スキップしてメイン コンテンツに移動

逃避は症状を作ることがある-神経症の発生と克服



逃避への衝動

「現実に直面することから逃げたい」、「自分自身の問題から逃避したい」という衝動は、しばしば襲ってくる強い感情です。でも、逃避は人生の問題を消してはくれません。むしろもっともっと不快な症状を招き寄せます。私の経験では「自分の本当の問題」と向き合うまで、その症状は続きます。

回避性パーソナリティ障害のみならず、さまざまなパーソナリティ障害の奥には、自分の一番核となる問題から逃げたい、目を背けたいという誘惑や衝動があります。この誘惑と衝動に打ち勝って、怖くても自分自身と向き合い対決すると決断した時に、初めて次の段階に進むことができるように感じます。

ユングの経験に学ぶ

この問題を分析心理学の創始者カール・グスタフ・ユングの少年時代の経験を通して学びたいと思います。

ユング少年は、小さいころ苦手で嫌な学科が3つありました。代数はまったく頭脳がうけつけませんでした。体育は苦手で嫌いでした。図画は写生が全くできなくて、教師から見放されていました。だから学校の勉強が苦痛だったようです。

そんなユング12歳の時です。朝の授業が終わり、お昼に一緒に帰るために牧師である父親の管理している教会大聖堂の広場に立っていたユングを、一人の少年が突き倒しました。

少年ユングは一突きされて足を滑らせて、舗道のふちの石でしたたか頭を打って倒れ、ほとんど意識を失わんばかりになりました。その瞬間、「もうお前は学校へ行かなくてもよい」という考えが、自分の心にひらめいたのを感じました。

それ以来、学校の帰り道とか、両親がユング少年に宿題をさせようとするときはいつでも、突然意識を失うという発作を起こすようになりました。この発作のおかげで半年以上、ユングは学校を休みました。病気の理由による不登校が認められたのです。

彼にとっては毎日が楽しいピクニックになって、数時間夢想にふけったり、森や川などを歩き回ったり、漫画を描いて過ごしていました。

人は病気で学校や職場に行かない時、体に特別な苦痛を感じている時は別ですが、そうでなければゆっくりと好きなことをできることにほっとした気持ちを味わいます。しかし、それが続くと、後ろめたさや罪悪感や焦りが湧いてくるものだと思います。

学校に行かなくて好きなことをしているユングも、自分を叱責する内心の声を聴いていました。

「私はますます世間から離れていったが、その間ずっとかすかな良心の呵責にせめられた。私はぶらぶらしたり、物を集めたり、本を読んだり、遊んだりして、つまらないことに時間を費やして過ごした。けれども、私はそれを少しも幸せには感じなかった。私は自分が、私自身から逃げていると漠然と感じ出していた。」(ユングの『自伝』より)

そんなユングに、決定的な転機が訪れ、厳しい現実と直面させられる機会がきました。父親の友人が来訪し、父と友人の二人が庭で腰かけていた際に、飽くことを知らぬ好奇心を持っていたユングは、興味津々その二人の話を盗み聞くために茂みの陰にかくれました。そこでユングは大変なことを耳にしました。
客人は父親に、「ところで息子さんはどうですか」と尋ねました。
「ああ、悲しいことです」』と父親が答えました。「医師たちは何処がわるいのか分からないのです。彼らはてんかんかもしれないと考えている様子です。もし治らないのなら恐ろしいことです。私はなけなしのものを全部なくしてしまった。それに、もし自分で生計を立てることができないとすれば、あいつは一体どうなるんでしょう。」

「私はびっくり仰天した。ここで私は現実とぶつかったのだ。『じゃあ、働くようにならなくちゃ』とふいに私はそう考えたのである。」(ユングの『自伝』より)

少年のユングはその衝撃で、一瞬にして考えが変わりました。そして意識を失う症状(神経症)と向き合い、闘いだしたのです。

ユングはこっそりと庭の茂みから出ていって、父親の書斎に行き、ラテン語の文法書を取り出して、一心不乱に詰め込みはじめました。十分間勉強したあと、ユングは最もきつい発作を起こします。ユングは意識を失いかけてもう少しで椅子から転がり落ちるところでしたが、踏ん張ります。二、三分たつと気分がよくなり勉強を続けることができました。

「こん畜生! 発作なんか起こすもんか。」
ユングは独り言をいって勉強を続けました。

今度は二回目の発作が起こるまでに、十五分かかりました。それも一回目と同じようにやりすごしました。
「さあ、本当にお前は働くようにならなければならないのだ!」
ユングの心が、彼にこう命じるのを聞きました。

ユングは我慢し続け勉強したところ、一時間後に三回目の発作が起こりました。それでもなおユングはあきらめず、もう一時間勉強し、発作の来襲をのり越えたと感じるまで続けたのです。

