スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

丹田を動かすために①・・・他人の念の影響への対処法

丹念を動かなくなった仕組みがわかれば、それを一つ一つチェックして取り除くと、丹田が再び動くようになります。
すると丹田を動かすためにまずすることは、「他人の念を受けているのに気が付かない」ことがないかどうかチェックすることです。 悩みの相談をうけて誰かが頼ってこられた時は、その人のエネルギーがくることが少なくありません。誰かに思いを強く寄せられてもエネルギーが来ます。誰かに恨まれてもきます。こういう時、恨みの念が来ているという言い方をすることもあります。
お葬式に出て、急に体が重くなったという経験は、多くの人が経験しています。火葬場に行くと、さらにてきめんです。こういう場合は、死者のエネルギーがくっついてきている場合が少なくありません。葬儀を出した人だけではなく、その場に滞留していた死者の霊がのりうつることもあるのです。
それとは別に、先祖に不遇な死に方をした方がいる場合、子孫がその影響を受けて家運が傾くこともあります。これも死者のエネルギーが影響しています。
これらの話は、世間で経験している人が多い出来ごとです。肉眼には見えなくて感じるだけですし、敏感に感じる人とあまり感じない人がいます。だから信じる人はその経験を確信しているのですが、感じず信じない人は頭から否定します。そういう難しさがあります。
ともあれ、生きている人や死者のべつはありますが、誰かのエネルギーに影響され思考や体調が影響を受けることはよくあることです。
丹田が動くというのは、自らの深層潜在意識との交流ができる状態です。またユングが唱えている集合的無意識の世界との交流ができる状態だと思います。自分の内にある目に見えないエネルギー源(潜在意識)からエネルギーの供給を受けるので元気になりますし、直感が鋭くなります。
ですから丹田が動かない状態では、そういうエネルギーが得られないので他から奪うかもしくは食料などで物質的に補給するしかなくなります。また直感が働かないので本質が見抜きにくくなったり、勘の冴えがなくなります。 体が重かったり、頭が痛かったり、朝が起きづらかったりします。 つまりのりうつりの有無は、心身の状態である程度正確に感じとることができるものなのです。
さて、他人の念を感じたときにそれを取り除く方法には、大きく二つあると思います。
ここで大事なことを申し上げたいのですが、大前提として、何が来ているのかに気づくとい…
最近の投稿

丹田が止まるとき

丹田というのは現代の私たちには分かりにくいものですが、心を統御する実践にはおいてはとても大切かつ有効なものです。
丹田呼吸法という呼吸法がありますが、これは下腹部を動かして行う呼吸法のことです。丹田呼吸をすると心身のエネルギーが増進するとともに、心が平安になり、自分を見つめるのにふさわしい状態になります。
おへその下数センチのところに丹田があると言われています。ここには人間のエネルギーの中枢があると考えられています。人間にはこのほかに心臓のあたりにある中枢(中丹ともいいます)と、額の真ん中にある中枢(上丹といいます)の3つがあると言われています。そのうち一番中心になるのは下腹部にある丹田(下丹ですが通常「丹田」という場合はここをさします)です。
実際に丹田を動かしつつ、同時に思考を鎮める努力をしていると、本質を見抜く直感が働きやすくなることに気づきます。直感が働くということは、深層潜在意識の働きが活発になり、さらに奥にある自分の根源部分までもが活性化することだと考えてよいと思います。
声楽家が肚から声を出す時には丹田を動かしています。弓道で的確に的を射る時も丹田を使っています。おそらくアスリートで傑出した成果を出す方は、無意識にでも丹田を動かしているのではないでしょうか。
わかりやすい例は、人がお腹を抱えて笑う時です。この時は丹田が動いています。笑っている人は朗らかで全身が開放されて、おおらかになり生き生きとしてきます。自然治癒力も活発に働くと言われています。これは丹田が動くとき、その人にとってのエネルギーレベルが非常に高い状態になっているからではないでしょうか。
さて、そうした重要な丹田ですが、丹田が動かなくなることがしばしばあるのです。
丹田が動かなくなる代表的なケースを3つ挙げてみます。
一つ目は、他人の念の影響を受けているのに気が付かないでいる場合です。これはのりうつりの影響を受けている時でもあります。この場合は、のりうつりの影響を受け始めてからじんわりと丹田の動きが止まっていくようです。
二つ目は、恐怖心が湧いた時です。恐怖心が湧くと、ぴたっと丹田の動きは止まります。
三つめが逃避です。これは現実の苦難や問題から目をそらせて逃げている状態です。多くの場合、逃避では自分を小さく矮小化して見ており、自己否定の心理がその奥にあります。
うつの時はこの全部が当てはまります。うつの人を…

