるわけです。そういう自分があるということを認めるのが「潔く自分を受け入れる」ということです。これが自分だと認めることができると、それをコントロールしたり、どうしてそう思ったのかという原因を考え、修正し、そういう思いをコントロールすることはできます。

その時に、大切なことは、そういう嫌な自分を発見したら、それによって自分を責めたり、裁いたりしないということです。それは自分がそこから何かを学ぶ為に経験したことであり、そこで学んだ教訓を生かして、過ちを犯さない自分に変わればいいのです。決して裁かない心を持って、そうせざるを得なかった自分自身を受け入れるのです。その時には苦しみや悲しみや、そうせざるを得なかった事情があるはずです。それを受け入れ、丁寧にその時に起きた自分の感情や思考を辿っていくのです。そして、ここから出発しようと自分自身を受け入れるのです。

受け入れるとは肯定や正当化ではありません。自分を振り返り、「そこから何を学んだのですか」と自分に問いかけて、同じ状況が出ても、二度と同じことをしない自分になれるように思考や傾向性を修正するのです。

これを「自分に向き合う」とか「対決」と言います。特に自分自身に特徴的なマイナスの思いは「影」と呼ばれ、心を浄化していくプロセスでは影との対決は避けては通れません。その際に一番難しいのは、その影は自分自身であることを認めて受け入れることなのです。その時に、影は自分にとって必要なエネルギーとして、自分を害さない何かに変化します。これを統合の作業というのですが、影は自分の意識に統合されると、個性を支えるエネルギーとして働くようになります。

 
4.私の体験

以上が自己浄化のプロセスですが、私たちは自分の過去の人生の中で、さまざまに抑圧して封印している思いや行いがあります。

私にはこんな嫌な思い出があります。小学2、3年生ごろだったと思うのですが、学年が一年上の隣の男の子と一緒に、野良犬が産んだ赤ちゃんの犬をかわいがっていました。本当は飼いたいと思ったのですが、親には絶対にダメだと言われていました。その日は水田の水が表面が凍るほど寒い日でした。私とその友人は、子犬を持て余しました。どこまでもついてきて離れようとしないからです。困ってしまって、氷の張っている水田に子犬を投げ込みました。するとその子犬は悲しそうに鳴きながら私たちのいる土手に戻ってくるのです。パニックになって、その子犬を何度も何度も水田に投げ込んで、結局寒さと疲労と、投げつけられた衝撃でぐったり来て、死んでしまいました。私たちは、さらにパニックになり、その子犬を近所の家の片隅に横たえて逃げました。途中で、その家の人に呼び止められたのですが、しらを切って逃げました。

私はこの体験をずっと封印してきました。しかし、何度も何度も思い出されるのです。そこで私は潔く受け入れることにしました。そして告白しました。

「私は冷血漢で、自分本位で、動物虐待するような心が確かにありました。自分が飼えないのになついてくる子犬を持て余して、殺してしまうような残酷で自分本位の心がありました。それをすごく後悔しています。」そう告白できました。

その時に、私はやっと自分がこの記憶から解放されたことを知りました。子犬が生き返って、しっぽを振りながら嬉しそうに私にじゃれてくるのをイメージできるようになりました。それと同時に私は気が付きました。「虐待そのものは、もうその後していないかもしれない。しかし、自分の都合で家内を無視して仕事ばかりして孤独な思いをさせたりして、自分本位の冷血漢な自分があった」と気が付いたのです。そして同じことをしないように、戒めるようになりました。

こうした作業を、一つ一つしていったときに、私たちの心は浄化され、軽く清らかとなり、本当の自己ともつながりが回復できるようになります。そして自分自身を受け入れ、愛することができるようになるのです。(種村)

<連絡先>
種村トランスパーソナル研究所
所長兼心理カウンセラー 種村修
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

 

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…