スキップしてメイン コンテンツに移動

無気力と逃避・・・・・・向き合う方法



1.逃避

無気力と向き合うことは、逃げている自分と向き合うことに他なりません。
無気力の奥にあるのは、逃避です。
やらねばならないとわかっていることから逃げているのです。

なぜ逃げるのでしょうか。
学生が勉強から逃避して、ゲームや気晴らしに走る時はどうでしょうか。
結局、勉強ができない自分がつらくて、自分のプライドが傷つくことから逃げているのではないでしょうか。
人と較べて劣っていると感じると、学業に向き合うこともつらくなります。

しかし、逃げることによっては、何も解決しません。
逃げたという事実は、もっとも自分のプライドを傷つけます。

2.まるで追試のようなもの

逃げても、また同じ状況と向き合わねばならない時が、人生には巡ってきます。
まるで落とした学校の単位は、合格するまで追試があるようなものです。

苦手なことから逃げる。
プライドを傷つくのが怖くて向き合わずに逃げる。
自分ができない事実にさらされるが怖くて逃げる。
いずれも、経験しました。

しかし、これらを絶体絶命の状況下で、プライドも苦手意識も度がえししてとにかく取り組むしかないという状況の追い込まれ、それを数年がかりで突破した経験をしました。
突破すると、自分に自信がつきました。
自分もまんざらではないという自信です。
周りに評価してくれる人もできました。
不思議な気がしましたが、誰かの評価は自信を与えてくださいます。
それはやる気につながります。

そういうことを経験して知りました。

逃げた問題は必ず追いかけてくる。
唯一の解決策は、逃げずに向き合うことなのだ。

これが得た教訓です。

向き合って格闘すると、成長が始まります。
向き合って戦っている自分に自尊心が湧いてきます。
「一歩でも二歩でも、半歩であっても、今日も自分は前進する」と言い聞かせます。
前進し続ける時は、成長している時です。
成長は魂の喜びとなり、心のエネルギーを増やします。
要するに気力が湧くのです。

3.小さな達成感を大切に

さらに無気力に向き合うには、小さな達成感を大事にすることが必要です。
新しいこと、今までできなかったこと、今まで手が付けられなかったこと、そういうことを少しでいいので、今日はとり組もうと決めます。
そしてそれにとり組み、やりあげます。
学生であれば、英語の単語を5つ覚えるだけでもいいのです。それも小さな達成感を与えてくれます。
思い入れの強い大きな仕事ほど、あれもこれもしなければと思い過ぎるので、かえって手がつかなくて何もできなくなりがちです。
だから、まず小さな目標を立てるのです。
そして達成して小さな達成感を味わうのです。
すると気力が湧いてきます。

掃除であれば、今日は床の一部だけでも磨いてきれいにしようと思うと、それはできます。
それを毎回少しずつ積み上げてゆくと、やがて床全体がきれいに輝きます。

無気力を乗り越えるには、それから逃げずに向き合うことと、小さな達成感を毎日持てる工夫をすることが必要です。

種村トランスパーソナル研究所(所長・種村修)
ご相談の連絡はメールか電話をください。
℡ 09080518198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…