スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

丹田を動かす生活

個性的で、自分らしい自分を、日々生きるようになるには、丹田を動かす生活をすることが必要です。これは意識して心がけているとできることです。
丹田が動いているか、まったく動いていないかは、立ち方、歩き方にも違いが出ます。 歳を取ると、知らず知らずのうちに、お腹を前に突きだすような立ち方をしている時があります。 この姿勢は大変悪く、だらっとして、下腹部に力が入っていません。 この姿勢の問題点は、壁に背中をつけてみるとすぐわかります。壁からおしりと腰が離れてしまっているのです。 丹田を意識して下腹部に力を入れると、まっすぐに立てます。壁に腰もくっつきます。 姿勢を直す時、腰が少し痛く感じます。腰の筋力が落ちている証拠です。 姿勢を正しくすることで、腰や背中の筋力も鍛えられるのだと思います。
これは歩くときにも言えることで、顔や腹を突きだすのではなく、胸を張ってあるかないと膝(ひざ)を痛めます。 丹田がある下腹部に力が入っていない歩きかただと、顔が前に出て、同時にお腹も前に出ています。これは非常に悪い姿勢で、ひざに負担がかかるのです。 歩くときは下腹部に力を入れて、胸を張って歩きます。 歩くことだけに専念して30分も歩くと、冬でも汗ばんできます。 新陳代謝がよくなり、足腰の筋力も増し、健康が増進します。
歌を歌ったり、声を出してお祈りをしたりするときも、丹田を動かすことが大事です。 喉だけで声を出しているのと、下腹部に力が入って肚から声を出すのとでは、声の響きが異なります。 肚から声を出すには腹筋を鍛えることが不可欠で、下腹部を使うことが必要です。
肚をつくることの大事さを、日本人は文化として継承してきました。 相撲での四股を踏む気迫のこもった姿や、弓道で弓を射る美しい姿は、丹田が動いている姿です。 ほどよい緊張感の中に全身のエネルギーが動いている状態です。
自分らしく生きるためには、全身のエネルギーがほどよく発揮されている状態が必要で、それには丹田を動かす生活が必要となるのです。
最近の投稿

価値観の偏りの修正

私が自分を振り返ったとき、一つの価値観の偏りがあると思いました。 私には「頭で考えすぎる」癖がありました。 それと並行して心を軽視して、さらに行動を軽視していたのです。
頭で考えることと、心がとらえていることに気づくのは大きく違います。 自分の丹田がどうとらえているかを把握することが、本当の意味で心でとらえるということです。それは思考ではなく直感の働きです。
心の働きを強めるには、相手の立場や、さらに上位の方の立場で思いを巡らせるということが必要になります。 後者でいうと日本の場合には、神道の神の立場でどう考えるかという見方があります。
その立場からみれば、この世の成功に目が向きすぎて心の成長に真剣ではないなら、どれほど熱心に仕事をしていても、怠けだと見えると思います。
心の成長に真剣であるとは、一つにはこういうことです。
神様に、あるいは自分の心に問いかける質問として、「成功するにはどうしたらいいか」と問うのでは、心不在です。 「もう一段バージョンアップしたいができないのでどうしたらいいでしょうか」と問い掛けるとしたら、これは心の成長を含めた問いかけになります。
神社で導きをお願いするときには、さらに注意することがあるように感じます。 神道の神様は私たちの覚悟を問われるということです。
ここでは「神様は」、という言い方をしましたが、本当に成長しようとして導きを求めるのなら、どなたであれ覚悟を見られると思います。その覚悟に応じて指導をいただけると思います。その相手が神様なら、より真剣なものが求められると思います。
覚悟は何処で見るのでしょうか。それは行動です。導きを受けた時、それを本気で実行しているか、いい加減にしているかで、覚悟がわかります。行動しない自分に、それ以上の導きは来ないと覚悟するべきだと思います。
この機微を分かりやすく伝えてくれるのが、わらしべ長者の昔話です。わらしべ長者は観音様に祈ったところ、観音様は「最初に手にしたものを大切にせよ」と、声なき声で心に伝えてこられました。それを素直に信じて最初に手にした一本のわらしべでした。これを大切にすることで運命が開けたというのがこのお話です。
さて、私はこう気付いてから、頭で考えて知恵を得ることが尊いという価値観には距離を置き、行動して自分を変えていく努力こそ尊いという価値観に変えようとしてきました。そして、加えて丹田の意思をしっかり感じ…

