スキップしてメイン コンテンツに移動

感情を調べる②・・・抵抗

 


自分の感情を調べる時に問題になるのは、感情に向き合うことへの「抵抗」が生じることです。

特に、トラウマのような深い深刻な感情であればあるほど、抵抗は強くなります。

極度の恐怖心、強い不安、真っ黒な絶望・・・、そういうネガティブな感情が湧き起きたとき、この世で生きている自分の心<自我=顕在意識>を守るために、それを感じることを無意識に拒絶することがよく起きます。そして、その感情を、潜在意識に押し込め、抑圧し、封印するのです。
 

その感情を思い出して向き合い、味わい、吐き出し、心を浄化したいのですが、やはりそれに触れるのは怖いです。それは半端な怖さではありません。
 

だから、「抵抗」が生じて、自分に向き合おうとしても、気をそらしたくなり、テレビを見たり、家事をしたり、仕事のことが気になって作業をしたり、あるいは酒を飲んで寝てしまいます。

逃げていることは分かっています。しかし、逃げていると知っても、どうしようもなく怖いので、目をそらすのです。

 
こういう時に、自分一人では向き合うのは無理だと感じます。一人ではどうしても逃げてしまい、感情を補足できません。

そういう時に、本音で心の話ができ信頼できる家族や友人がいると、その人に話し、その人から自分への意見などを聞きながら対話していると、何とか気づきを得ることができたりします。

 
そういう人がいなければ、カウンセラーが必要になります。

しかし、カウンセリングが進む中で、抑圧している感情に向き合うことが不可欠になると、まるでカウンセラーに無理やりさせられているような気持ちを持つことが起きます。

その時の心理は、自分が被害者になっており、カウンセラーが加害者そのものです。「カウンセラーに無理やりいやな記憶を思い出さされて、強制された」という被害者意識が湧いてくるのです。これは「抵抗」です。

実際には、過去に加害者だった人への感情が、カウンセラーに対して向けられているのですが、それに気づきません。これが「投影」と言われている現象です。

投影とは、実は自分が過去において加害者に抱いていた感情を、カウンセラーなど第三者に対して感じることです。これは自分の潜在意識にある感情を、カウンセラーという鏡に映しているのです。本当は投影しているにもかかわらず、現在ただいまのカウンセラーが加害者そのものであると感じられます。

この状態では、カウンセラーへの攻撃が生じるので、そのままでは決別しかありません。

それを成長に変えるには、カウンセラーは実は鏡であり、自分が過去の加害者に抱いていた感情、しかも抑圧していた感情をそこに映し出していることに気づくことです。その事実を受け入れたときに、そこから成長が始まります。
 
抵抗という現象を体験すると、やはり自分一人での探究は、どこかで壁にぶち当たることを実感します。そのために人は傾聴してくれる誰かを必要とするのですが、投影という現象を理解しておかないと、もう一歩というところで壁にぶつかることになります。
 
抵抗が最高潮に達したとき、本気で向き合いたいのか、それとも先送りしたいか、自分自身に問いかけることになります。本実の決意をださなければ、壁を越えられません。

ただし、もし先送りしても、その人にふさわしい時間の流れの中で、類似した経験を繰り返し味わいながらも、緩やかな変化を経験すると思います。

いっぽう、どんなことがあっても向き合うと決意して退かなければ、そこから急激な自己変革が起きてきます。

いずれの道を選ぶにしても、自分と向き合うことで成長するという一本の道は、だれもが歩んでいる道だと、私は思います。

 
種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)

メールカウンセリングと電話カウンセリングを行っています。お気軽にご相談ください。

℡:09080518198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…