スキップしてメイン コンテンツに移動

成長にならないことは起きない


 成長にならないことは起きない。
すべては成長になる。

こういう観点で人生を見ていくと、成功失敗、敗者勝者という枠を超えて、常に自分を成長させる生き方を選べることに気がつきます。
私は40代の時、リストラとそれに伴う激しいうつ状態を経験しました。あまりに自殺衝動が激しいので、大きな病院の精神科医に相談したことも、一度だけありました。
当時は仕事や友人、価値観、それらすべての喪失がうつの引き金となり、自分は人生の敗北者であると思いこみ、自己の全否定をしていました。あの時にあれだけ激しかった自殺への衝動に、よく耐えれたものだと思いました。

そうした経験でも、あの時に生活基盤を失ったから新しい自分をつくることができたと、今は思います。同じ職場にいたら、私の成長は止まり、心は停滞・後退に入っていたとことは疑いないと、そう確信しています。
そして人生の底を打って、そこからはいあがった経験が、自分の強さ、しなやかさを確信させてくれました。だから、どこからでも這い上がり、人生をやり直すことはできるし、新しい成長を常にしてゆけると、私は思います。

この世的に立場や金銭や、いわゆるこの世的な成功というものを価値があると思い過ぎると、この世は持つものと持たざる者に色分けされます。そしてごく一部の成功者と、数多くの敗者に別れると思います。
しかし、成長という基準で考えると、あらゆる人が成長できます。何かを得ても、何かを失っても、常にそれは新しい成長の機会となり得ます

成長するときに、私たちは魂の喜びを得ることができます。それは魂の幸福感として感じ取れるものです。
逆に、停滞は不幸感覚をもたらします。心が成長をやめ、滞り、停滞して後退すると、私たちの目の輝きは消え、頭に蜘蛛の巣が張ったようになり、どんよりとした精神状態になります。心の喜びが消えるので、肉体的な快楽でそれを補おうとしますが、空しさが膨らんでいき、やがて空虚さに耐えられなくなります。

成長する方向にこそ、道があります。
ということは、どんな挫折や喪失であっても、そこから成長する方向を見出し、その経験や環境を成長する糧にしようとし、自分の魂がより成長する方向を人生の選択肢通して選ぶことが、道を切り開くものとなると思います。
それには勇気も必要ですが、成長へと舵を取るならば、道は開けます。

私はリストラに会う前に、そこでの仕事ではこれ以上に成長がなく、過去と同じことの繰り返しだと感じていて、魅力を感じなかった自分がいたことを思い出します。過去と同じだし、過去世とも同じだという思いが湧いて、そこには成長がないと、なぜかそういう思いがよぎっていたのです。
その後、色々なことが起き、職を失い、不況のさなかに放り出されました。嵐の中の暗闇の海に、船から掘り出されたような感じでした。よく生きていられたと、そう思います。

もがきながら、おぼれつつも泳ぐすべを覚えながら、私が経験したのは、新しい経験のなかで魂の成長をもたらすような方向に努力した時は、自分が大きく成長できるし、心の喜びと自己信頼を得ることができるということでした。
今まで経験がない世界に入ることは、ものすごく怖いことだし、リスクもあるのですが、どんな状態であっても今日一日、今日一日を生きていけたし、そこから成長の道が確かにあったのです。

成長にならぬことは起きない。すべては成長につながる。

これは本当にその通りだと思うのです。
もし失敗が成長を妨げることがあるとしたら、失敗したことで自分を卑屈にした時です。自分を卑屈にすると、固まってしまいます。
失敗から学べば成長が始まると捉えると、本当に成長します。固まらずに変化し続けるのです。
矢張り受け止め方こそが、鍵を握ると思います。成長にならないことは起きない、そういう信念をもって人生に臨むと、どんな逆境でも受け止め方が変わります。

<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所では電話カウンセリングやメールによるカウンセリングを行っています。相談してみたいと思われるかたは、遠慮なくご連絡ください。
090-8051-8198 (メール)tanemura1956@gmail.com



コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…