スキップしてメイン コンテンツに移動

夢で心を見つめる②・・・未練



ある中年の男性が、明け方に見た夢は、自分が勤めていた教育事業の会社を去る時のシーンでした。

男性は、その会社で人を教える仕事をしていたのですが、ついに辞めねばならない時が来ました。後ろ髪を引かれる思いでその組織の長が行うセレモニーに出席するために、左側にあるセレモニーの部屋の方向へ歩いていました。彼はそのセレモニーに行くのが嫌でした。もう一人、一緒に辞めることになった同僚は、さっさとその部屋に行ったのですが、彼は横切った研修施設で一人の若い男性が、研修に来た人の相談に乗り指導している姿を見て立ち止まりました。

夢はそこで終わりです。
目が覚めてから、自分が見た夢の意味は何だろうと考えました。
特にその夢の中でどういう感情が湧いていたのかに注意して、そのときに感じていた感情を味わうことにしました。

辞めたくないという気持ちが強く残って、くすぶっているように感じました。
その理由は、彼が去る間際に眼にした若い男性がしていたことに現れています。
彼はその若い人のように、研修に来た人を指導する仕事をもっと続けたかったという思いを残していたのです。
この感情に名前を付けるとすると・・・、「未練」でした。

「そうか、自分は未練を持っていたのだ。だから、その後の人生でも、何かの機会があると人を指導したがったのは、その未練に引きずられていたのだ。」

彼は、何度となく無意識にとっていた行動の理由に気が付きました。

彼は、この未練を持っていることを認めるのがつらいので、抑圧して忘れて生きてきたのです。だから気がつかなかったのですが、潜在意識にはその抑圧された思いが潜んでいたのです。

そういう「未練」を持っていた自分であったということを、彼は受け入れようと思いました。
不思議なことに、それを受け入れると、二度とそうした夢を見ることはなくなりました。

抑圧した思いは、思い出して味わい、それを受け入れると、静かになってたんなる記憶の一ページに収まってしまします。
すると無意識のうちに意識に働きかけることがなくなります。
こうして、抑圧した思いから徐々に解放されていくのです。

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー・種村修)
お気軽にご相談ください。
<連絡方法>
℡:090-8051-8198

コメント