スキップしてメイン コンテンツに移動

心身の健康、エイジングケアのために①・・・栄養剤の常用の問題




1.60歳を境に身体が変わった


私は今年61歳になりましたが、60歳を越えてから、血糖値の変化が今までと変わってきたことを実感しています。

それまでは、体重の減少に応じて、血糖値やヘモグロビンa1cなどの糖尿病の指数が下がっていたのです。

50代には10キロの減量をすることで、相当血糖値が改善し、正常値よりやや高めくらいを保つことができました。

ところが、60歳を越えてから、体重がやや下がっているにもかかわらず、指数がすこしですが上がったのです。これはショックで、従来の考え方を変えないと加齢とともに衰える身体の健康を維持できないと実感しました。
 

心の状態は、身体の健康状態と非常に密接な関係があります。それがどれほど密接かを経験するたびに、色心不二(身体と心はひとつである)という言葉が、いかに切実な響きを持っているかを感じざるをえません。

そこで、私が経験し体験した範囲に限定して、健康法について書きながら、私自身も心身の健康についてもっと理解を深めて行きたいと思います。


2.栄養剤をやめた理由


私はこれまで定期的な健康診断で血液検査を重ねても、糖尿病の指標以外にはどこも問題はありません。50代に抱えていた脂肪肝も、10キロの減量をしてからは、消えました。

だから糖尿病だけに注意し、定期的な検査を行い、完治を目指していました。

糖尿病は膵臓の機能が低下して起きる病気です。私は過去に30代でストレスと過食から急性膵炎を患っています。したがって膵臓の働きが弱いことは想像していました。
 

実際に膵臓はやる気を失った状態であったようです。

その原因の一つは、これまでのみ続けていた○○錠などの栄養剤の常用です。この種の錠剤やドリンク類は、一時的な効果はあるのですが、長い目で見ると膵臓等の働きを弱めるように作用していたようです。その結果、膵臓がすっかり怠け者になり、弱っていたようです。


私は、自分の身体に対する自己信頼の欠如を反省し、自分の臓器が持っている本来の力に信頼することで、疲れにも対応し、元気に生活できることを目指そうと決意しました。

今まで摂取していた栄養剤等の成分をとらないので、膵臓など、内臓が本来の働きを発揮してくれるまでは、過渡期はつらい時期があります。疲労なかなか取れず、睡眠が増えています。しかし、ここが辛抱のしどころだと思っています。

自己信頼を身体にまで広げて、膵臓も信頼する。


身体が本来持っている力を信頼し、それが発揮できるように生活習慣を変える。

その為に、色々な工夫をしていき、学んで実践したことやその効果も含めてブログに書き綴ってみたいと思います。
それが読者の方の生活習慣の改善にもヒントになることを願いながら。


関連記事 http://tanemura2013.blogspot.jp/2017/06/blog-post_26.html


種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)

当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。

連絡先:℡ 09080518198


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…