スキップしてメイン コンテンツに移動

桜とイギリスパン




片道六キロの道を歩いて白髭神社にお参りしてきました。
神社の近くに桜並木があり、道の両側に満開の桜が咲き乱れていました。
日本の道百選に選ばれているという道だけあって、本当に見ごたえがありました。
この光景は白髭神社が与えてくさった恵みだと思いました。

桜の花は白に淡いピンクの慎ましい色合いです。
短い期間に一気に咲きほこり、そして潔く散ります。
桜は春を迎えた大地の喜びを全身で表現してくれています。
私は桜が大好きです。
そのとき私は日本人だなとしみじみ感じます。

桜は冬が終わりを告げる時、慎ましい色合いの花を一気に開花させ、そして潔く散っていきます。
この桜の花の姿に、私たち日本人の個性の理想を投影しているに違いありません。
色とりどりの個性を鮮やかに発揮することが日本の理想だと思います。
それは喜びであり、またそれを見た人は称賛を惜しみません。
こういう文化が日本には流れていると思います。
イチローや高梨選手を応援する日本人の気持ちには、そういうものがある気がします。
努力して自らの個性をあざやかに発揮する人を応援したいのです。
満開の桜を見て感じる喜びは、そういう喜びだと思います。
それとともに大地の喜びを感じ取っているのだと思います。

白髭神社から帰る道すがらに、パン屋さんがありました。
家族ずれが三千円近く沢山のパンを買われています。
私はイギリスパンを買いました。
自分でも何度か作ってみたことがあるので、研究したかったのです。
素晴らしいパン生地の柔らかさ、それは柔らかいというより優しいという表現がぴったりするほどでした。
しかもパンの耳が薄いのに芳ばしいカリカリ感がありました。
こんな素晴らしいイギリスパンを私も作りたいなと、心から思いました。
コックさんはいかにもパン屋さんというのにぴったりのおじさんで、こんなひとに教わる機会が欲しいなと思いました。

このパン屋のある道はいままで何度も通っているのですが、入ろうと思ったのはこの日が初めてでした。
これも白髭神社の恵みだと思いました。

自分の気持ちを白紙にして、参拝の往復の道すがら感じ取ることを大切にしながら歩いていると、色々な恵みを受けます。
恵みがあるということを知って、注意していると、それを感じ取ることができます。
それはそれは大変幸せな気持ちになります。

種村修(種村トランスパーソナル研究所・心理カウンセラー)
電話 090-8051-8198(午前830分~11時)

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…