スキップしてメイン コンテンツに移動

マイナスの想念が溜まっていくとき


私は日常生活の中で、時折、マイナスの想念がどんどん膨らんで、身動きできないように感じることがあります。

どういう時にそうなるのかと振り返ると、一つの思いが膨らんでいき、身体が実際に重くて動けなくなる感じがします。体を動かすのもおっくうになり、外に出るのはもっとおっくうになります。そしてじっとしていて、テレビをつけたりネットを見たり、あるいは横になったりするのですが、頭をぐるぐる回る内容が気になって、少しも気晴らしができません。
「固まっている。」
まさにそういう感じがします。

こういう状態は、じっと考えれば考えるほど、どんどん重くなっていくことに気がつきます。じっとして考えていると、低い大地に水が溜まっていくように、マイナスの想念のエネルギーが溜まっていくようです。その想念エネルギーは重く、実際に身体が重くなった感じがします。考えれば考えるほど、ゴミもたまってきて、ぐるぐる巻きになる気がします。

この状態から抜けたときは、どういうときでしょうか。

私は戸外を散歩したり、身体を使ってする労働をした時に、身体が軽くなりだします。動くことで、ぐるぐるとたまっていく一方のエネルギーが軽減していくことを実感します。少なくとも固まらなくなります。重くて押しつぶされそうな気持から開放されます。

心身一如といいますが、本当に体と心の関係は不思議です。

体を使うことで、心が変化します。沈んで固まっていた心が、身体を動かすことで、心を抑えつけていたマイナスのエネルギーが発散できて、動けるようになるのです。

止まった水は腐ります。
流れている水は腐りません。

心も固まると腐ります。
動いて流動していると、腐りません。
これはうつ状態だった時に、実感したことです。

こういう明らかな経験を何度かすることで、わたしなりの処方箋が生まれました。

処方箋その1
ネガティブな気分になることは、考え続けるのをやめる。
どうしても考えなくてはならない時は、短時間で結論を出す。
結論を出したら、もうそれ以上は考えないで行動に移す。

もしも結論がなかなか出ないときは、それ以上考えることをやめる。

現実には、なかなかその通りに行かないことも多いのですが、この処方箋を出すことで、知らず知らずのうちに考え続けている自分に気がついて、ストップをかけることができます。
「この問題はこうすると決めた。だからもう終わったことだ。」
「この問題は、今いくら考えても結論が見えない。時間をおいて棚上げして、今は考えるのはやめよう。」
そういうふうに思うことができます。

処方箋その2
じっとするのをやめて動くことで、それまでたまったマイナスのエネルギーは発散できるのだから、まず体を動かそう。
運動したり、散歩するだけでも違う。
何か体を使う労働をすると、もっといい。

どうやら体を動かしたほうが、生き生きとした自分らしい状態になりやすいようです。そして行動すると、色々発見や気づきが生まれやすくなるので、自分が成長している感覚が強くなります。

処方箋その3
行動なくして気づき無し。
行動なくして成長なし。

私はこのような処方箋を出すことで、固まりやすい癖から徐々に脱却して、行動的になってきました。その方が生き生きと時分らしく生きているように感じています。

心理カウンセラー 種村修(種村トランスパーソナル研究所所長)
皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。ご相談されたい方は、下記へご連絡ください。
連絡先:℡ 09080518198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…