信仰と祈り

私にとっての信仰とは、自分の生命の根源には大宇宙を生み出した巨大なエネルギーの躍動があり、私は深いところで常に根源とつながっているという確信です。その根源のエネルギーが膨大な多様な輝きを放っている、その一筋が私という個性だと信じています。
私は体験から二つのイメージを信念の核にもっています。
一つ目のイメージは、私のいのちは大宇宙のすべての存在とつながっていて孤独はないということです。森羅万象すべてとつながっているとありありと実感した瞬間があり、それ以来この信念は消えません。その瞬間はクリアで平静で安らぎと安心に満ちていました。これが私のいのちの本来の在り方であると実感したのです。
この経験をする以前に、中学生の頃、自然を見て自然との一体感を味わったことがあります。この時は目の前の自然とのつながりをリアルに感じたのですが、ものすごい幸福感、歓喜を味わいました。
もう一つのイメージは、太陽から放たれた一筋の光線が自分だというイメージです。根源のエネルギーが分化し個性化した存在が個性だと感じました。 しかも過去に放たれた光線ではなく、今なお太陽から放たれ続けていると感じました。自分の個性はただいま現在、根源と一体であるだけでなく、同時にすべての存在が根源から放たれている光だというイメージを経験したのです。そこで謙虚さと自己信頼をあわせもつ心境を味わいました。
こうしたささやかな個人的な体験を下地にして、私は冒頭に述べた信念を有しています。
私はこの正月に、地元の神社にお参りしました。近くに3つの神社があるので、それぞれに初詣させていただきました。また先日は足を延ばして有名な神社へお参りしました。
こうした神社の神様は、人間に比してはるかに尊い存在として大宇宙の根源の心を体現されている存在だと仰いでいます。そして日本を太古のいにしえから導いてくださった存在であると敬っております。またその地域の自然と一体となったエネルギーでもあるように思います。
神社でどんな内容を祈らせていただくかで、年末にハッと気づかされたことがありました。
私は大みそかの日に自宅でささやかにお餅をついたのです。そのお餅を自宅の神棚に捧げました。 その時にふっと「人間心を通すために神に祈るのはおかしい」という思いが湧きました。「神様の御心を実現するために自分の個性があるので、神のみ心を実現するために努力します、との趣旨を祈…

怠惰について

怠惰とは何かと追究すると、「個性が働かない状態」が「怠惰」であると定義できると思います。 個性はその人らしさであり、個性が働くとはその人らしいエネルギーが生き生きと動いている状態です。それが停止する状態が怠惰だと言ってよいと思うのです。
この意味で怠惰とは、言葉を換えると「固まっている状態」を意味します。 固まるとは、その人が自分らしくない状態で固定して変化しなくなることです。 現実には動作が鈍くなり動けない状態になる場合が多いと思います。一番わかりやすいのは、うつの時です。うつの自分を見ると、本当に固まって動きを止めています。
体が動きまわっていても、その人らしさが消えて、その状態がずっと続く場合も固まっているといえます。個性が発揮されていないので、これも怠惰の一種です。肉体が動き回っていても本来のその人らしさが止まっているなら怠惰な状態だと言えると思います。
その人らしさの源泉は実は丹田にあります。 丹田が動くことがその人の個性のエネルギーが動くときです。
うつの時は丹田が動きを止めて、停止しているのではないでしょうか。 誰かのエネルギーののりうつりを受けている時も、その人らしさが決定的に損なわれていますので、やはり丹田は動いていません。
こういうときは丹田の部分に別のエネルギーが入り込んでいるように感じることもあります。まるでヤドカリです。貝の本体が追い出された後に、ヤドカリがそこを住まいに入り込んでいる状態です。
人生では大変ショッキングなことがあると、引きこもって動きたくなくなる時もあります。大病で入院する時もそうです。病気で肉体が苦しい反面、現実から逃避できるのでほっとする気持ちが起きる時があります。
こういう人は、怠惰に罪悪感を持っていることが少なくありません。 自分が怠惰になることを許せないのですが、肉体が苦しんでいると、怠惰になる口実ができます。周囲への口実でもあるのですが、一番は自分が怠惰になることを許すための口実です。病気にでもならなければ長く休むことを自分に許さないタイプの人は少なくありません。
こういう人ほど、「怠惰になりたい自分」を否定せずに認めてあげることが必要です。 そうしないと頑張りすぎて、肉体を壊すところまでやりすぎてしまいます。 人生には休憩する時も必要です。じっとしてエネルギーが回復するのを待つ時期も必要です。そのときに「怠けたい、怠惰になりたい」と思うこ…

焦りについて

焦りが起きている時は、自分を見失っている時だと思います。 本来の自己からずれている。 焦っているのはそういう時だと思うのです。
焦っている自分を見つめてみると、その時にもっぱら忙しく動いているのは思考であることに気づきます。
未来を考えて追いつかずに遅れていることにネガティブになっている。 過去を考えて、こういう自分になった過去を悔やんで否定している。 人と比較して劣っている自分、遅れている自分を否定している。
全部思考の働きです。思考は未来に行ったり過去に戻ったり、他人とくらべたり、目標と現実とのギャップを考えたりと、忙しく動き回ります。 その頭脳の動きが、「いま、ここ」を感じなくさせていることに気づきます。
いま、ここにある自分が、いまここで何を感じ取っているのか。 焦っている状態だと、それに意識が向いていないこと気づきます。 ゆえに自分の心が、いまここで何を映し出しているのかに気づきません。 大事なことが観えなくなっているのです。 これが焦っている自分の姿です。
忙しくあちこち動き回る思考の働きをいったん中断し、いまここに集中して感じる訓練が私には必要だと、気づかされた次第です。 いまここに集中し、自分の心が何を映し出し、何を感じ取っているのか、それに注意を向ける努力こそが、焦りでずれた自分を元に戻すことではないでしょうか。
種村修 <連絡先> 電話 090-8051-8198
メール tanemura1956@gmail.com

