スキップしてメイン コンテンツに移動

心身の健康、エイジングケアのために④・・・膵臓の機能を向上させる



1.身体と心の密接すぎる関係

色心不二という言葉がありますが、これは身体と心の働きがいかに密接に関係しているかを教える言葉です。日ごろさまざまな人の心を見つめ、心の成長を願っている私も、身体面からのアプローチは不可欠だと感じています。

ただし、私は医学の専門知識はありませんので、あくまでも私個人の経験を公表することで、読者の方への良き刺激となることを願うのみです。

私は30代に急性膵炎を患って、1か月ほど入院したことがあります。ストレスと過食が主な原因だったと思います。その後も、脂肪肝という診断が出ていたように、ストレスからくる過食は止まりませんでした。しだいに血糖値が上がり、リストラを経験した40代の前半には、検査入院を勧められるほど血糖値が上がりました。膵臓の機能が非常に低下した証拠です。

その後、食生活の改善に取り組んだり、散歩などで運動量を増やし、糖尿病の薬がいらないところまで改善しました。体重も50代には10キロ以上落とし、血糖値も正常値よりもやや高めぐらいを維持できるようになっていました。

しかし、60歳を越えたころから、従来の努力では期待したような結果が出ず、もう一度年齢に合わせた生活習慣の総見直しをしなければいけないと思うようになりました。

そこで専門家の助けも借りながら、私の膵臓の状態を診断し、膵臓の機能が向上する生活習慣を築くように努力しています。まだ始めて日が浅いので数値の明確な結果は出ていませんが、体調は確実によくなっているので、途中経過ですが私の事例を書いてみたいと思います。

2.働かなくなっていた膵臓

一言でいうと、私の膵臓は怠け者になっていました。つまり昼寝しているような状態で、きちんと仕事していなかったということです。
その最大の原因は、私の栄養剤や疲労回復のサプリやエナジードリンクへの長年の依存でした。
膵臓だけではないのですが、私の内臓たちの気持ちを代弁すると、こうなるようです。

「俺たちが頑張るから健康を維持できているのに、本人は〇〇剤に頼って、疲れが取れたのも〇〇剤のおかげだと思っていて、ちっとも俺たちへの感謝がない。それなら俺たちは仕事したくない。」

このブログで数回書きましたが、疲労回復のための〇〇剤への依存は、実は自分の身体への不信の現れでした。自己信頼の欠如です。身体の器官を信頼していないし、日ごろその働きに感謝しないから、きちんと働いてもらえなくなっていたのです。そのことに気が付き反省しました。

今は一切の〇〇剤はやめて、食事と運動の改善を工夫し、自分の膵臓や内臓への信頼をして、自力で糖尿病を完治させようと決意して取り組んでいます。

3.膵臓に良い食べ物

膵臓に働いてもらうためには、膵臓が働くのに役に立つ栄養を摂取しなければなりません。そこで膵臓に良い食事をとろうと決意しました。

何が膵臓に良いかは人によって個人差があると思いますが、私の場合は、特に必要なのはレバーとニラです。私の食事はいままで野菜中心の粗食に偏りすぎていました。動物性タンパク質が極端に不足していました。その為に肉が必要なのですが、まず一番必要なのはレバーです。

レバーは、ビタミンA、ビタミンBが多く、鉄分や亜鉛も多いので、疲労回復や血液の製造、精力がつく食べものとして有名です。亜鉛は膵臓の機能を高めるのに有効だという研究があるようです。

私は昔からレバニラ定食が大好きで、よく食べていました。ニラも、アリシンという成分がありビタミンBの働きを高め疲労回復に役立ちます。またアリシンは血糖値を抑える効果もあります。つまりニラも膵臓に良いのです。やはり自分が好きで食べたいと思うのは、それが必要だという身体の声を聴いていたからだと思います。

膵臓に効く食物として、次に必要なのは鶏肉とゆで卵です。弱った膵臓には鶏肉の方が、豚や牛、魚よりも消化の負担が少なくて、現時点では良いようです。卵はいろいろな食べ方がありますが、私の場合はゆで卵が膵臓に一番良いようです。
ゆで卵はほぼ毎朝食べています。鶏肉は以前から好みでした。こうした動物性タンパク質を積極的に食べるようになりました。

主食も変える必要がありました。白米は糖分が急速に吸収されるので、血糖値が上がり、膵臓には負担が大きすぎます。玄米だと血糖値の急激な上昇がおさえられるので、膵臓の負担が軽くなります。白米はくたびれた膵臓に負担をかけすぎるので、玄米に切り替えました。

他に、膵臓の疲労を回復させる食べものとして、トマトを食べるようにしています。トマトは疲労回復の食べ物で有名ですが、疲れたときにトマトジュースを飲むと、疲労感が急に和らぐという経験をしています。このトマトは疲れた膵臓にも良いようです。

甘すぎるのも、例えば生クリームのホイップなどは、膵臓にはきついようです。ですから当然控えねばなりません。

しかし、カレーは、一般的には刺激が強すぎて膵臓にはよくないと言われていますが、私の場合は膵臓が寝ている状態なので、膵臓に強制的に働いてもらうために、ある程度カレーを食べることも意味があるようです。実は私はカレーも大好きです。ただしインド料理の専門店などのカレーは香辛料が強すぎて身体への負担感が強いので、マイルドなカレーを選んで食しています。

このように、膵臓に本来の働き方を思い出してもらえるように、レバー、ニラ、トマト、カレー、玄米、鶏肉とゆで卵を意識的に食べるようにしています。そして○○剤を全部やめ、膵臓を信頼して、その働きに感謝して生活するように、生活習慣を切り替えています。

検査で数値として結果が出てくれば、また報告したいともいます。

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。
連絡先:℡ 09080518198


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…