スキップしてメイン コンテンツに移動

心身の健康とエイジングケアのために⑥・・・胃の働きを改善する



昨年還暦を過ぎた私は、糖尿病対策のために50代は減量に努力をしてきました。
そのおかげで、10キロ以上減量に成功し、ほぼ標準体重になりました。
血糖値も少し高めですが、薬をつかわないですみました。

60代に入ると、体重を下げても今までのように血糖値、特にヘモグロビンa1c
(過去3か月の血糖値の平均を表わす指標)が下がらなくなり、体重が減っているのに数値が微増するようになりました。
そこで、やむを得ずさらに体重を下げる努力をしました。

ところが、標準体重からさらに体重が下がると、身体に力が入らなくなり、頼りない気持ちになりました。
疲れやすくなるだけでなく、ふらつく気がして、力が入らないのです。
人生の推進力が低下し、すごく老けた気がしていました。

そこで私は自分の健康管理の方針を、膵臓の機能を高めるような食事をして、むしろしっかり食べて体重を増やして体力をつける方向に転換しました。
2~3キロほど体重が増え始めると、自分がどっしりしてきて、気持ちも安定してきました。
不思議なことに自信が増してきました。体力が増したので、ものごとに取り組む意欲が増し、持続力や気力が増してきたようです。
痩せていた時の、何となく頼りなく、自分が弱々しくなってゆく感覚と比較すると、大きな違いです。

体重増加に取り組む前の私の食事は、極端な野菜中心の生活で、ほとんど肉を食べていませんでした。

当時の胃の状態をたとえ話でいうと、次のようだったと思います。
私が食べるものは、どんどん腸の方へ下っていきます。まるで穴があいているみたいでどんどん下へ行ってしまうので、胃の中にはほとんど固形物が残らないようです。
そこで、胃酸が出るのですが、流れていった食物の後を追うように出てくるだけで、胃の中でしっかり消化の仕事ができる状態ではありませんでした。
白米は胃にとどまらないし、葉野菜も一緒に流れていきます。ジャガイモも、すぐに流れていきます。
ごくたまに魚を食べるぐらいで、たんぱく質がほとんどありません。
豆腐は食べますが、これも胃にとどまらず流れていくものです。
食べるものが水分が多いので、どんどん流れていくので、固形物が明らかに不足しているようです。

こういう食事だったので、カロリーを抑え過ぎたために体全体が省エネ体質になり、少し仕事をすると疲れを感じるようになっていました。
それで市販の栄養剤を毎日のように飲んでごまかしていたのですが、栄養剤の成分が処理しきれなくなって、皮膚に異変が出てきたのです。さすがにこれはやばいと思い、栄養剤とそれに類するものを飲むのをやめました。
そこから、食事でしっかりと体力をつける方向へと路線転換したわけです。

そこで胃の働きを強め、胃でもしっかりと消化してもらうように食べるものを変えました。
主食は、白米をやめて、玄米にしました。実は白米は膵臓にとっても負担だったので、玄米の方が膵臓には優しいのです。しかも玄米は胃にとっては腹持ちがよくて、しっかりと噛んで食べると胃に長くとどまるので、胃の働きが強くなりました。
肉類も、鶏肉や豚肉を意識的に食べるようにしました。肉を食べる時はニンジンを一緒にとります。こうすることで腹持ちがよくなるからです。ニンジンが胃に入ると、肉も胃に長くとどまって消化されやすくなるようです。
野菜ではニンジンのほかにカボチャが胃にとどまりやすいので、これも時々食べるようにしています。その他には玉ねぎが腹持ちがよい野菜ですが、これはもともと好きな野菜です。

間食のお菓子は、以前はよく食べていたのですが、これが沢山入ると胃の働きがのろくなっていたようです。栄養剤もやはり胃の働きをのろくさせていました。それらをやめることで、胃の働きが正常化しました。さらに固形物を意識してとり、特に胃に長くとどまりやすい食物を食べることで、胃酸によっていで胃の中で消化してもらえるようにしたのです。
その結果、体重が3キロほど増えて、人生の先進力が明らかに高まってきたことを実感しています。

なお、これは私の場合の健康法なので、人によって望ましい方法は違うはずです。
ただ言えることは、ワンパターンの健康法で固まってしまい、それで結果が好ましくない場合には、方法を変える必要があるということです。それが体の健康だけなく、心の健康にも影響をしてくるので、軽視できない問題だと思います。


種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。
連絡先:℡ 09080518198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…