ふいに、それまでよりもずっと気分がよくなりました。その後は、発作は二度と起こらなくなりました。

その日以来ずっと、ユングは文法書と他の学校の本を真に日勉強して過ごしました。二、三週間後にユングは学校にもどり、そこでも二度と発作に襲われることはなかったのです。

現実から目を背ける代償

ユングは「神経症とは何かを私が教わったのは、その時だった。」と『自伝』のなかで回想しています。

ユングは、発作を起こして学校を休む口実を作っていたのは、実は自分の「心の策略」だったと自覚したのです。学校で嫌な思いをしないために、友だちに突き倒されて頭を打った瞬間に、「『もうお前は学校へ行かなくてもよい』という考えが、自分の心にひらめいたのを感じ」たユングは、この神経症は現実から逃避するための「心の策略」に過ぎないとわかっていたのです。だからこそ、現実から逃げないことを決意し、発作をこらえてラテン語の文法書に向かい続けたときに、三回目の発作を乗り越えた後、神経症は消えました。

私たちは、さまざまな心身の症状を訴え悩み、医者にかかっても原因が分からないことがあります。その時に、心に問いかけてみる必要があるのです。

「これは自分の現実と向き合うことから回避するための『心の策略』ではないか。この症状が続く方が好ましい事情があって、いつまでも症状が消えないのではないのか。現実と向き合い対決しないで逃げている自分がいるのではないか。」

苦しい症状より、「現実」と向き合う方がもっとつらいという気持ちに襲われることはあります。しかし、それを乗り越えないと、心の成長が止まります。これが現実から目を背ける代償です。

症状の苦しみは、成長が止まっていることへの警告でもあるといえます。この警告に耳を傾けて、現実に向き合った時、私たちは再び成長を始めることができるように思います。

(参考書籍)『ユング自伝1-思い出・夢・思想-』ヤッフェ編、河合隼雄他訳 みすず書房)

<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所ではカウンセリングを行っています。
直接お会いする対面カウンセリングとともに、電話カウンセリングやメールによるカウンセリングも行っています。ご相談してみたいと思われるかたは、遠慮なくご連絡ください。
℡090-8051-8198 (メール)tanemura1956@gmail.com
カウンセリングルームは、JR常磐線・我孫子駅(千葉県)南口から徒歩10分にございます。

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…

価値観の偏りの修正

私が自分を振り返ったとき、一つの価値観の偏りがあると思いました。 私には「頭で考えすぎる」癖がありました。 それと並行して心を軽視して、さらに行動を軽視していたのです。
頭で考えることと、心がとらえていることに気づくのは大きく違います。 自分の丹田がどうとらえているかを把握することが、本当の意味で心でとらえるということです。それは思考ではなく直感の働きです。
心の働きを強めるには、相手の立場や、さらに上位の方の立場で思いを巡らせるということが必要になります。 後者でいうと日本の場合には、神道の神の立場でどう考えるかという見方があります。
その立場からみれば、この世の成功に目が向きすぎて心の成長に真剣ではないなら、どれほど熱心に仕事をしていても、怠けだと見えると思います。
心の成長に真剣であるとは、一つにはこういうことです。
神様に、あるいは自分の心に問いかける質問として、「成功するにはどうしたらいいか」と問うのでは、心不在です。 「もう一段バージョンアップしたいができないのでどうしたらいいでしょうか」と問い掛けるとしたら、これは心の成長を含めた問いかけになります。
神社で導きをお願いするときには、さらに注意することがあるように感じます。 神道の神様は私たちの覚悟を問われるということです。
ここでは「神様は」、という言い方をしましたが、本当に成長しようとして導きを求めるのなら、どなたであれ覚悟を見られると思います。その覚悟に応じて指導をいただけると思います。その相手が神様なら、より真剣なものが求められると思います。
覚悟は何処で見るのでしょうか。それは行動です。導きを受けた時、それを本気で実行しているか、いい加減にしているかで、覚悟がわかります。行動しない自分に、それ以上の導きは来ないと覚悟するべきだと思います。
この機微を分かりやすく伝えてくれるのが、わらしべ長者の昔話です。わらしべ長者は観音様に祈ったところ、観音様は「最初に手にしたものを大切にせよ」と、声なき声で心に伝えてこられました。それを素直に信じて最初に手にした一本のわらしべでした。これを大切にすることで運命が開けたというのがこのお話です。
さて、私はこう気付いてから、頭で考えて知恵を得ることが尊いという価値観には距離を置き、行動して自分を変えていく努力こそ尊いという価値観に変えようとしてきました。そして、加えて丹田の意思をしっかり感じ…