スキップしてメイン コンテンツに移動

感情を調べる⑥・・・罪悪感



 

罪悪感について考えてみたいと思います。

自分が誰かを傷つけたと思ったとき、私たちは罪悪感を感じます。

犯してはいけない何らかの戒律を持っていると、それに反した時、罪悪感を感じます。

子育て中のお母さんであれば、子供を叱りすぎて、あとでひどく落ち込み、深い罪悪感を感じる人は少なくありません。

 

私は人間に与えられている感情は、どんな感情であれ、生きていく上で必要な機能を持っているものだと思います。

罪悪感も、行き過ぎた行動に対するブレーキの役目を果たしていると思います。

その限りでは、罪悪感の役割は大切であり、このブレーキがないと人は犯罪や社会ルールを犯して平気になってしまい、ついには社会的な生活が成り立たなくなると思います。

 

しかし、罪悪感をずっと持ち続け自分を罰し続けるという心理は、やはり克服すべきだと思います。

「自分は今、ブレーキを踏むべきだ」ということを教える一種のサインとしての罪悪感は受け入れますが、罪悪感で自分を責めさいなむ心理状態に陥ることは、問題です。

これは勇気をもって乗り越えるべきであると思います。

なぜなら、罪悪感は自己否定へとつながっていくからです。

罪を犯した悪い私、誰かを傷つけた悪い自分、子どもを叱りすぎる悪い親、そういう自己否定は、ネガティブな自己像を固定化させ、健全な心の成長を損なうからです。

 

罪悪感に伴う自己否定は、本当の問題を理解することの妨げにもなります。

何が本当の問題なのかは、じっくり心を見つめないとわかりません。

例えば子供を叱りすぎた母親の場合、自分が幼少期に親から叱られて恐ろしかった記憶が心の傷となっており、その恐怖心が怒りに加わって制御できないような激しい怒りになっていることがあります。この場合、過去の恐怖心に憑りつかれた状態が終わると、どっと落ち込み、自分をは駄目な親だと自責の念にかられます。

この怒りのからくりは「感情を調べる⑤・・・恐怖心と怒り」に取り上げました。
http://tanemura2013.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html
 

子供を叱りすぎる時、コミュニケーションの方法に問題がある場合もあります。

親が子供の行動によって困っている場合は、子どもに率直な親の気持ちを伝えて、それをを子どもに理解してもらい、子どもが自ら自分の行動を変えるように働きかけることが大切です。

親は自分のいつわりのない感情を子供に伝えていないことが多いのです。何か別の理由にすり変えて怒っていることがあるのではないでしょうか。

それでは親の本当の気持ちは、いつまでたっても子供に通じません。親の怒りの奥にあるつらい感情を、子どもに伝えることで、子どもは自分の行動が親に与えた影響を理解します。親が困って苦しんでいると理解できれば、修正しようとしてくれます。それは親と子の御互いの成長につながると思います。

 

日常生活の中でのやり取りで、言葉などで人を傷つけたという場合も、自分のどんな思いと行いが問題だったかを詳細に見て、本当に改めるべきところを見出し、また相手に謝るなど必要な償いをすれば、それ以上持ち越すべきではないと思います。

二度と同じ過ちをしないように自己変革するために、大切な教訓を学んだわけです。それを学んだのであれば、罪悪感による自己否定を持ち続けるべきではありません。

その教訓を生かして、積極的に自分を変え、さらに成長することに専念するべきだと思うのです。

どんな場合も一方のみが悪いということは少ないので、相手の問題もあります。でも相手の問題は相手の方が御自分で気づき乗り越えることです。通常は私たちにできるのは、自分の本当の問題に気づき自分を変える決意を持続することと、相手への心からの謝罪をすることの二つであると思います。

 

戒律を犯して罪悪感を感じる時は、その戒律そのものが正当化どうかを点検する必要があります。

もし必要な戒律であっても、なぜそれを犯したかを分析し、それが何を教えているのかをしっかりと見つめたら、それ以上はとらわれるべきではないと思います。

戒律を犯して罪悪感を持つ場合は、往々にして恐怖心が伴います。むしろ問題は、その恐怖心のほうかもしれません。

 

自己否定をやめ、他者の否定もやめ、人生の否定もやめたときに、私たちはありのままの自分でよいことに気がつきます。ありのままの自分が幸せであることが感じ取れるようになります。罪悪感で自分を縛ることをやめ、罪の意識から自分を解放してほしいと思います。

 

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)

当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。

連絡先:℡ 09080518198


 

コメント