スキップしてメイン コンテンツに移動

はぐくみの注意点



人の個性は素晴らしいものです。
それは敬意を払わざるを得ないものだと思います。

しかし、その個性が何かの事情で覆われて、現れていない場合があります。
そういう場合の一つの特徴は、自分に原因を求めず他に責任を転嫁する気持ちが強いことです。

人は話を聞いてくれる人に頼って誰かの悪口をいい、聞く側の正義感を煽ってくる場合があります。
それをそのまま鵜呑みにして同情すると、相手が感謝したとしても少しも相手の成長にならず、むしろ停滞させます。
まず慎重に見極めることが必要です。

しばしばみられるのは、自分に負い目があるのに、それを隠している人です。その人は上司などの批判をして職場の仲間の正義感を煽ることで同情を引き、聴き手を味方に引き入れようとするのですが、自分問題はしっかりごまかしています。
うっかり同調してその人の想念を吸い込んでしまうと、影響を受けて呑み込まれてあやつられます。

自分には悪い点があることをきちんと知っていて頼ってくる方には、しっかり聴いてあげて、本人に自分の問題と向き合うように支援することで、その方は成長できます。

本当に正しいことを言い、上司や会社の問題点を言ってくる人に対しては、よく聴いてあげて吐き出してもらい、場合によってはその方の代弁者になってあげることも必要です。

しかし特に注意が必要なのは、繰り返し過去に誰かに害されたと、自分の心の傷を訴えつづけ、それをずーっと言い続ける人の場合です。
初めはあまりの被害の大きさにびっくりして、同情して聴くのは仕方がないかもしれません。しかし、いくら聴いても、またいくら考え方の転換をアドバイスしても、手を変え品を変えて延々と〇〇のせいでこうなったと同じ訴えをする場合は、何かを隠している可能性が高いのです。
その方はおそらく、今の自分の問題、本音の気持ちを隠しています。その方の奥にはこのような気持ちが潜んでいる場合があります。
「自分が変わるのが怖い」
「仕事をしてもうまくいかない」
「自分を信ぜず尊いものと見ていない」
「今の不幸は過去の出来事のせいにして、今の自分の問題を認めない」
「過去のせいにして変わる気がない」

一番の問題は、今の自分を過去のせいにしていることです。そのために今の自分を見つめることを拒むことです。これが最大の問題です。
この方は、内心では自分が悪いという自覚はあります。悪いという自覚はあるのですが、それを誰にも知られたくありません。本当の悪い自分の心は誰にも話していません。
そういう人の中には、誰かに自分の苦しさを話していないと、どんどん妄想が膨らんできて、苦しくて仕方がないという人がいます。すごく害されていると妄想して話し、それが本当であるかのように感じるのですが、実はそれは妄想が膨らんでいっているのです。
こういう人は怖い夢を見たりします。夢は、その人が発したものがその人に返ってくるものです。その人自身の思いの中味が夢となって表れてきます。ですからその妄想は自分自身であると受け入れなくてはなりません。
こういう方は往々にして、相手の正義感をくすぐって相手をコントロールしようとする気持ちが潜んでいるので、聴き手は特に注意しなくてはいけません。

色んなケースを体験してみて、人の話を聴きその方をはぐくむというのは、単純な善意だけではできないことだと思い知らされます。
相手の言葉をじっと見極める目が必要です。相談してくる人の状態を見抜くこと、つまり同情するのではなく、心を見極めることが大切となります。
「なぜそうなるの?」
と繰り返し問い返し、相手に聞き、自分でも自問自答することで、少しづつ見えてくるものです。

自分の個性を伸ばすには、個性を覆っているものを見抜いて、その原因を突き止め、対決して乗り越えなくてはなりません。それは人の個性を伸ばす時も同様です。それでこそ自分の個性も、他人の個性もはぐくめるのだと思います。

心理カウンセラー・種村修(種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。下記までご連絡ください。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…