スキップしてメイン コンテンツに移動

夢で心を見つめる③・・・焦り



ある中年の男性は、こんな夢を見ました。

彼は久しぶりに、いつも相談に乗ってもらっている知人に会いました。その時に知人から、まったく新しいことを教わり、心がざわつきました。
「そんな話は知らなかった。他の人はもう聞いているのだろう。自分は遅れているにちがいない。」
そう思ったのです。

すると夢のシーンが変わりました。今度は以前に所属していた団体の長が、まったく新しい話をしているシーンが出てきました。初めて聞く本の名前も多くあり、彼はもっと心がざわつきました。
「しまった、自分は後れを取ってしまった。他の人からずいぶん遅れてしまった。遅れを取り戻さねば。何冊も本を読み、新しい情報を学ばなくてはならない・・・。」

そう思っているところで、目が覚めました。

この夢は、現在と過去の二つにまたがったシーンが出てきました。
過去にあった思いが、過去だけに終わらず現在も共通していることを暗示しているのでしょう。

その思いとは何か。
共通する感情に意識を向けて見ると、「焦り」です。

彼は思い当たることがありました。
彼が過去にいた団体では、そこで説かれた情報をいち早く学習し、マスターすることが指導的な立場に立つための条件だったのです。情報はどんどん分野が変わるので、その都度一所懸命に勉強して、少しでも人より優位に立とうと焦っていました。
そこで学ぶ情報は、人の心や生き方に関する情報であったにもかかわらず、次から次から新しく出てくるので、実践している暇がなかったといいます。
要するにいくら学んでも、単なる知識に過ぎなかったのです。
彼はそこでは、次々に出てくる新知識を学び、実践することなく、整理して話す。それだけの作業を繰り返していたのです。
いくら学んでも、人格の成長は伴わず、心は常に焦りに支配され、人より優れたい、より認められたいという欲望ばかりが膨らんでいたと言います。

その傾向は、今も続いているということを、夢は警告していました。
実践して体験し、自分自身の得たものとするのでなければ、何を学ぼうと心を成長させることはありません。
自分が本当につかみ取ったことではないからです。

人から聞いた知識はそれを自分で実践して本当かどうか確かめ、自分の気付きとなったときに、初めて血肉(ちにく)となり、心と人格の成長をもたらします。
夢で味わった焦りの奥には、学び方に対する考え違いも潜んでいると思いました。

こういう未熟な自分の姿は、決して見たくないネガティブな自分です。否定したい自分でもあります。だから人は、抑圧してそれに気がつかないようにします。
しかし、そうすればするほど、そのエネルギーは潜在意識に溜まって、無意識のうちに自分をあやつるようになるのです。
それに気づかせるために夢に出てくるのでしょう。

夢の中のネガティブな自分は、自分の影です。
影とは自分が否定したいと思う人格のネガティブな側面のことです。
中年以降は、影との対決が人格成長の重要な課題となります。
まず向き合って、「これは自分の影だ、そして自分自身だ」と受け入れることが必要です。
その時、影は、意識の奥に隠れて無意識に操るのをやめて、意識の一部となり、成長を手助けしてくれるエネルギーに転換するようです。

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー・種村修)
ご相談を希望される方は、お気軽にご連絡ください。
<連絡方法>
℡:090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…