スキップしてメイン コンテンツに移動

人への拒絶の感情を見つめる



私の小さな経験から、人への拒絶感情、拒否感情について考えてみたいと思います。

私はある時ある場所で、一緒に働いていた職場の若い子に対して、強い拒絶感情が湧くのを感じました。
彼は、仕事中に人に話しかけて、自分のことを色々と心の内面にわたって話す人でした。職場の人は、仕事と無関係なことで話しかけられると注意がそがれるので迷惑に感じていました。そしてともすると彼が心理的に接近しすぎることには、特に女性は気持ち悪さを感じるようでした。
上司や先輩からは「口にチャックをしなさい」と、いつも言われていて、叱られていましたが、それが度重なるうちに、めげて、失敗が増えだしました。

私は彼を見ていて、母親とのコミュニケーションに飢餓感があり、職場ではそれを穴埋めするコミュニケーションが欲しいのかもしれないと感じていました。普段はうるさく感じつつも、共感的に理解しようとしていたと思います。

それがある日、彼に対して非常に強い拒絶感情が出てくる自分にびっくりしました。彼を否定する感情が出て、排斥する気持ちを感じたのです。

しつこく出てくる拒絶感情に違和感を持ち、自宅に帰ってからじっくりと自己分析しました。
するといろいろな理由が複合的に働いていることに気が付きました。

一つは、職場の人たちの彼に対する否定の集合想念を吸い込んでしまって、それゆえに非常に強い拒絶が出た可能性が高いことです。その場の空気というやつです。これを吸い込むと、自分もその感情に染まって引きずられていきます。

二つ目は、彼の持っている仕事への不熱心さ、仕事を軽く見ていることの反発です。これは彼の仕事への姿勢のなかに、やはり問題を感じ取って、それに対して私の心が反応していると感じました。

三つめは、自分自身の状態を彼に重ねた無意識の拒絶です。私はこの日に、ある問題に心がとらわれて、雑念がなかなか去らなくて困っていました。つまり私は心の中でおしゃべりが止まない状態だったのです。そういう自分が嫌でしたが、この嫌な自分を彼に重ねて、彼を否定したのです。もちろんこれは無意識に働いた心理です。

第四には私の疲労がありました。この日は疲労がたまっていて、本来なら持てるはずのゆとりのある心の状態を保ちにくかったのです。私の個性が発揮された状態であれば相手を受容し理解しようとするのですが、この日はそれができず拒絶・否定に傾いたのです。

以上のような複数の原因を分析したのですが、ではどうすればよかったのでしょうか。私の仕事を導いてくださっている神様がいらっしゃると想定してみて、その方は何と言われるだろうかと考えてみました。

二つの視点が思い浮かびました。慈愛と自立という視点です。
慈愛の視点でいうと、やはり彼自身を拒絶するかのような極端な否定の感情は行き過ぎです。職場の集合想念に引きずられ、疲労からそれを止められなかった自分に問題があったと思います。
もう一つは、仕事の経験が浅い彼に対して、彼の自立を促すような注意の仕方ができていたのだろうかという反省です。おしゃべりで職場を乱している彼に注意しないで黙っていると、あとで周りの女性陣からクレームが来たことがあるので、それで先回りして注意をしたこともありました。その時の私の気持ちは自己保身が入っていて、彼の可能性への信頼を持ったうえで自立を促すというような思いの持ち方はできませんでした。

こう考えてみたときに、私の未熟な側面を、彼が映し出していることに気が付かされます。拒絶感は、本当はその人を否定しているのではなく、自分を否定し拒絶しているのかもしれません。

ささやかな経験を開示させていただきましたが、自分と向き合い自分を知る上で、感情に焦点を当てることは、とても重要です。自分の感情には、自分を知る手掛かりがあります。考えたことはすぐ忘れがちですが、湧き上がった感情はいつまでも覚えているものです。

感情を手掛かりに、是非ご自分と向き合ってみてください。より深く自分を知ることができるに違いありません。

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修)
心や人生の問題のご相談をお受けしています。
連絡先:℡090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…