スキップしてメイン コンテンツに移動

キレる心を治す・・・・栄養カウンセリングのアプローチ



  現在新しい流れとして分子整合精神医学と呼ばれるアプローチがあります。脳が必要とする栄養素を調整することで、精神疾患を治したり症状を和らげようというアプローチです。これには切れやすく攻撃的な精神状態の改善、うつの改善、統合失調症の改善などに、大きな効果をあげています。

特に、「切れる」子供や大人が近年急増する理由には、食生活の問題が潜んでいる場合が少なくありません。この場合には、心理のカウンセリングだけでは不十分であり、栄養面からのカウンセリングが必要になります。

 
低血糖の恐怖

 現代はカロリーのとり過ぎにより血糖値(血液中の糖分の濃度)が高くなる糖尿病が問題になっています。ところが、精神面では甘いもののとりすぎからくる低血糖が大きな問題となるのですが、これは意外に知られていません。

 砂糖が多く含まれているコーラなどの清涼飲料や、ケーキやチョコレートなどの過剰摂取によって砂糖(特に白砂糖)をとりすぎると、低血糖が発生することがあります。低血糖というのは血液中の糖分の濃度が異常に下がり、脳を始め体に必要な養分が不足して深刻な機能低下を起こす怖いものです。それが砂糖のとりすぎで起こることがあるのです。

砂糖をとりすぎると低血糖になるというのは意外ですが、真実です。そうなる体の仕組みをご紹介します。

まず、砂糖が大量にふくまれた清涼飲料や菓子類を大量に食べると、血中の糖の濃度が急速に上昇します。するとそれを抑えるために、膵臓からインシュリンが大量に分泌されます。その結果、血中の糖の濃度が大幅に下がって、低糖症になるのです。

低血糖になると、身体はもちろん特に脳の働きが低下するので、生命に危険が起きます。低血糖の症状としては、空腹感、あくび、脱力感、冷や汗やふるえ、動悸、けいれん、性格の狂暴化、意識障害などが次々に現れます。

それを回避するために体に自動調節機能が働き、今度は血液中の糖の濃度をあげようとします。

 
何故キレるのか

血中の糖の濃度をあげるために、ホルモンであるアドレナリンと神経伝達物質でもあるノルアドレナリンというホルモンが副腎から放出されます。両者は肝臓を刺激して糖分(グリコーゲン)出させる働きをします。

特にアドレナリンですが、このホルモンは「攻撃ホルモン」と呼ばれるもので、危機的な場面に遭遇した時に、戦うために心臓を活発にさせ、攻撃性を高める働きをします。このために低血糖になると、人は攻撃的になるのです。

反対にノルアドレナリンは、恐怖感、自殺念慮、強迫観念、不安感などの感情を引き起こします。ノルアドレナリンは理性を司る大脳皮質前頭野の神経伝達物質となっているので、「低血糖などによりノルアドレナリンが急上昇すると、理性的な判断ができなくなり、発作的な感情に支配されてしまう。いわゆるキレる症状」(マリア・クリニック『栄養療法の手引き』)が起きてしまいます。

結局、アドレナリン、ノルアドレナリンによる諸症状として、精神症状は、「にらんでいるような顔つきになり、暴力をふるったり、奇声をあげたりする」(ウィキペディア)ので、これが、いわゆるキレる状態です。

 
砂糖のとりすぎは危険

 コーラや甘い菓子を大量に食して、コメや野菜をあまりとらない子供は、しばしばイライラして精神が不安的になりキレやすくなります。この時に低糖症に陥っているのですが、そうすると体は甘いものを欲しくてしょうがない状態になります。

しかし、白砂糖を大量に使ったものは、すばやく体内に吸収されるために血糖値が急激に上がり、インシュリンが大量に出て、結局、血糖値が下がりすぎるという悪循環に陥ります。そうすると精神はきわめて不安的になるので、危険です。 

