スキップしてメイン コンテンツに移動

自分を変える決意2



本気で自分を変えると決めると、次は自分自身の中での抵抗に直面します。
自分が決して見たくないし、認めたくない何かに向き合わねばならないし、それを受け入れ、告白しなければならないからです。

自分がしたことや、思ったことで秘密にしていることは、深く自分を恥じ自分を責め、自己否定している気持ちが伴っているものです。
それを思い出し、受け入れ、告白することは、あたかも処刑台にのぼるような気持ちが起きてくるものです。
要するに、激しい恐怖心と戦うことを意味するのです。

しかし、これだけは認めたくないし言えないと思っていたことを、これが自分だと認めて告白し、受け入れたときに、心が変わります。憑き物がとれたようになり、軽く明るくなるのです。

勇気をもって告白し、「こういう自分をも受け入れてもらえた」という経験は、自分自身を受け入れる自己受容を促します。その時に自己否定が剥がれ落ちるのです。これが大きな成長です。

自分への信頼、自分を生かしてくださっているすべてへの信頼が、そこでは芽生えてきます。(つづく)


種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
心や人生の問題のご相談をお受けしています。
連絡先:℡090-8051-8198

メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント