スキップしてメイン コンテンツに移動

心を見つめるときの注意点・・・「今」をみつめる



実はこの原稿は自戒のために書いているのですが、自分の心を見つめる際の注意点ですので、他の方にも知っていただくと役に立つと思い、綴らせていただきます。

私は、「今」から目をそらして、「過去」を調べようとする癖があることを自覚しています。

「過去に何か原因があったから、いまこういう思いや行動が出るのだろうから、過去を調べてみたい」と、そう思いがちです。
またこれは過去世の影響ではないかと考え、深層潜在意識に原因となる心の傷があるのではないかと思いがちなのです。

実は過去の目がいき、過去のことを調べ出すと、過去のエネルギーが甦ってきます。
それは迷いのエネルギーだったり、欲望だったり、自己否定や悲観だったり、多くの場合、過去に発していたネガティブなエネルギーが甦るのです。そして心が過去へと引きもどされます。
しかも、過去とのつながりを見出すと、それでわかった気になって納得して終わってしまうことが少なくありません。

しかし、一番大切な問題は、「今」、そして「未来」をどう創るかにあります。

今の思いが過去の思いに直結している時は、その過去を調べることは「今」を見つめることに直接つながります。
ところが、いつも過去に目をやる癖がついていると、過去に引き戻されるばかりで、今を変えることもできず、まして未来が創れません。行動の変容が起きません。
「過去にこういうことがあったからこういう今があるのだ」と、幾ら納得しても、それで終わってしまえば、何も変わりません。
これは過去に向かうことで、「今」や「未来」から逃げているのです。
自分が過去を調べている時、「今」から目をそらせていないかどうか、チェッする必要があります。

常に過去を見つめようとする癖は、それ自体が問題です。
自己成長に何の意味もなく、過去のエネルギーが戻ってくるだけということが少なくないからです。

「今」を見つめないと、自分の今の思いや感情に気づくことができません。
私たちは、「今」の感情や強烈な思いから目をそらさずに、向き合うことによってのみ、変化していけます。

心を見つめる時に過去を起点とする私の癖は、ある系統の仏教的な思想を学び過ぎたことでつけた、フィルターです。このフィルターを取り去って、「今」を見つめなくてはいけないと反省しています。

このことはカウンセリングでも、とても重要です。必要に応じて過去のことをお話も伺いますが、過去を話したからといって、今が変わるかといえば、必ずしもそうとは限らないのです。かえって過去の傷口が開いて辛くなるだけということも少なくありません。

誰にも言えず、ずっと一人で抱え込んでいた心の荷物をカウンセラーに話すことは、心を軽くするうえで効果があります。心の浄化にもつながることが少なくありません。
しかし、何でもかんでも過去を話しさえすれば、今がよくなるかといえば、必ずしもそうとは言えないということです。
見つめ気づく必要がある感情や思いは、まず「今」です。今何が心に湧きあがり、去来しているのか、それこそが大切です。その思いや感情に気がついて、その意味を見つめていくときに、心の変容が起きてきます。

その為に、心に正直になり、自分自身に正直になるということは、とても大切です。こんな思いが出るのは恥ずかしいからというので、無意識に気づけなくしてしまう働きが、心にはあるからです。抑圧してしまうと言ってもいいと思います。要するに、否定するのです。

でも本当に大事なことは、否定することではなく、受け入れることです。ありのままの自分を、自分のありのままの感情や思いを認めてあげて、こういう思いがあるということを、そういう思いが湧いてくる自分だということを受け入れるのです。そしてそれに向き合った時、初めて変容が起き始めるのです。

常に「今」から目をそらすな。これを自戒の言葉にしたいと思っています。


関連記事「反省のコツ」


種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
当研究所では皆様のご相談をお受けしております。カウンセリングはおもにメールと電話によって行っております。
連絡先:℡ 09080518198

コメント