スキップしてメイン コンテンツに移動

のりうつりの捉え方



のりうつりを受けている時は、体調が悪くなったり、自分の感覚がいつもとは違うはずです。

体調でいえば、喉がイガイガしてきたとき、のりうつりが浮き出していることがあります。頭が急に痛み出す時も、のりうつりの場合があります。もっとも取れる直前にも痛みが一時的に増すことがあります。それ以外に、身体が重くなかなか起きられないような場合にも、乗り移りを自覚しやすいと思います。

のりうつりのとき、自分という感覚がいつもと違います。透明な膜越しに自分という感覚を感じます。この時は自分がリアルに感じられなくて、何かが挟まっているようで心の反応がダイレクトに感じとれないのです。
もっとも、いつものりうつりと一緒にいるような場合、自分という感覚がよくわからないかもしれません。リアルですっきりした感覚、ダイレクトに感じとる感覚、そういう感覚で自分というものを感じとれているかどうか。それを点検するとわかるかもしれません。

のりうつりの影響を自覚したり、その懸念を感じたとき、考えるべきことは二つあります。
①くっついているものは何かを教えようとしている
②くっついているものは自分が引き寄せている

のりうつりがくっついているということは、何かを教えようとしています。何かに気づきなさいというサインです。自分が本来の自分らしさを見失っていることが、何かあるのです。自分が今そういう状態になっていると気づく必要があります。

のりうつりは、先方が意図的に攻撃してくることもありますが、その場合でも自分の思いや行動の中にのりうつりを引き寄せている要素があります。のりうつりと同じものを自分が持っているし、それを発しているから、そののりうつりがくっついているのです。のりうつりを引き寄せているのは自分だと知って、自分のどのような思いがそれを引き寄せているかを見出す必要があります。「あ、これか」と気付けたら、反省して同じ思いを持たぬように改善することができます。

この気づきは、のりうつりの思いを見抜くということでもあります。見抜けば思いは変化します。すると外れます。これは一つ成長できたことを意味します。

そういう方法とは別に、一時的に離すという方法があります。
何か別のことに集中すると外れやすいのは事実です。のりうつりと意識がずれたらはがれるのですから、筋トレに集中したり、趣味に集中するとはがれやすくなります。ただし相当集中して取り組まないと、半端なことでははがれてくれません。

イメージでのりうつりをはがすことも、一定の効果はあるようです。のりうつりの程度が軽い場合などは、シャワーを使う時に、のりうつりも一緒に洗い流すイメージを持つと、本当にはがれていくことがあるようです。

神社でお参りの際に水で手を洗ったり、口をすすぐのも、そういう意味合いがあると思います。伊勢神宮で正式な参拝をさせていただいたときは、榊と粗塩を使っておられたようでした。祓うというのは、のりうつりの除去を意図していると思われます。

ただし、自分が引き寄せている以上が、自分のどのような思いや行動がそれを引き寄せているかに気が付かないと、一時的には離れても、根本的には取れないと思います。ですので、いくつかの方法で一時的には離すことができるので、離れたときに自分を見つめて原因を探ることがよいと思います。

のりうつりを引き寄せている原因ですが、否定的な価値感や考え方、感情、そうしたものが引き寄せる原因となることはよくあるので、まずそこから調べると効果的だと思います。

種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー)
電話 090-8051-8198(午前830分~11時)

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…