スキップしてメイン コンテンツに移動

夢で心を見つめる④・・・焦りと劣等感



ある人がこんな夢を見ました。

その人は夢の中では、新しい会社で仕事をしています。
日経新聞社が出しているビジネス誌の何ページかが出てきました。
それを見て、文字は読めても内容がさっぱり頭に入らなくて、焦っています。
どのページを見ても、理解できず頭の上辺をかするだけなのです。
自分には新しいこの仕事ができないという劣等感を感じています。

目が覚めて、その時の感情と、その夢の意味を考えました。
感情は焦りと劣等感です。
分からないという焦り、そして分からない自分への劣等感でした。
この人はこれまでの人生で、何度かそういう感情を、ビジネスに関して経験したことがありました。
一生懸命新しいビジネスを学ぼうとするのですが、頭に入ってこないというか、分かったという実感がないのです。
この人は自分はビジネスに向いていないのかと悩んだことがありました。

しかし、本当の問題は、知識から入ろうとしていたことでした。
何でも活字を読んで学ぶことが自分のスタイルだと思っていたのですが、この人の個性はそうではなかったのです。
その証拠に、これまでの人生で予想外にうまくいった時は、いずれも徹底的な実践の中で、コツを身につけていった時でした。
とても難しい仕事でも、体当たりして乗り越えた経験も思い出しました。だから、劣等感を持つ必要はないはずでした。
体で覚えてしまうと理屈は後からくっついてきて理論でも説明できるようになるのですが、最初に理論を見てわかるタイプではなかったのです。

知識偏重で、どんなことでも知識を仕入れておけばできるという思い込みは、この人が以前に働いていたある会社で身につけた固定観念でした。
その証拠に別の会社では、のっぴきならない状況で実践の中に飛び込んでいったときは、色々試行錯誤しながら仕事のコツを身体で覚えるとユニークな成果が出たからです。

それまでは知識がないからわからないという思い込みがあったので、試行錯誤することが怖く、しり込みしていたにすぎなかったのです。

現場を体験せずに知識だけ吸収しようとしても、本当のことが分かるはずがありません。

そうした固定観念に縛られていた時代の感情が残っていて、夢で味わったようです。
夢の意味を考えるうちに、自分の固定観念の間違いにも気が付きました。
この人は自分の本来の個性を縛っていたものを捨てようと思いました。

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
℡:090-8051-8198

[

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…