固まるエネルギーと固まらないエネルギー

私たちが生き生きとしている状態は、エネルギーが固まらないで流動している状態にあります。いのちが躍動する生き生きした状態であり、自分らしさが発揮されています。エネルギーがさらさらと健やかに流動しています。
これに対して、思いが一点に固定して固まっている状態は、エネルギーが固まっています。固まることが一番わかりやすいのは、うつの時です。怒りが収まらなくて、身体がぶるぶる震えている時も、エネルギーは固まっています。
固まらないエネルギーには「否定」がありません。 固まらないエネルギーは「否定」はゼロです。
そこに恐怖や恨みなどが入ると、否定が生じます。 固まる時は、ひとつのことに捉われているので、他を否定していきます。 恐怖する対象や恨む対象を否定しています。
何かに強く捉われると、通常は人は固まります。 否定が入っているので固まります。
そしてとても人間臭い考え方になります。 本来私たちの個性のエネルギーは、大きな自然や星のエネルギーの一部であり、人間の枠を超えているのではないかと思います。
すべてを肯定した捉われならば、それは自分の個性が発揮されている状態です。 否定がないからです。 何かを実現したいという強い情熱からうまれた捉われであれば、そういうことがあると思います。
固まっている時、自分がなにを否定しているか点検するとよいと思います。 そしてそれを肯定に変える努力をします。 肯定する努力は、また項を改めて書いてみたいと思います。
種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー) 電話 090-8051-8198(午前8時30分~11時) メール tanemura1956@gmail.com

のりうつりを取る方法

のりうつりが憑いているのは、人間の成長という観点から見ると、一つのサインと見ることが可能です。 自分が変わるべきところがあると教えてくれています。 それを気づかせてくれるサインです。
憑いている相手の心を理解した時に、相手は変りはじめ、やがて離れていきます。 もし不浄仏霊が憑いているとすると、不浄仏霊がなぜそうなっているのかを理解すると、相手は離れていきます。
不浄仏霊というのは固まったエネルギーです。 執着のある状態で思いが固まっていて自由に変化できない状態です。
固まるには固まる事情があります。 彼らは通常は肉体に入らないとなかなか変われない事情があるようです。 だから憑依とかのりうつりという現象が起きているようです。
これは裏返すと、肉体を持っている私たちは、一番変化しやすい状態にあるということです。 色心不二なので、栄養や生活習慣を変えていくことでも、心の変化を引き起こせます。 これは大変ありがたい機会であると思います。
この非常仏霊の成仏という問題を文学で解明した作品に、宮部みゆきの『あかんべえ』が非常に優れていると思います。 この小説は大変深い洞察が書かれていると思います。 この小説で印象的なのは、霊が見えるという人には、その霊と同じ心の状態や体験があるという洞察でした。同じ心の状態があるので、見えるだけでなく、憑依されてもいます。
不浄仏霊に憑かれている側は、ある意味でその不浄仏霊の生きていた時と同じような心の状態にあります。 その状態を自覚して、自分を変えることができると、自分が未来に不浄仏霊にならないのはもちろんですが、憑いている不浄仏霊が変化して成長していきます。 もちろん憑依状態は解消されます。
憑いている不浄仏霊を力づくで切り離しても、それだけでは何も解決しません。 憑かれている人も、憑いている霊も、どちらも変化しないからです。

丹田が動かない時

丹田が動くときというのは、自分が本来の自分である時です。 自分のエネルギー正しく発揮されている状態は、丹田が動いています。 丹田が十分動いている時は、個性が正しく発揮されている状態であり、のりうつりを退けることができます。
だからのりうつりの影響が出てくるときは、丹田の動きがにぶくなってきているときです。 のりうつりがあっても、「自分を変えればとれる」と思っている時は、丹田がまだ動いています。 しかし、「のりうつりが取れれば自分は変われる」に変わった瞬間は、丹田が動きを止めています。
自分を変える」には、自分の主体的な意思があります。 しかし、「のりうつりが取れれば変われる」というのは、主体性が損なわれ依存に傾いています。同時にのりうつりよりも自分が弱い立場になっています。 つまり、自分の主体性を損ない自己信頼を損なっています。 これこそがのりうつりの影響をもろに受けている証拠です。 要するに丹田の動きが止まり、別のエネルギーに支配されている状態になっているのです。
のりうつり対策では、まず、自分を変えていくことが重要です。 また丹田を動かすすべを体得することで、防御力が向上できます。
種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー) 電話 090-8051-8198(午前8時30分~11時) メール tanemura1956@gmail.com

頭でっかち

私はかつて、頭で理解できればすぐにすぐに実践できると思っていました。 だから知識を重んじ、思考を重んじ、どれだけ知っているかが勝負だと思っていました。 これが今回のテーマの「頭でっかち」です。
しかし、今しみじみ感じていることは、自分で何度も繰り返し繰り返し体験して、その果てにやっとつかめるものが、本当に価値あるものだということです。
心でつかむ真実は、体験しないと、実は何もわかりません。 本当に身につくのは、繰り返し体験してやっとつかめたものです。
知識だけでわかったと思うのは錯覚で、それでは身につかないので簡単に忘れます。どれだけ頭で考えても実際の行動が伴いません。 「こうすれば幸福感が増える」と知識で知っても、それを実践して体験していない以上は、幸福感は感じとれません。 知識だけでは人間としての成長もありません。
このことが少しずつわかり始めると、まず実践し、体験し、繰り返していく中で、しっかりと感じ取ろうとし、そこで気づいたことを大切にしていくようになります。 こうするときに地に足の着いた成長が始まります。 それは実感できるものです。
頭で理解するときに使っているのは、首から上のエネルギーだけです。 しかし、体験して感じ取り気付くときは、全身のエネルギーを使っています。 頭だけ使うより全身を使うエネルギーの方が圧倒的に大きいです。 大きなエネルギーを使ってつかみ取ったものの方が、小さなエネルギーを使ってつかんだものより、より確かで深いのは当然だと思います。
種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー) 電話 090-8051-8198(午前8時30分~11時)

洗脳を解くために

洗脳ということは宗教団体で多く見られることですが、大手のマスコミでも意図的なフェイクニュースで読者を洗脳しようとする傾向が顕著なので、広い意味で洗脳を受けている人は意外に多いのです。
洗脳を解除して自分の人生を取り戻すためには、そこが間違っていたと気づいて離れるだけでは十分とは言え得ません。宗教団体に入って洗脳されていたと気づき、脱会したとしても、それですべての問題が片付いたわけではないからです。
ある団体の信者になっていた人は、なぜそこに入ったのでしょうか。それが問題です。その根っこの部分が変わらないと、脱会しても心は信者の時のままです。 ある団体に共鳴して入ったということは、もともと持っていた欲がそこに入ることでより出やすい状態になっていたのです。自分の欲があぶりだされて自覚しやすい状態になっていたのです。いいかえると、自分の欲を自覚するための経験であったと言えます。
ですから、自分の持っている欲、そこに入ることでより顕著になった欲とは何か。それを見極めることが一番大事です。 次には、それは何処から来ているのか。用の発生原因を知ることです。 どこから来た欲化が自覚できると、変化が起きてきます。 それを見つめて気づきを得、心が変わることが、「心の脱会」のためには必要だと思います。
この時に大切なことは、ありのままの自分を見つめ、そういう自分があることを認めて受け入れることです。認めて受け入れないと、自分を変えることもできません。これは非常に勇気がいることです。潔さも必要です。
選民思想を植え付ける宗教は、往々にして伝道意欲が盛んで、入信することで自分は特別だという意識を植え付けます。
しかし、その団体に入ることで自分が特別な価値を持ったという意識は、その団体を離れると価値がはく奪されることを意味します。要するに自分の価値をその団体に依存するのです。 観方をかえると、その団体に帰属する以前の自分は価値がなかったという意識の裏返しです。自分の価値に自信がないので、その団体に入ることで知分に価値があると言い聞かせて、自分を欺いていたのではないでしょうか。そして人よりも上に立ったと思いこみ、上から目線で世間を見て、優越感に浸っていたのではないでしょうか。それは自分の個性の価値をみいだせていない劣等感の裏返しに過ぎません。
自分の価値は、もともと持っている個性にあり、その個性は根源的な存在につな…