スキップしてメイン コンテンツに移動

恐怖心と依存心



勇気の影

 勇気を必要とする仕事につき、幾度も勇気を奮い起こして人生のさまざまな局面を闘ってきた人は、通常は恐怖心を潜在意識に抑圧しています。勇気ある行動こそがその方の特徴であるならば、恐怖心は「影」になり、普段は抑圧・封印されています。

 しかし、恐怖心を抑圧して意識できなくなると、そこに別の問題が出てきます。恐怖心は自分を護るという感情を伴います。自分を護ろうとするからこそ、慎重で、危険に対しては智慧を振り絞って対策を立てます。恐怖心が意識できないと、そうした心の機能が低下します。

伊藤博文はじめ、維新の元勲たちが外交を取り仕切っていた時期に、日本が勝利してこれたのは、彼らの列強に対する恐怖心が正しく機能し、それが慎重さや智慧として発揮され、断行の勇気を下支えしていたからだと思います。ところが、自分たちが一等国で強いと己惚れた時、必要な恐怖心が正常な形で機能しなくなり、蛮勇が生まれ危険な方向へと国を導いたのではないでしょうか。

 
ネズミの個性

ネズミは臆病な動物だと思います。人の中にもネズミ的な性格がある方は、恐怖心が非常に強いようです。でもその恐怖心があることで、金銭感覚が発達し、未来への備えをきちんと残すことにつながります。未来への備えができない人には、恐怖心が欠落しているケースがあるように思います。

恐怖心が欠けていると、勇気は無謀な蛮勇になりやすく、未来への堅実な備えができません。すると経済や人生の不調の波が来た時に、自分を支えることができず、誰かに依存せざるを得なくなります。

宗教的な人の中には、神様が何とかしてくれると信じて、未来への備えを考えずに高額の布施してしまう人がいます。信仰が恐怖心を抑えているのですが、実際に不景気の波が来ると、どうにもならなくなることがあります。そういう時は、家族や知人などに頼らざるを得なくなります。つまり依存です。

要するに、恐怖心の機能が正しく働かないことで依存が発生するのです。眼に見えないものの助けに依存して勇気あるようにふるまったのが、実は慎重さと智慧を欠いた行動だったことに、その時に気がつくのです。

 
自立に必要なもの

 こう考えると、自立というのは恐怖心を自覚しながら、それを自分がコントロールできるということではないでしょうか。危険を未然に感じ取って、そのリスクを回避するために、備えができる人が自立できる人なのです。

それができないと、危険の管理を人に委ねてしまいます。するとゆだねた相手の言うままに動くしかなくなり、相手に支配されていきます。そこに最大の危険が潜んでいるのではないでしょうか。

自立するためには、恐怖心と向き合わなればなりません恐怖と向き合い、危険なリスクの管理を自分でし、さまざまな危険に対しての備えをし、智慧と慎重さを身につける必要があります

最近こういう言葉を目にしました。

「未成熟な人は、信念のために死のうとするが、成熟した人は、信念をもって謙虚に生き抜こうとする。」

 慎重さを持ち生き延び、明治の日本を維新の元勲として導いた木戸孝允を思い浮かべました。

 ともすると、恐怖心はマイナスのエネルギーでしかないように見えます。しかし、恐怖心が正しく機能しないと、未来への備えができず、蛮勇に走り、結局依存へと陥ることが分かります。恐怖心を意識しない人が成熟した人ではなく、恐怖心を持ちながらそれと向き合い、リスク管理という形で恐怖心を正しく機能させる人が成熟しているのではないでしょうか。(種)

<補足>恐怖心と書いたが、改めて読み返してみて臆病さという方がぴったりくるように思う。恐怖と臆病は微妙に異なるように思う。臆病な心が強いと、警戒して、備えをする。恐怖心にかられると、備えをする余裕も無くなる。

<連絡先>
種村トランスパーソナル研究所
所長兼心理カウンセラー 種村修
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…