自己否定の氷を溶かす⑦

「自己否定の氷を溶かす」の連載はここで最終回となります。
今回は、自己否定の氷(トラウマ)を抱えている人の話を聴かせていただくとき、聴き手がもつべき心構えを述べたいと思います。
まず自己否定のきっかけとなった苦くて(にがくて)酸っぱい体験を否定したり拒絶してはいけません。その方が、いやな経験をした時の感情を思い出し味わうことによって、その苦さや酸っぱさは甘さに変わることを知っている必要があります。それを避けては成長はありません。それが向き合い味わうということです。
トラウマ経験を思い出すことは、時には症状が悪化するように見える場合もあります。 しかし、トラウマ体験そのものではなく、その時の自分の感情に焦点を当てて見つめ味わってもらうのです。誰が悪いとかではなく、その時に感じていた気持ちを思い出し味わうのです。 そしてその奥にあるもの(感情や気持ち、もしくは信念)を探るのです。それが成長につながっていきます。
そういうことを理解し聴くことが、まず聴き手にとっては必要です。苦くて酸っぱい体験に同情し、それを表面的に慰めても、それだけではその方の成長にはつながりません。

同時に、自己否定する以前にもっていた純粋な気持ちを思い出し、それを大切にすることが必要です。結果が悪くても、動機が純粋な場合は、その動機まで否定してはいけません。自己否定する前の純粋な気持ちは肯定するべきものです。
二つ目には、その方の過去現在未来のすべてのエネルギーを観て、その方の可能性や成長を信じて、一緒にそこにいる(存在する)ことが必要です。つまり苦しんでいるその人の現在を見るだけではなく、ずっとさかのぼった過去から、永遠の未来のその人のエネルギーに目を向けて、その人が変化し成長し輝く可能性を信じてそこに居るということです。
そこに居るというのは、気持ちが寄り添っているという意味です。
それによって相手の方の「自分を信じる心」にエネルギーを送ることができます。その人の「自分を信じる心」が、その人の成長を促し、氷を溶かします。
三番目に、決して焦らないで待つということです。これは非常に難しいことです。
聴き手は、ともすれば時間を区切って結果を出したいと焦るものです。それはその人の為と言い訳しがちですが、実は自分がその状態をいつまでも見ているのがつらいから、早く結果を出したいのかもしれません。あるいは自分が関わることで結果が…

自己否定の氷を溶かす⑥

自己否定の氷を溶かすには、自己否定の核にある強い思い込みを転換する必要があります。これがないと最終的に氷が溶けません。 自己否定が自己肯定に転ずるには、思い込みを突き崩して考えを変える必要があります。
人を助けたいと思ったのに、それがかなわずむしろ相手を苦しめたと信じて自己否定した人にとっては、自分の動機を肯定する必要があります。
人のためになしたことであれば、自分に誇りを持つべきです。
良かれと思い相手のためにと思ってなしたのであれば、それは素晴らしいことです。そういう自分を肯定し、自分に誇りを持つべきです。
単純に結果により、その人の反応によって傷ついてはならないと思います。 「人のために」という思いでなしたのに、その結果をみて為したことが間違いであったと自己否定してはならないと思います
人のために尽くしてそこまで自己否定するという人は、きっと情の深い人でしょう。情が深い人が、その情を否定して自己否定で固まって氷になったのではないでしょうか。 感情が豊かな人が、その感情を否定したなら、自分自身を否定することになります。
この自己否定は、結果をみての自己否定でした。 これに対しては、時間の尺度をもっと長く持つが必要があるのではないでしょうか。 確かにある時期、とても苦しい状況が出たかもしれません。しかしそれは永遠の魂の歴史の中ではどうだったでしょうか。その経験があることでその魂の成長が促される側面があるのではないでしょうか。 そういう可能性をしっかり考えておく必要があると思います。
このケースでの思い込みの転換のポイントは、次の3点です。 ①人を救おうとした自分に誇りを持て。動機を肯定せよ。 ②情を否定するな。 ③時間を区切るな。相手を傷つけたと思いすぎるな。
一般的には、他人の反応によって傷つく場合には、三つの特徴があると思います。
一つは、相手がよくなることを期待しすぎている時です。 期待するとその期待を裏切られたときに、自己否定に陥りがちです。期待しないということは難しいのですが、やはり最善を尽しても期待通りに行くことも行かないこともあります。その現実を受け入れて、同時に自分自身を受け入れることが必要です。
二つ目は、自分の手で変えようとし過ぎている時です。 人が変わるのは、さまざまな要素があってのことです。特にその人自身の心が一番大事です。自分の手で変えようとし過ぎる思いは、やはり傲慢かもしれ…