スキップしてメイン コンテンツに移動

罪悪感について(1)


罪悪感を抱え込む

 私たちは人生の中で、自分のあの言葉あの行動で人の人生を狂わせてしまった、不幸を選択させてしまったと思い、長く苦しむことがあります。私があの人を紹介したばっかりに、その人が不幸になってしまったと思い、罪悪感で苦しみ続けることもあります。また、私が気付いてあげなかったから、あの人が自殺してしまったと思って、長年にわたり自分を責め続けることもあります。

 こうした罪悪感の問題について、どう考えたらいいのでしょうか。それを考えてみたいと思います。

 罪悪感の意味

罪悪感とは、罪を犯した時に感じる後悔と反省の想いです。罪悪感がない人間は、いくらでも罪を犯し続けます。ゆえに罪に対するブレーキの役割をしているのが罪悪感です。

 それが罪だと知らない時は、行なっても罪悪感は感じません。罪悪感を感じるのは、それが罪であったことに、誰かを不幸にしたということに気が付いた時です。自分のせいで誰かが苦しんだり、不幸になった場合に、申し訳なかったという思いとともに、自分に対する深い罪の意識が生じます。これは健全な心の働きであり、悪に染まることから人の心を護るものです。

 ところが罪悪感が、その人を必要以上に苦しめる場合があります。それは自分が自分のしたことを許せない場合に起きます。そして自分を罰し続けるのです。自分が「もういい」と自分を許せるまで、自己処罰をします。これは、単にその人の思い込みによっても、生じることです。自分が許せないと、どこまでも自分自身を傷つけ続けようとします。


自殺者の陰に

 日本では自殺件数が、このところずっと毎年3万件を超えてきました。実は自殺者の家族や関係者には、罪悪感に苦しむ人が大変多いのです。また子供を事故や病気で死なせた親も、罪悪感に苦しんでいます。これはぬぐいきれないものがあるようです。

しかし、亡くなったお子さんが、実はあの世で元気に生活している姿を知れば、そんなに苦しまなくてもよいのです。また自殺者の家族も、罪悪感から自分で自分を不幸にすることにより、かえって自殺者の罪を重くしてゆくことに気づかねばならないと思います。残された人が苦しみ続けると、それも自殺者の責任になり、自殺者はその分まで罪を背負わねばならなくなるのです。自責の想いが、あの世で増えてゆくからです。ゆえに、罪悪感を持つことが、かえって悪になることも少なくありません。

 罪を犯すことへのブレーキとしては、罪悪感は大切なものである。しかしブレーキをかけ、それが間違っていたと気が付いて反省を始めたならば、軌道修正をしてより良い道に入る努力をしなければなりません。それこそが大事であり、罪悪感で自分を苦しめ続けるのは、正しいことではないと思います。(種)

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…