スキップしてメイン コンテンツに移動

吐き出しの注意点



心に溜まっていた秘密を隠さずに話すことを「吐き出し」と呼びますが、
吐き出しには注意が必要です。
吐き出しを勘違いして、何でも心に思いつくこと、
心に浮かんできたことを話せばいいと思っていると、
場合によっては害があるのです。
ただ湧いてくる思いを吐きだすだけですと、
自分や人を害する言葉がどんどん出て止まらないことがあるからです。

その人自身の言葉というよりは、のりうつりがその人を通じて
毒を吐いているような状態になることがあります。
それに気がついたら、いったん止めなければなりません。
話す側も聴く側も、のりうつりの毒を喰らい、
のりうつりに飲み込まれ操られる危険が生じるからです。

その人が自分の自身の葛藤や苦しみを語るのはいいのですが、
のりうつりがその人の意識に入り込んで話し始めると、とても危険です。
一例をあげると、
境界性の方には潜在意識との交流がしやすい方がいるのですが、
暗い気持ちにのりうつりの影が忍び込んできやすいので、
慎重にみぬいていくことが必要です。
常に警戒しながら、よく見極めようと意識して聴くことが大切です。

一つの判断材料は、話し手が被害を蒙るような内容か否かです。
のりうつりはその人が客観的に害を受けることや
その人を貶(おとし)めること、自尊心を傷つけることを平気で話します。
聴き手がその人の言葉だと思って真に受けて応答すると
話し手は、その言葉に傷ついていたりします。
聴き手は、話し手が使った言葉をフィードバックしたにすぎないのに、
その言葉にひどく傷つけられたといって、あとで話し手が怒り出すのです。
自分が最初にその言葉を使ったことを忘れて、
相手が「自分を馬鹿にした、侮辱した」と憤慨します。
非常に理不尽ですが、のりうつりが話している場合は、
話し手は自分が言ったことを覚えていないことがあるようなのです。
ひょっとするとこのケースは多重人格だった可能性があり、
特殊な例ではあるのですが、注意するに越したことはありません。

また、のりうつりが話し手に入り込んで話している場合は、
聴いているだけで気分が悪くなってきます。
それを長く聞き過ぎると、聴き手も汚染されて心が濁ってきます。

その人自身がよくなりたいと思いながら、
どうしても抜け出れない苦しみを語るのは、
その人自身の言葉ですから、しっかりと聴いてあげてください。
しかし、とうとうとその人を害する内容や、不利益を被りかねない内容、
さらには聴き手の心をおびやかすような内容を話しだしたら、
勇気をもって話を止めてください。
とても危険です。

吐き出しは、過去の心の傷を癒したり執着を取るのに大きな効果があります。
しかし、のりうつりが話し手の意識に入り込んで話すと、聴き手も話しても共に害を受けます。
客観的に見て、その人の状態がいつものその人らしくないところがないか、
話す内容がその人を害したりおとしめる内容ではないか、
聴いていて気分が悪くなるようなことはないか、
そうしたことを注意しながら聴いて、おかしいと思えば止めることです。

のりうつりが入ると、「何でも聴いてあげるといったから吐き出しているのだ」と開き直って、聴き手を責めてくることもあります。
そういう時は、「いつものあなたらしくないし、のりうつりの意識が入っているとあなた自身がのりうつりの影響を強く受けるようになって危険だから、いちど話を止めましょう」と、しっかりと話して被害を食い止めてください。

(提供)種村トランスパーソナル研究所
連絡先・メールアドレスtanemura1956@gmail.com


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…