スキップしてメイン コンテンツに移動

心身の健康、エイジングケアのために③・・・入浴の効果


1.入浴は疲労回復につながる
疲労回復のために今まで利用していた〇〇錠をやめたのち、どうして疲れを取るかは工夫が必要でした。トマトはその一つですが、もう一つ重視しているのが入浴です。以前は疲れたときでもシャワーで済ませることが多かったのですが、疲労回復と内臓(私の場合はとくに膵臓)の働きを活性化させるためにも、入浴が不可欠だと考えるようになりました。
入浴のおもな効用には3つあります。
① 温熱効果により血めぐりがよくなる
 水圧によるマッサージ効果がある
 浮力によるリラックス効果がある
2.温熱効果
入浴の温熱効果というのは、湯船につかって身体が芯から温まることで生れる効果のことです。
入浴して身体があたたまると血管が拡張しますので、血流が良くなります。血流が良くなると身体にたまった老廃物や疲労物質が身体の外に排出されます。その結果疲れが取り除かれます。また身体が温まり血流がよくなると内臓の働きを活発にします。さらに入浴は自律神経の調子を整える効果もあります。これらが温熱効果といわれるものです。
お湯の温度によって、温熱効果には違いがあります。42℃以上のお湯につかると、交感神経が活発になり、しゃきっと目が覚めた状態になります。だから朝湯に適しています。
でも37℃から40℃のぬるめのお湯につかると副交感神経が働き、リラックスし、気持ちを落ち着かせる効果があります。寝る前にはこれが適しています。一般に体温より4度ほど高い水温がよいといわれているので、最適温度には個人差があり幅を持たせているのだと思います。
ところで、むくみを解消する効果について考えていきたいと思います。
実はむくみはストレスと密接に関係しています。ストレスなどで交感神経が優位になると、筋肉がかたくなって血液もリンパも流れが悪くなります。つまりむくみが起きます。むくみが生じると老廃物や疲労物質が排出されないだけでなく、栄養や体温も運ばれないので、冷え性、肩こり、疲れがとれないなどの不調もあらわれてきます。
これを緩和するには、お湯に腰の上までの半身浴をするのがよいようです。何故かというと、全身の筋肉の70%が足にあり、その血行がよくなり足のむくみが緩和されてくると、全身の疲労回復につながるのです。
入浴時間ですが、20分から30分で、汗ばむ程度がよいようです。湯船に10分つかると、体温は約1度アップすると言われています。すると免疫も新陳代謝も体内酵素のはたらきも高まります。ある程度長く湯船につかると、身体のぬくもりが長続きします。
でも長くつかりすぎると不快になるので、気持ちのよさを重視して、二、三回ほど湯船に出入りしています。しっかり湯船につかると内臓の冷えを解消できるので、汗ばむほどの時間入ることを心がけています。
3.水圧によるマッサージ効果
首までお湯につかっているとき、全身にかかる圧力は約520kgだという説があります。全方向から均等に圧力を受けているので水圧の重さは感じませんが、この水圧によるマッサージ効果は絶大です。水圧で内臓が刺激されるので、内臓をマッサージしてくれるのです。
先ほどの話とつながりますが、下半身にたまりがちな血液が心臓に向かって押し上げられるので、足のむくみや疲れを取ってくれます。また、血めぐりとともにリンパの流れが促進され、循環器系の機能改善も期待できるようです。
また、腹部に水圧がかかることで、横隔膜が押し上げられると、肺の容量が小さくなります。そのため、肺は空気をより多く取りふくらもうとするので、心肺機能の向上にもつながるといわれています。

4.浮力によるリラックス効果

水中の浮力により、身体が受ける体重は陸上のわずか10分の1です。つまり
お風呂に入ると浮力の影響で体重は約9分の1になるわけです。浮力により身体を支えている筋肉が弛緩すると、大きなリラックス効果が生じます。身体がリラックスすると、脳にも大きなリラックス効果があります。
リラックス効果を高めるには、入浴中のマッサージが効きます。手や足など冷えが気になる場所、またむくみが気になる場所を、末端から身体の中央に向かってやさしくさするだけで、入浴のマッサージ効果がアップします。
「こり」とは、血めぐりが悪くなり、筋肉に疲労物質がたまって硬くなっている状態のことです。お湯につかりながらほぐしていくことが、こりの解消と疲労回復につながります。

私が時々使うのは、バスソルトです。私は普通の粗塩を使うのですが、湯船に一つまみ入れます。バスソルトには、代謝の改善や毒素排出効果があって、むくみ解消効果が期待できると言われています。また、粗塩を体に塗ることで、日中に受けたいろいろなネガティブなエネルギーを落とすこともしています。これは伊勢神宮で正式な参拝の際にお祓いに塩を使うことを体験して、その効果を確信しました。

(この原稿には次のブログの記事を参考人させていただきました。感謝します。 http://www.well-lab.jp/201010/qa/471

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。
連絡先:℡ 09080518198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…