スキップしてメイン コンテンツに移動

疲れと無気力とのりうつり



1.疲れがたまっている時

無気力で何も生産的なことができない時、実は疲れや睡眠不足がたまっていたという場合があります。

本当につかれている場合は、数日前からの睡眠時間と労働や運動を振り返るとわかります。この無気力が、休む必要があるという身体のサインなのかどうかの判断ができます。

休めというサインであれば、ためらわずに睡眠をとったり、休養するべきです。その時は、焦らずに身体の声に耳を傾けて、自分をいたわる時です。

2.のりうつりによるもの

しかし、肉体的な疲れがそれほど激しいはずがないのに、身体が重く疲れて何もできない無気力があります。これはのりうつりを受けている徴(しるし)であることが少なくありません。

よく観察すると、自分がストレスを発散させたくて、むやみに食べ過ぎたり、気を紛らわせたくてゲームやネットに入り込んだり、タバコやお酒や薬物に頼りたくなったり、性的な快感で気をまぎらわせたくなったり、イライラして怒りを爆発させたくなったり・・・。

要するに後で後悔するに決まっている行動をとりたくなっているはずです。
これがのりうつりを受けていることの徴(しるし)です。

こういう時は、のりうつりに操られて後で後悔する行動をしないことが何より大切です。

自分にとってより害のない状態で無為にとどまるか、気分を変えるために健全な何らかの方法をとってリラックスするように工夫します。

何もしないことへの罪悪感や焦りが出ているようでしたら、その焦りや罪悪感ものりうつりの影響である可能性があることに気づいて、むしろまず身体の疲労を軽減するために、仮眠を取るほうがいいかもしれません。

こうして身体がリフレッシュできたら、のりうつりが軽度の場合は、焦りのない状態で仕事や勉強にとりかかれます。仕事や勉強は、まず手につくところからやり始めると、案外はかどるものです。

3.のりうつりへの対処法

のりうつりは、自分の顕在意識でも潜在意識でもない、第三者のエネルギーの支配です。それは自分が持っているネガティブで破壊的な、あるいは欲望のエネルギーを増幅してゆく働きをします。
身体が重かったり、頭が痛かったりという身体の感覚が、のりうつりを示唆していることが多くあります。

ですから、まずのりうつりが来ていることに気づき、この無気力がのりうつりの影響によって生じていると見抜くことが必要です。
自分ではないエネルギーに操られ誘導され、支配されようとしていることに気がつく必要があるのです。

それを自分の思いや身体の休めというサインだと勘違いしてしまうと、間違った行動をします。のりうつりの意図する方向へ、誘導されるのです。

のりうつりではないかと疑い、気づくことが、操られることへの歯止めになります。

のりうつりの存在に気づけたら、次はどうしてのりうつりが来ているか、その原因を心静かに自分に問いかける必要があります。
するといつ、どのタイミングで、どのような思いに引き寄せられてのりうつりが来たかを、感じ取ることができるでしょう。

こうして原因を見抜くことができれば、あとはそれを是正する行動や思いを出してゆけばよいのです。

身体が重く無気力で苦しんでいる時も、今までの自分よりも少しでも進歩した行動をとれるようになってみようと思って、行動に変化をつけてください。いつもの同じパターンにはまり込まないことです。

何かを変化させてみて、その結果をいつもの自分と比較してみます。そうすると、自分なりの対処法、脱却法が見いだせるはずです。


心理カウンセラー・種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
相談をご希望の方は、メールをお送りください。
メールアドレスtanemura1956@gmail.com


コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…