スキップしてメイン コンテンツに移動

命の炎を燃やせ4 運命のいたずら


トリックスターの働き

  人生には、「運命のいたずら」で人生が一変することがあります。運命を司る神様のおぼしめしとも見えないこともありませんが、その多くは深層潜在意識からの働きかけのように思います。

この思いがけない運命の内なる導き手のことを心理学では「トリックスター」と呼びます。私たちがトリックスターの抗しがたい力によって導かれることで、運命の激変とそれに伴う人格の変容を遂げます。

私たちの自我(エゴ)は、安定を求め、多く所有することも求め、社会的に評価されることを求めます。安定、評価、所有はエゴの特徴です。

ところが、トリックスターが働き出すと、変化を求め、自分の納得を優先し、自己放棄・献身の道へといざなわれます。

奴隷としてアメリカに売られながら、アメリカで身を立てて戦前の日本の大蔵大臣になって金融危機を救った方がいましたが、そこに見事なトリックスターの働きを感じます。

誰しも運命の急激な変動や思いがけない展開を経験することがあります。その背景にはトリックスターの働きがあるようです。

 もっともトリックスターという特別の存在があるというより、そういう潜在意識の働きがあると捉えると、わかりやすいと思います。

 

 トリックスターは人生の停滞を嫌うようです。会社勤めで毎日平凡な仕事にあけくれていたり、会社で出世できないことが見え出しお荷物になって停滞してきたり、ベテランの教師が同じことの繰り返しの中で成長が止まってきたり・・・。しばしばそういう時にトリックスターが現れます
 

私も人生では思いがけない出来事の連続でしたが、特に中年以降にそうしたことが増えました。今振り返ると、これはやはりトリックスターの働きが深層潜在意識で作用し人生行路を変えてきたように感じます。この導き手は、変化をよしとして停滞を嫌うようです。離陸を求め、単なるくり返しの人生を嫌う、そうした「成長」を求める意識が働いているのが分かります。どうやらそれはますます加速しているようです。

 変化を加速することで人格が停滞せず、より成長していく方向へと向かう。それがトリックスターの狙いのように思います。

 
視点を変える
 

トリックスターの視点から見ると、どんな人生であっても、「それが自分の人生なのだから、こうだったらいいのにとか、こうしておけばよかったとか、考えても仕方がない」と思えてきます。

人生の変動のなかで、今までの自分にない考え方に触れたり、いろいろな場で働いている人の意識に触れたりします。それは新たに未来に育つ種を心に持ったということです。一つ一つの経験は種子です。そこで身に着けたものを育てたり、浄化したり、そうすることを通して成長へと向かっていくことができます。

 一見、奈落の底へ堕ちる経験が、そこから這い上がってみると、全然違う自分になっていたりします。そうした経験をする前よりも、もっと力強くタフで、もっと成長した自分がいるのです。

人生の価値を「所有」に置き、目に見える財産の蓄積だとすると、この人生は失敗だと思う人もいることでしょう。でも、すべての人が死の際に財産を地上に置いていくので、所有という視点からは、私達全員が人生の失敗者になります。

人生の価値は所有ではなく「心の富」を得ることとすると、つまり様々な経験を通して意識が向上し、成長することが成功だとすると、財産のない人でも人生の成功者はいます。そういう考え方が大事だと思うのです。

 どれほど蓄積したものを守ろうと考えても、地震で一瞬のうちに崩壊したり、海水に流されたり、放射能ですめなくなって住む家を放棄することになることもあります。大変な試練ですが、それを通して成長してゆく道はあります。

 
私が出会ったある営業会社の所長は、大都会で有名な高級料亭を持ち高級マンションに住んでいましたが、大地震で一瞬にして両方とも潰れ、借金だけが残りました。仕方なく営業の仕事に飛び込み、そこで昼飯をとれず空腹に耐えながら、歯を食いしばって頑張りました。間もなく年商1億円の売り上げをあげるトップセールスに躍り出て、所長に抜擢されました。この人は出会う人の心に火をつける名人でした。人生は心に火花を持てば、どこからでも道が開けることを教えてくれました。

どんな人生であっても、不平を言っても始まりません。あるがままに人生を受け入れて、再出発するしかありません。世の中には、大変な人生を送っている人が数多くいます。それでもみんな頑張っています。

 突然不幸が我が身に襲い掛かることもあります。でもそういう場面に出会うからこそ、必死で探してカウンセリングを求める人も出てきます。心の世界へと足を踏み入れるのです。自分を振り返り、人生を反省します。そこに成長が始まります。ある人は心の別な側面を開発しなければならないことに気がつきます。人格が豊かになります。

トリックスターの目で人生を見ると、変化が素晴らしくて停滞がつまらないのです。成長がよくて停滞が悪に見えるのです。自分が蓄え所有するものの多寡によってではなく、自分の変化成長の度合いによって人生の成功を図るのです。人から羨まれ賞賛されることではなく、その体験の質の深さと高さが鍵だと見えるのです。そういう見方をすると、自己評価が変わってくると思います。(種村)


 <連絡先>
種村トランスパーソナル研究所
所長兼心理カウンセラー 種村修
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com


 

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…