スキップしてメイン コンテンツに移動

心の可能性①



心の構造


私たち人間が通常の生活で自覚する意識を、顕在意識といいます。


これに対して、顕在意識で自覚できないけれど潜在的に働き顕在意識にも影響を与える心の働きを無意識、もしくは潜在意識といいます。


無意識という表現はフロイトやユング等が使った言い方で、意識化できにくい潜在的な心の働きのことです。ここでは通常は無意識のことを「潜在意識」と呼んでいます。


 潜在意識にはその深さによって、性質が大きく異なります。まず浅い潜在意識は、生まれてから今日までのすべての記憶抑圧した思いや感情、本能内臓等の意識が含まれています。これを個人的潜在意識と呼んでいます。この呼び方は、フロイトやユングがこの潜在意識の層を個人的無意識と呼び、心理学では一般化しているので、それに準じて「個人的潜在意識」という名称をつかっています。


 もっと深い層になると、過去世の記憶個性のエネルギーが蓄積された潜在意識があります。これを「深層潜在意識」と呼んでいます。過去世のトラウマなどはこの層にある「心の傷」です。スピリチャルな用語で「守護霊」といわれる場合は、深層潜在意識の一部がそれにあたるようです。この層も、深くなるほど古い過去の記憶が蓄積されています。


 さらにその奥には、個性を超えた「超越潜在意識」が存在します。本当の私とか、自己(セルフ)や仏性、神性といわれるものです。これには個性を持った側面と、個性を超えた普遍的な側面の両面があります。

 本来、超越潜在意識はあらゆる生命や物質を生み出し、それらをつないでいる根源的なエネルギーであると思いますが、それが個性化する部分が自己(セルフ)と言われているものです。


超越潜在意識の普遍的な側面が強く感じられるときには、それはワンネスといわれたりします。あらゆるものが一つにつながり、大調和していることを実感する意識状態がワンネスです。これに対して、超越潜在意識の個性を帯びた側面が「自己(セルフ)」です。


ユングは、意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)を含めた心の中心を自己(セルフ)とよび、顕在意識(の中心)である自我と区別しました。この区別は非常に重要な意味を持っています。


ユングはこうした分類とは別に、個人的無意識の奥に集合的無意識普遍的無意識とも呼びますの世界が後代に広がっているといいました。これは臨床経験から観察され、うまれてきた概念ですが、これはスピリチュアルな世界全般をさしている概念です。

霊界と呼ばれる全領域が、集合的無意識の世界に該当すると言ってよいと思います。先ほど述べた深層潜在意識も、集合的無意識の領域の一部ですし、超越潜在意識も同様です。

これは自分の心が広大な宇宙につながっているということであり、民族や人類の意識の僧にもつながっていることを意味します。つまり、人間は孤独なバラバラの存在ではなく、深いところでつながっているのです。そして肉体の死後も永遠に存在する「いのち」なのです。一人一人の根底には、善なる宇宙の心が宿っています。無限とも言える叡智が宿っています。大きな愛のエネルギーにつながっているのです。カウンセリングは、その心をほりだし、導きだす営みであり、クライエントの新たな可能性の発見と開発をする営みであると思います。

<連絡先>

種村トランスパーソナル研究所(所長兼心理カウンセラー 種村修)
どなたでも自由に老い気軽にご相談ください。
電話やメールでのご相談をお受けしています。
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com


コメント