スキップしてメイン コンテンツに移動

心の成長へ①・・・逆境と向き合う



1.逆境と人生周期の法則

人生をひとつのプログラムソフトとみると、そこには何度かの大きな逆境が予定され組み込まれているように思います。誰しもが7年から10年に一度は、生活構造の大きな変化に見舞われます。それを潜り抜けると、あたらしい生活構造が築かれ、人生の安定期を迎えます。この人生の循環的な運動を「人生周期の法則」と呼びたいと思います。

特に青年期、中年期、老年期の入り口付近で遭遇する大転換期は、大きな脱皮の時期です。ここで今までの考え方、生活の仕方が通用しなくなることを経験します。

したがって、それまでと同じ考え方ややり方で乗り越えようとしても、何故か大きな壁にぶち当たって跳ね返されてしまいます。試行錯誤の末、新しい手法を工夫し、価値感や対人関係のあり方、モノの見方や家族の関係、仕事内容までが変化します。こうしてこの壁を乗り越えると、人生が全く別のステージに立っており、生活の構造が一変していることを発見したりします。

2.脱皮と成長

それを振り返ってみると、このプロセスを通して「古い自分」を脱ぎ捨てる「脱皮」が要求されていたと気がつくのです。今までの価値感、捉われや執着、人間関係、自分への考え方、などさまざまな面での脱皮が求められていたと知るのです。これが自分だと思っていたアイデンティティまでも、大きく変化します。

脱皮は心の成長をもたらします。臨床心理学では成長という言葉とともに成熟という言葉がよく使われます。人生周期の法則には、心を向上させ成長させ、成熟させようという、目に見えない力や目に見えない導きが作用していると思えるのです。

その力は、自分の心の内側から、潜在意識の奥底から湧いてくるもののようです。その意図を感じ取り、そのエネルギーを利用すると、脱皮が比較的スムーズに進み、より完全な転換を成し遂げることができると思います。


3.自分に向き合う

これは逆境克服のプロセスでもありますが、その過程で「自分と向き合う」ということが非常に大切だと思います。自分の弱点や、隠したい経験や記憶、抑圧してきた自分の思い、意識的に、あるいは無意識的に避けてきたこと、そうしたことと「向き合う」のです。逃げないで対決します。そして自分がより成長する方向へ、努力を集中するのです。

それはある意味で、自分自身の「影」との対決です。私たちには、誰にも「影」があります。日のあたる方向と反対側に、暗闇の部分があり、それを影といいます。そこにはそれまで否定し、抑圧してきたもう一人の自分がいます。その「との対決が、求められるのです。

それはある意味で大きな危険を伴います。自分が否定したい、見ないでおきたいもうひとりの自分自身、自分のネガティブな側面を「これも自分だ」と受け入れることを要求してくるからです。アイデンティティの崩壊や人格の安定の崩壊が伴いかもしれません。その危機を潜り抜けて、そうしたもう一人の自分を統合することで、私たちの人格は成長し、成熟していきます。



<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所ではカウンセリングを行っています。
対面のカウンセリング以外にも、電話カウンセリングやメールでのカウンセリングも受け付けています。遠慮なくご利用ください。ご連絡をお待ちしています。
電話09080518198
メールアドレスtanemura1956@gmail.com
カウンセリングルームは千葉県のJR常磐線・我孫子駅南口から徒歩10分の場所にございます。




コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…