スキップしてメイン コンテンツに移動

種村トランスパーソナル研究所のめざすもの


心理療法(カウンセリング)という道




種村トランスパーソナル研究所

所長 種村 修

1.自己成長の心理療法


心理療法(カウンセリング)は、「こころ」が成長することで人生の問題を解決し、人格をより豊かにしていくことを目指しています。それは永遠の自己成長の道です。

私たちは、自我とはべつに、もっと深い根源的な「こころ」を持っています。心理学ではそれを「自我」と区別して「自己」ということがあります。自我は通常の意識(顕在意識)の中心ですが、顕在意識と潜在意識を合わせた「こころ」の中心を「自己(セルフ)」といいます。

私はトランスパーソナル心理学に軸足を置いています。トランスパーソナル心理学とは、「個人性を超えた意識」を探求する心理学です。個人性を超えた意識とは「自己」のことですが、この「自己」は一切の存在とつながっている意識です。

この自己を探求し、自己が欲する人生を生きようとするときに、私たちはワクワク感を感じ、使命を見出し、本当の生き甲斐を感じます。通常はそうした道を宗教や哲学に求める人は多いと思いますが、私は心理療法でその道を追い求めることができると思います。



2.道としての心理療法(カウンセリング)


当研究所は、自己成長への道としての心理療法(カウンセリング)を、3つの段階をおって学べるようにしています。

 第1段階は、心の傷を癒す段階です。これは「カウンセリング講座・ベーシックコース」(10コース)にあたります。人は誰しも心に傷を持っており、それを癒すことで、生き生きとした本来の自分を取り戻すことができます。「カウンセリング講座」と命名したのは、これがカウンセリングを伴っているからです。そのため授業はマンツーマンで行っています。これは他の講座も同様です。


 第2段階は、自己成長を促す段階です。これは「カウンセリング講座・ハイグレードコース」(25)です。これは言い変えると自己変革のコースです。傾聴をはじめ、芸術療法、色彩心理、ゲシュタルト療法、夢分析、発達心理学等、効果を確かめたいくつかの心理療法を応用しながら、潜在意識にある抑圧を解消していきます。その方の課題に応じたカウンセリングを毎回行いますので、傾向性の修正が進みます。本当の自分とは何か、自分の使命とは何かについても、確かな手ごたえを掴めるようになります。全コース終了した人には、当研究所の準カウンセラーの資格を発行します。


 第3段階は、他者を支援する能力の獲得です。これは「思いやりの心を培う・カウンセラー養成講座」(全25回)です。これは「思いやりの心」を養いながら、カウンセラーとしての実力を養成し、それを仕事や日常生活で生かせるようにするコースです。人間が本来持つスピリチュアルな能力も、その過程で開発されてきます。この新たに獲得した力は、思いやりの心を育みながら、自分をさらに成長させ、人間関係を改善し、人の成長を支援し育む力となるでしょう。この段階を卒業された方には、当研究所のカウンセラー資格を与えます。

 

このように、癒し、自己成長、そして他者を支援できる能力の獲得という3つの段階を通して、カウンセラーを養成します。

その間、一貫して磨いていく「徳性」があります。それが「カウンセラーの心」です。カウンセラーの心とは、「受容する心」であり「共感し理解する心」であり、「自分の本心に正直に生きる心」(自己一致)です。


これはカール・ロジャーズが提唱したカウンセラーの最も基本的な心の姿勢ですが、あらゆる心理療法の基礎にはこの姿勢があります。これは知識としては容易に学べますが、それを本当に実践し、その心を養うとなると、生涯をかけて探求する課題となります。これを身につけるには、うまずたゆまず実践する以外にありません。いったんそれが身につくと、家庭や職場の人間関係が大きく変わります。


 つまり、心理療法(カウンセリング)の道とは、一種の人間完成の道であり、自分と他者の心を育み成長させていく道です。


カウンセリングの根本には、人間の「こころ」への深い信頼があります。「こころ」は何層もの構造を持っていますが、その中核には超越潜在意識(セルフ、自己、良知、仏性など様々な呼び方がある)があります。これは偉大なる叡智を宿した心です。この人間観ゆえに、何人に対しても「愛し敬う心」を持ち続けます。そして自分の心に正直に生きながら、人を受け入れ、共感的に理解し、生かし、許す「思いやりの心」を育てていきます。これが私が目指す道としての心理療法(カウンセリング)です。



3.心と対話する指導


 私は、数百人のカウンセリング(授業を含む)を行うなかで、より効果が上がる指導方法を研究してきました。現時点では、お会いする前にその方の潜在意識との対話を行い、その結果、その方の抱える課題やその方の自己が希望する方向性を、毎回確認してから、カウンセリングに臨むようにしています。そして、実際にお話を伺う中で、その方にもっとも適切なカウンセリングができるように心がけています。


その方の潜在意識との対話では、こちらが教えられることも少なくありません。また実際のカウンセリングでも、クライアントの人生からさまざまなことを学ばせていただいています。ですから、カウンセリングはクライアントとカウンセラーが共に成長していく道であると確信しています。


 私は、道としての心理療法(カウンセリング)を共に歩んでくださる方と、数多くお会いしたいと思います。これまで共に学んでくださった方が、心の傷を癒し、心の傾向性を切り替えることに成功し、人生に希望を見出していかれるのを数多く見てきました。特に家庭が調和され、仕事に成功される人が数多くいました。心の成長に伴い運命が力強く豊かなものへと変わっていかれるのです。


 当研究所の心理療法は、潜在意識との交流により、その方の未知なる心の可能性を広げていくところに大きな特徴があります。ともにこの道を歩んでくださる方と、数多く出会えることを願っています。


<連絡先>

種村トランスパーソナル研究所

所長兼心理カウンセラー 種村修
電話090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…