スキップしてメイン コンテンツに移動

心身の健康、エイジングケアのために②・・・トマトの力





1.自己信頼
疲労してくると、「○○錠がのみたいな、栄養ドリンクやエナジードリンクが欲しいな」と、今までの習慣で思ってしまいます。
しかし、その時にこう思いました。
「いやいや、それでは自分の身体、特に内臓を信じていないことになる。内臓を信じなかったので、内臓が機能低下してきた。使われない身体の機能は退化するという原則により、膵臓も機能低下してしまった。これからは自分の内臓を信じようと決意したはずだ。『君たちの働きが必要だ、頑張って支えてくれ。』そういう思いをもって信頼すれば、内臓は強くなり、膵臓も働きを再開してくれるはずだ。いまこそ自分は自己信頼を徹底しよう。」
自分を信じるということは、内臓をはじめとする身体が自分で自分を回復させ健康にする能力があることを信じ、内臓に良い仕事をしてもらうために必要な栄養や運動や休養を与える努力をすることだと思います。
2.トマトは疲労を回復させる
疲労回復のために私が選んだものは、トマトです。
○○錠を飲むのをやめて、トマトを食べたり、トマトジュースを飲むことにしました。
調べてみるとトマトには疲労を回復させる力があることがわかりました。
その力の源は、トマトに多く含まれる「疲労回復のビタミン」であるビタミンB1と、疲労物質の乳酸を燃やすクエン酸です。トマトにはこれらが非常に多く含まれているようです。
<トマトに含まれるビタミンB1には、ブドウ糖を分解しエネルギーにかえる働きがあり疲労回復のビタミンとも呼ばれています。またトマトにはクエン酸をはじめとした有機酸が豊富です。クエン酸は疲労物質である乳酸を燃やし疲労回復に効果があります。>
 (参考ブログ記事:「トマトの効能・効果」http://tomatokounou.wpblog.jp/archives/category/%E7%96%B2%E5%8A%B4%E5%9B%9E%E5%BE%A9
トマトに含まれるクエン酸の疲労回復の効果は、折り紙付きだそうです。
トマトが赤くなると医者が青くなる」と昔から言われるほど体によい食べ物であるトマト。すっぱい風味はクエン酸です。疲労物質である「乳酸」の発生をおさえてくれるので、疲労回復に効果的。また胃液の分泌をうながして食欲も増進します。(参考ブログ記事食べもので疲労回復」 http://hirou-kaifuku.net/food/fo_005.html
さらに、注目すべきは、トマトのリコピンは抗酸化作用が高く、身体を守ってくれることです。
<トマトの赤い色はすっかり有名になったリコピン。リコピンはカロチンの一種で、細胞を傷つける活性酸素を除去。活性酸素はストレスをうけると発生してしまう悪の元凶で、あらゆる病気や老化の元と言われています。抗酸化作用の高いリコピンは、DNAや細胞を守って体を本来の元気な状態に戻してくれます。>参考ブログ記事:食べもので疲労回復」 http://hirou-kaifuku.net/food/fo_005.html
抗酸化作用が強いリコピンは膵臓ガンをはじめ各種のガンの発生を抑制してくれるようです。

<アメリカのハーバード大学の研究者が、4075歳の男性47000人を
6
年開追跡調査した結果、トマト料理を週10回以上食べている人は、
食べない人に比べて、前立腺がんになる危険率が約45%も減っていたといいます。そのほか、リコピンには胃、膵臓、子宮のがん予防にも有効だといわれます。>
(参考ブログ記事「がんの食事療法と、ガン患者さんによい食べ物」http://cancer.life777style.com/food/cat73/cat83/post_287.html
こうしてみると、トマトにはとても大きな力があることがわかります。
疲労回復そしてガン予防にもなるトマトですが、それ以外にトマトに含まれるリコピンには脳卒中の予防効果もあることが研究で分かっているようです。これはリコピンが血栓の予防をしてくれるからです。
これも糖尿病の人には大変ありがたい知らせです。
かくして、我が家の食卓にはトマトが欠かせなくなりました。


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…