スキップしてメイン コンテンツに移動

丹田を動かすために①・・・他人の念の影響への対処法



丹念を動かなくなった仕組みがわかれば、それを一つ一つチェックして取り除くと、丹田が再び動くようになります。

すると丹田を動かすためにまずすることは、「他人の念を受けているのに気が付かない」ことがないかどうかチェックすることです。
悩みの相談をうけて誰かが頼ってこられた時は、その人のエネルギーがくることが少なくありません。誰かに思いを強く寄せられてもエネルギーが来ます。誰かに恨まれてもきます。こういう時、恨みの念が来ているという言い方をすることもあります。

お葬式に出て、急に体が重くなったという経験は、多くの人が経験しています。火葬場に行くと、さらにてきめんです。こういう場合は、死者のエネルギーがくっついてきている場合が少なくありません。葬儀を出した人だけではなく、その場に滞留していた死者の霊がのりうつることもあるのです。

それとは別に、先祖に不遇な死に方をした方がいる場合、子孫がその影響を受けて家運が傾くこともあります。これも死者のエネルギーが影響しています。

これらの話は、世間で経験している人が多い出来ごとです。肉眼には見えなくて感じるだけですし、敏感に感じる人とあまり感じない人がいます。だから信じる人はその経験を確信しているのですが、感じず信じない人は頭から否定します。そういう難しさがあります。

ともあれ、生きている人や死者のべつはありますが、誰かのエネルギーに影響され思考や体調が影響を受けることはよくあることです。

丹田が動くというのは、自らの深層潜在意識との交流ができる状態です。またユングが唱えている集合的無意識の世界との交流ができる状態だと思います。自分の内にある目に見えないエネルギー源(潜在意識)からエネルギーの供給を受けるので元気になりますし、直感が鋭くなります。

ですから丹田が動かない状態では、そういうエネルギーが得られないので他から奪うかもしくは食料などで物質的に補給するしかなくなります。また直感が働かないので本質が見抜きにくくなったり、勘の冴えがなくなります。
体が重かったり、頭が痛かったり、朝が起きづらかったりします。
つまりのりうつりの有無は、心身の状態である程度正確に感じとることができるものなのです。

さて、他人の念を感じたときにそれを取り除く方法には、大きく二つあると思います。

ここで大事なことを申し上げたいのですが、大前提として、何が来ているのかに気づくということが最も重要です。つまり見抜くことです。これがないと飲み込まれていくからです。

だれだれの念が来ているな、その理由はこういうことかなと思えば、そのエネルギーに対して、「誰誰さん、どうか私から離れてください」と心の中で話しかけるといいと思います。自分がそういう念の影響を受けないぞ、離れてくださいと、きっぱりと決意すると、通常は離れていくものです。
くっついていた側からすると、何か理由があってくっついていたのだと思いますので、存在に気づいてもらいたい、理解されたいと思っていたのが叶ったので退いていったとも言えると思います。

恨みや怒りの念が来ている時は、これだけでは離れにくいと思います。憎しみ恨み、怒りをぶつけているわけですので、少しやっかいです。相手のそういう念を受ける理由にもよりますが、少なくとも相手の気持ちを汲み取らないと納得してはくれません。たとえ不当な理由に思えても、そう思うには思うだけの相手の理由があるのです。

この場合、もし恨まれる側に原因がある時は、それをしっかりと反省することが必要になります。そのうえで謝るべきはあやまることです。心の中で謝るだけでもいいと思います。そして間違いに気づかせていただいたことに感謝することができれば一番よいと思います。

そういう原因が思いつかないのに恨まれたり、相手の事情で怒りの念が来ているときもあります。こういう時でも、相手の怒りや恨みのさらに奥にある気持ちまで汲みとり見抜くことができると、そのエネルギーは去ります。

これは見抜かれ汲み取られたということで、そのエネルギーが変化するからだと思います。気持ちがおさまるというか、気持ちが変わるのではないでしょうか。

丹田を常に動く状態に保つということは、実際にはなかなか困難なことです。でも丹田を動かさないと本当の自分の状態で生きることができないのです。何割かは自分でも何割かは別の人の意思で動いているというような人生は、誰にとっても好ましくありません。

関連記事「丹田が止まるとき」


種村修(心理カウンセラー・種村トランスパーソナル研究所所長)
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…