スキップしてメイン コンテンツに移動

怠惰について



怠惰とは何かと追究すると、「個性が働かない状態」が「怠惰」であると定義できると思います。
個性はその人らしさであり、個性が働くとはその人らしいエネルギーが生き生きと動いている状態です。それが停止する状態が怠惰だと言ってよいと思うのです。

この意味で怠惰とは、言葉を換えると「固まっている状態」を意味します。
固まるとは、その人が自分らしくない状態で固定して変化しなくなることです。
現実には動作が鈍くなり動けない状態になる場合が多いと思います。一番わかりやすいのは、うつの時です。うつの自分を見ると、本当に固まって動きを止めています。

体が動きまわっていても、その人らしさが消えて、その状態がずっと続く場合も固まっているといえます。個性が発揮されていないので、これも怠惰の一種です。肉体が動き回っていても本来のその人らしさが止まっているなら怠惰な状態だと言えると思います。

その人らしさの源泉は実は丹田にあります。
丹田が動くことがその人の個性のエネルギーが動くときです。

うつの時は丹田が動きを止めて、停止しているのではないでしょうか。
誰かのエネルギーののりうつりを受けている時も、その人らしさが決定的に損なわれていますので、やはり丹田は動いていません。

こういうときは丹田の部分に別のエネルギーが入り込んでいるように感じることもあります。まるでヤドカリです。貝の本体が追い出された後に、ヤドカリがそこを住まいに入り込んでいる状態です。

人生では大変ショッキングなことがあると、引きこもって動きたくなくなる時もあります。大病で入院する時もそうです。病気で肉体が苦しい反面、現実から逃避できるのでほっとする気持ちが起きる時があります。

こういう人は、怠惰に罪悪感を持っていることが少なくありません。
自分が怠惰になることを許せないのですが、肉体が苦しんでいると、怠惰になる口実ができます。周囲への口実でもあるのですが、一番は自分が怠惰になることを許すための口実です。病気にでもならなければ長く休むことを自分に許さないタイプの人は少なくありません。

こういう人ほど、「怠惰になりたい自分」を否定せずに認めてあげることが必要です。
そうしないと頑張りすぎて、肉体を壊すところまでやりすぎてしまいます。
人生には休憩する時も必要です。じっとしてエネルギーが回復するのを待つ時期も必要です。そのときに「怠けたい、怠惰になりたい」と思うことは、罪悪ではありません。一種の安全装置が働いているのです。

こういう時、心の中では二つの自分が戦っているのかもしれません。

一つの自分は、自分が怠惰になることを許さない自分です。
この自分は、人が怠惰にしていることも許しませんが、実は人を裁く前に自分自身を裁いています。自分が怠惰になることを許さないということは、本当はゆっくりと休みたかったのに事情があって少しも休むことが許されない経験があったのではないでしょうか。そうやって自分を鞭うたねばならない経験をしているのではないでしょうか。
たとえば地震災害の人命救出の当事者になった時など、そういう思いをもつことはやむを得ないと思います。今世ではなくても過去世でそういう人生を経験すると、深層潜在意識の中に怠惰を許さない意識が生まれると思います。

もう一人の自分は、個性を発揮しすぎて傷ついたりダウンした経験があって、もう動きたくない、止まっていたいと思う自分です。この自分は傷つきを抱えていることが多いと思います。

こうした二つの自分がいる場合、前者の自分が後者の自分を否定し裁きます。何故裁くのかというと、前者の自分が、「自分が怠惰になることは許されない」「怠惰になる自分を許せない」という気持ちを持っているからです。本当は怠惰になりたいという欲求があるのにそれを否定している姿です。
この人はそういう自分の本音を抑圧しているので、自分の本音に気付いていないのかもしれません。
たとえば「早く片付けたい、人より早く処理したい」と思うのは、本当は「早くやってしまってゆっくりだらっとしたい」という気持ちが奥に働いていることがあります。その本音に気づかないで、いつも張りつめているのです。

個性を発揮して働き過ぎていて、その裏側で「怠惰になりたいという気持ち」を抑圧している場合は、怠惰になりたい自分を認めてあげて、集中的に怠惰になり心身を休めることも必要です。怠惰になりたいという欲求が起きるのは、これは心身の安全装置だと考える必要があるからです。

逆に、怠惰のまま丹田が動かなくなり、個性が発揮できない状態が続いているのであれば、丹田を動かす努力が必要です。個性が発揮できずに時間だけが過ぎていくのは、実はとんでもない苦痛のはずです。

おそらく何かから逃げているのではないでしょうか。
だとすると自分が向き合いたくない現実と真正面から向き合う勇気を発揮することが必要になります。自分を変えるには、まず行動することが必要です。行動し、向き合った時に、個性のエネルギーが働き始め、自分らしさを取り戻せるのです。

種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー)
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…