スキップしてメイン コンテンツに移動

自分を変える決意1



私たちは、どうしても自分を変えたいと、強く願う時があります。
何度も不本意な生き方を繰り返してきた自分に嫌気がさし、絶対に変えたいと、そう決意する時です。

自己変革のためには、いくつかの関門があると思います。

その一つは、依存心を取ることです。
これは私自身が気付いたことですので、その時の発見を「依存心は自己変革を妨げる」とブログに書かせていただきました。

誰かに自分を変えてもらいたいと、人任せに願っている間は、絶対に変わりません。その誰かが、神様や仏様でも無理です。ましてセラピストでも宗教家でも無理です。

自分は自分の意志でしか変えることができません。

他人の意志で変えられたとしたら、それはロボット化することを意味します。つまり何ものかにコントロールされ、操られて生きる生き方になるのではないかと思います。

だから、神仏に「何とか変えて下さい」とお頼いしても、「あなたはロボットではない。自分で自分を変えることができる。本気で自分を変えたいと思うのか。それをこそ自らに問え」と、そう言われる気がします。

要するに「変えてください」ではだめであり、「変えます」と本気で思えた時に、変わり始めるのです。(つづく)

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
心や人生の問題のご相談をお受けしています。
連絡先:℡090-8051-8198

メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント