スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

種村トランスパーソナル研究所のめざすもの

心理療法(カウンセリング)という道



種村トランスパーソナル研究所
所長 種村 修
1.自己成長の心理療法


心理療法(カウンセリング)は、「こころ」が成長することで人生の問題を解決し、人格をより豊かにしていくことを目指しています。それは永遠の自己成長の道です。
私たちは、自我とはべつに、もっと深い根源的な「こころ」を持っています。心理学ではそれを「自我」と区別して「自己」ということがあります。自我は通常の意識(顕在意識)の中心ですが、顕在意識と潜在意識を合わせた「こころ」の中心を「自己(セルフ)」といいます。
私はトランスパーソナル心理学に軸足を置いています。トランスパーソナル心理学とは、「個人性を超えた意識」を探求する心理学です。個人性を超えた意識とは「自己」のことですが、この「自己」は一切の存在とつながっている意識です。
この自己を探求し、自己が欲する人生を生きようとするときに、私たちはワクワク感を感じ、使命を見出し、本当の生き甲斐を感じます。通常はそうした道を宗教や哲学に求める人は多いと思いますが、私は心理療法でその道を追い求めることができると思います。



2.道としての心理療法(カウンセリング)


当研究所は、自己成長への道としての心理療法(カウンセリング)を、3つの段階をおって学べるようにしています。
 第1段階は、心の傷を癒す段階です。これは「カウンセリング講座・ベーシックコース」(全10コース)にあたります。人は誰しも心に傷を持っており、それを癒すことで、生き生きとした本来の自分を取り戻すことができます。「カウンセリング講座」と命名したのは、これがカウンセリングを伴っているからです。そのため授業はマンツーマンで行っています。これは他の講座も同様です。


 第2段階は、自己成長を促す段階です。これは「カウンセリング講座・ハイグレードコース」(全25回)です。これは言い変