スキップしてメイン コンテンツに移動

心身を健康にする呼吸法の勧め





悩みと取り組む基本の構え
 


さまざまな方からメールや電話でのご相談をいただいておりますが、
 

悩みを抱えた方に共通していることは、呼吸が浅くなっているということです。


心身一如という言葉のとおり、心と体は密接に関係します。


心の問題を解決したいときには、「身」特に「呼吸」に注意を払うことが必要です。

これが正しく悩みに向き合うための基本の構えを創るからです。

 
お釈迦様の呼吸法の基本
 

先ずお願いしたいのは、呼吸を整えるということです。

正しい呼吸法が身につきますと、精神が安定して心が揺れなくなります。

またひらめきがよくなり、頭の回転もよくなっていきます。

全体的に血流がよくなって、健康になります。

心身の健康の維持向上のためには正しい呼吸法は非常に大切です。

 
お釈迦様の呼吸法をお教えします。

これはアナパーナサチという名前で呼ばれています。

 
吐く息を長く時間をかけて行います。

吸う息は短めにします。

息を吐くときは下腹部に力を入れて、下腹を絞るようにします。

腹筋を使って、下腹のお腹をへこますのです。

そうして息を吐き出すと、非常に大量の空気を吐き出すことができます。

またお腹も圧迫されるので、腹部の血流が心臓へ送り込まれます。

 
吸う時は、力を緩めるだけでいいのです。

筋肉の力を緩めると自然に空気を吸い込みます。

吐く息を10秒でした場合は、吸う息は4秒から5秒でできます。

吐く息を次第に長くして、15秒から30秒ぐらいまでのばしていきます。

これがお釈迦様の呼吸法の基本です。

お釈迦様の呼吸法は、長く息を吐く呼吸だと覚えて下さい。

 
吐くときに下腹の腹筋を使って下腹をへこませて息を吐きます。

これを特に丹田呼吸と言います。

丹田呼吸をすると、お腹の血流が心臓に大量に戻るので

血行が良くなります。

それにともない脳の血流もよくなるので、頭の回転が良くなります。

またひらめきがよくなってきます。

怒りやくよくよしたり悲観したりする思いが減少します。

心が穏やかに安定していくのです。

 
丹田が大切です

 
日本では肚(はら)をつくるとか、肚を練るとか、肚ができた人だとか言って、

心の成長、成熟には欠かせないものと考えられてきました。

この場合の肚とは、丹田の事です。

丹田はおへその下数センチにある、体の中心部分です。

ここに空洞があり、そこが丹田だというイメージを持ってください。

呼吸の最中は常に丹田に意識を向けます。

 
長く息を吐き、短く息を吸うと、副交感神経が働き出して

リラックスしてきます。心が穏やかになり、落ち着いてくるのです。

この状態が続くと、潜在意識との交流がしやすくなって

インスピレーションを受けやすくなります。

また雑念が消えて、悪い考えが消えていきます。

さらに呼吸が深まると、深くものごとを観察したり、考えたり

出来るようになります。

 
お釈迦様の教えに「正しく思う」という教えがありますが

正しい呼吸法を繰り返し行うと、自然にそれができるようになるのです。

 
この呼吸法を毎日、意識して行ってください。

毎朝10分、夜にも10分、意識的にされるといいと思います。

歩いていても丹田を意識しながら、吐く息を長くしてみてください。

これが習慣化すると、やがて喜びが湧いてくるようになります。

心が楽しくなり喜びが湧いてくるのです。

 
以上のことを習慣になるように行ってください。


(呼吸法についてはこちらも参考にして下さい)
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/01/blog-post_7.html

<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

コメント