スキップしてメイン コンテンツに移動

心の可能性②


自分を知るということ

 「顕在意識と潜在意識①」で述べたような心の構造を認めると、自分を知るという作業には、実は段階があることが分かります。知るという働きは、顕在意識で把握するということです。顕在意識が自分が考えていることを自覚するのも自分を知るですが、これは最も最初の段階です。

もっと深くなると、個人的潜在意識の想いをキャッチする意味での「自分を知る」があります。内臓や関節のある部位が痛むときに、その部位を司っている個人的潜在意識に焦点を合わせていくと、そこがどうして痛んでいるのかが分かることがあります。心や生活の不調和がどこかにあり、それに関わる身体の部位が痛むことで、不調和の解消を訴えかけてきているのです。

その体の訴えに耳を傾け、身体からのメッセージを補足するだけで症状が軽減することがあります。この場合、肉体の症状は体の声(実は個人的潜在意識の訴え)だったのです。その意味内容を聴いて改善してもらえれば、症状は役割を果たして不要になります。その結果、症状が消えるのです。

個人的潜在意識には抑圧とかコンプレックス(複合体)と呼ばれているものがあります。顕在意識が意識することを拒否している想いが集積して、いくつもの複合体を作っています。これは意識が抑圧して意識化できないようにした思いなので抑圧と呼ぶのです。広い意味でのコンプレックスがそれに含まれます。

個人的潜在意識との対話では、しばしば抑圧された想いが伝わってきます。通常それはネガティブなエネルギーとして伝わってきますが、心の病んだ部分のメッセージと考えてもいいと思います。自分が本当は何を悩んでいるのか、それが見えてきます。

また人によっては、個人的潜在意識の断片が、さまざまな断片化し、それぞれ人格を伴ったイメージとして湧いてくることがあります。子供だったり、包帯を巻いた姿の大人だったり、いろいろします。しかもそれぞれが自己主張を持っています。それに耳を傾けて深く理解することで、成長したり明るくなったりもします。心は実に不思議です。

男性には女性意識が、女性には男性意識が、一つの複合体として存在します。それはユングがアニマ、アニムスと呼んだものです。自分の夢に出てくる異性が、通常そうである可能性が高いのですが、その内なる異性とコンタクトをすることが、潜在意識との同通に大きな役割を果たします。深層潜在意識への導きとなることも少なくないようです。

さらに深層潜在意識は過去世の記憶や、過去世の個性を持ったエネルギーで構成されています。そことの対話は、一段高いスピリチュアルな視点からの判断や意見が聞けますし、自分の人生計画全体から見た判断が伝わってきます。これもいくつもの個性が存在しているので、どの個性に焦点を当てるかで、メッセージの色合いが多少変化します。男性意識もあれば女性意識もあります。本当に不思議です。

過去世にできたと思われるトラウマつまり深い心の傷も、深層潜在意識との対話では重要です。個人的潜在意識の抑圧と同様に、そことの対話は「対決」と呼ばれていますが、ネガティブな自分と向き合い、それを乗り越えることになります。どのような傷つく体験をしたのかを思いだし、心で味わうことで、次第に洞察が生まれてきます。今世の自分の人生にもその心の傷が関連しているので、洞察が進むと、パーソナリティがより良い方向へと変化してゆきます。

さらに超越潜在意識との対話では、自己(セルフ)と呼ばれる部分に焦点をあてて対話しますが、これとの対話では普遍的な視点から見た自己の使命や心の成長の課題について、相当適確な判断を示してくれます。半ば個人の観点をはなれた普遍的な視点での意見が加わってくるのが特徴的です。ここは不動心を強く感じます。

超越潜在意識は私たちの心に深くかかわっています。丹田にある意識が自分そのものの中心となる意識であり、ここに超越潜在意識がつながっていると考えられています。その活性化には呼吸法が有効で、丹田呼吸は不可欠だと思います。

このように、心の対話にもどの層の潜在意識と対話するかで、内容が大きく異なってきます。それらを重層的、多角的に知ることで、本当の意味での自分を知ることができると思います。

とはいっても、それも自分の心の一部の断面をとらえたにすぎません。心は広大であり、どこまで行っても探求しつくせない神秘が宿っていると思います。(種村)

<連絡先>

種村トランスパーソナル研究所(所長兼心理カウンセラー 種村修)
どんなことでも、ご相談をお受けしています。
電話またはメールでお気軽にご相談ください。
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…