そこで応急処置として、やや吸収しにくい糖分を補給することが、低血糖を抑えつつ悪循環に陥らないために必要です。それがバナナです。バナナは白砂糖ほど早くはないが、多糖類であるサツマイモほど時間がかからずに吸収されるので、効果的だということです。

 栄養カウンセラーの大沢博(岩手大学名誉)教授は、ある母親からの相談を受けた体験を紹介しています。23歳になる息子が、発作的に暴れだし、「俺をどうにかしてくれ! コーラを買ってこい!」と怒鳴るので、すぐに母親がコーラを買い与えたのですが、不安がつのって大沢教授に電話してきたのです。この時、バナナを与えるようにと指示を出しました。1時間後、母親からようやく息子が落ち着いたという電話が入ったといいます。

この息子は、大学に入ってから、毎日、砂糖入り缶コーヒーを十本以上も飲んでいたようで、その食生活を聴いて母親も驚いたといいます。コーラも大好きで、どちらもカフェイン飲料であり、しかも砂糖入りです。大量に飲めば、低血糖になってもおかしくはありません。(『食事で治す心の病』第三文明社)

 子供の家庭内暴力も大人の虐待も、心が切れやすくて統御が効きません。その場合、食生活が低血糖になるような要素がないかどうか、まずチェックして、改善することが急務となります。

 心身一如という言葉がありますが、心の問題と身体の問題は密接にかかわっています。そのため、栄養に関する知識にも目を配ることが、心理カウンセリングには不可欠だと考えています。(種村)

<種村トランスパーソナル研究所>
電話090-8051-8198
メール:tanemura1956@gmail.com
 

コメント

このブログの人気の投稿

自己特別視と依存の心理

自分を特別視して肥大した自我を持つ人には、しばしば依存心が見られます。
プライドが高く自分は特別にすごい人間だと、内心思っているのに、世間で通用するような実績や成果が出ないで屈折する人がいます。 素質を持ちながらも、この人の心理の奥に依存心が潜んでいて、それがその人の努力と成長を妨げているのです。
よくあるケースとして、生育過程でその人が親や祖父母から特別扱いをされ、それゆえに自己特別視と依存の心理が育ってしまう場合です。
ある男性の家系では、3~4代前のご先祖の当主が自殺したそうです。それまで栄えていた家は、そこから暗転し、それ以降は、家系には男子が恵まれず、産まれても育たずに早死にし、女性によって細々と血筋が守られてきました。 その男性は、この家系にようやく生まれ育った待望の男児でありました。 ですから、祖父母やご両親の愛情と期待を一身に受けながら、特別な存在として大切に育てらたのです。 この男性にとっては、自分は特別な存在であるということは周囲から植えつけられた、空気のように当たり前の固定観念でした。そして非常に大事にされて育ったので、自分は特別な存在だから愛される、愛されて当然の存在だという気持ちも無意識に育っていたのです。それは依存心につながるものでした。
こうした特殊事情がなくても、普通に長男としてその家に生まれ、祖父母が特別長男をかわいがる場合、よく似た現象が見られることがあります。
長男として生まれた男児を、祖父母が特別愛情を注ぎ、何でも先回りして世話を焼き、母親も同じように手をかけて息子を育てた場合に、それが生じます。
本人は、自分は特別であるという自己特別視を持っており、自分の価値基準に反する学友を蔑視しがちです。無条件に大切にされてきたので、愛されるのが当たり前だという気持ちがあり、人の感情に対して無神経になります。その結果、積極的に自分から人に関わるコミュニケーション能力が育たず、孤独で孤立しています。
彼には親や祖父母への依存心が根っ子にあるので、無意識に誰かが何とかしてくれるという気持ちがあり、自立してゆくための気力や努力が乏しくなります。「自分は特別だから愛され大切にされて当然だ」という思い込みがあるので、感謝の薄い、傲慢な人間になりやすいのです。また努力が乏しく、人の世話になることに平気です。
こうして「自分は特別の人間だ」という思い込みが、「肥大した自我…